海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > モントリオール発、ロレンシャン高原1日観光

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月 8日

モントリオール発、ロレンシャン高原1日観光


モントリオール発、ロレンシャン高原1日観光

モントリオールでの滞在の間、1日だけ観光バスに乗った。
行き先はロレンシャン高原

モンと取れんブランの看板.jpg

米国で定番のGRAYLINEツアーに参加した。
モントリオールからの1日観光での人気スポットは、ケベック・シティーとロレンシャン高原。前者は一度訪問したことのある街だったので、今回は後者のロレンシャンへ。

ここは世界的にも有名な紅葉スポット。
残念ながら、私が訪れたのは夏。時期的には早い。それでもモン・トランブランの山や湖など見所はたくさんあり、また澄んだ空気を存分に味わいたい人には、夏でも十分楽しめる場所だ。マウンテンバイクやハイキング、冬はスキーなど、アウトドア派にはシーズンに関係なく1年を通じて楽しめるスポットである。

さて、ツアーはまずオンラインで申し込み。デイリーではないので、自分のスケジュールと照らし合わせ、モントリオール観光と調整する必要がある。

91ドルで、途中サーブル湖でのクルーズもついてくる。 所要10時間(昼食代は含まず)
また主要ホテルからの送迎サービスもあり。ハイアットホテルでの迎えをリクエストしたが、オンラインではピックアップ時間が記されない。

ホテルにチェックインしてから、コンシエージュに電話してもらい、午前7時半のピックアップであることを教えてもらった。これで準備万端。

ツアー当日、ピックアップの車で集合場所、Dorchester Squareまで行き、そこから大型バスに乗りかえる。この日は40名ほどの参加。

ガイド兼ドライバーはおじいさん。フランス語圏ということもあり、運転しながらフランス語と英語両方でのガイドをそつなくこなしているのにはびっくり。後で聞いたが、六ヶ国語喋れるそうだ。

「日本語も知っているよ。マンダイナイ!」

「え???」

「あれ、ノープロブレム って意味でしょ?」

「あ、モンダイナイか」 (発音を訂正され、おじいさんはちょっと不満だったかな)

観光客は大人ムード.jpg

観光客は子供連れがおらず、ベルギー、イタリア、イギリスなどヨーロッパから来ている人たちも。一人参加もちらほら。騒ぐ人もいないので、ほんとうに「大人の旅」気分を味わえた。

モントリオール市外を抜け、バスは一路西北へ。ロレンシャン高原の最初入り口、サン・ソヴェール・デ・モンというカワイイ街でコーヒータイム。そしてサンタガットゥ・デ・モンへ。サーブル湖のクルーズ乗り場がある。あいにく曇り、時々雨だったが、それでも穏やかな湖をゆっくりまわるクルーズ船にゆられ、深い緑の木々が連なる様子や小高い丘の景色を心行くまで堪能。

lorenshan lake.JPG

途中マクドナルドによって、最終地点、モン・トランブランに到着。ここでの自由時間が2時間ほど。ここはうってかわって子供も多い賑やかな場所。

モンととレンブランDOG.jpg

子供の好きそうな遊技場、大型犬を連れ散歩する人、またアイロンマンという、競技イベントが近づいているせいか全体的に賑やかなエリアだ。

ローレンシャンのアイロンマン.jpg

ゴンドラで山の頂上にも行ける。今回はそれには乗らず、サン・ベルナール広場と下の観光案内所を結ぶ無料リフトに乗ってみた。

一人ロープウェィモントリオール.JPG

モンとの一人ループうぇぃ.JPG

立ったまま乗るリフト。速度が出るとちょっと怖い。

モンとフリーロープ.JPG

乗り込むと自動的にドアが閉まる。

今回は夏に来てしまったが、これから秋は本場、紅葉シーズン。360度見渡す限りの紅葉に覆われた圧巻の景色を堪能するために、NYにいる間、ぜひ一度は訪れてみてはいかが?

trmontblanc.jpg

モンと とレンブラン の風景.JPG

余談だが、グレイラインツアーはなかなか快適だった。ガイド兼ドライバーのおじいさんは最後は「渋滞しているな。そうだ、ちょっと抜け道して、モントリオールの豪邸スポットを見に行こう」と寄り道をして案内してくれたり。そんなときは、チップも少しはずんであげよう。

グレイラインバスツアー(英語)

http://www.grayline.com/things-to-do/canada/montreal/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2014年9月 8日
« 前の記事「ニューヨークからモントリオールへバスの旅」へ
»次の記事「進化するロウアーマンハッタン」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    日本企業も注目のメキシコ―治安は大丈夫?
    「アメリカズ ゴット タレント」のTV収録に参加!
    アメリカン航空の見学会から ~快適さを追求した機内とJFK空港の設備~

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/16更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集