海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 未完のゴシック様式大聖堂で聴くクリスマスコンサート...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月21日

未完のゴシック様式大聖堂で聴くクリスマスコンサート♪


未完のゴシック様式大聖堂で聴くクリスマスコンサート♪

https://tokuhain.arukikata.co.jp/hajimaru mae no kyokai.jpg

あっという間に今年も12月。クリスマスショッピングもラストスパートだ。ミッドタウンは連日大賑わい。メイシーズを始めとする大型店舗は、24日ギリギリまで連日連夜、営業時間を延長し、最後までショッピング客を呼び込む作戦だ。街のクリスマスイルミネーション、数々のクリスマスイベントとあいまって、マンハッタンは、24時間不夜城のごとくきらめいている。

さて、クリスマスを前にした数々のイベントの中で、ひとつ、教会のクリスマスコンサートに行ってみることにした。12月13日土曜日の夜7時。場所は、コロンビア大学に近いセント・ジョン・ザ・ディバイン大聖堂である。Wikiにもあるように、1万人を収容できる、世界最大のゴシック様式の教会だが、19世紀の建築から始まり今にいたってまだ完成していないのである。大戦や資金難など、いくつもの受難にさいなまれたようだ。それでも圧倒されるようなその概観は、もはや完成しているのではーーと思わせるほどの美しいたたずまいだ。場所は112丁目のアムステルダム街。

チケットは$50の自由席。ウエブサイトから簡単に購入できる。始まる3時間ほど前に購入したので、開始の1時間前からの「WILL CALL(窓口でチケット引き換え)」に自分の名前の反映されているか心配だった。念のため6時前の到着をめざす。

SAINT JOHN THE.jpg

すでに、何人か、寒い中を入り口で待っている。6時とともに、大聖堂の重い扉が開き、受付で名前を告げるとすぐに、私の名前の書いたチケットを手渡してくれた。

そのまま会場となるホールへ。当たり前だが天井が高い。重くどっしりとした石柱、数々の絵画、彫刻に囲まれ、まるでヨーロッパにいるような気分だ。天井にもクリスマスの展示品(?)
恐竜のようにも見えるが。。

PHOENIX IN CHCH.jpg

始まる15分ほど前になると、前方のロープで張られた指定席の人々も集まり始め、教会内はほぼ満席だった。カーネギーホールと違い、教会でのクリスマスコンサートのためか、聴衆のほとんどは白人。ついで私のようなアジア人。イスラム系、インド系の人々は宗教の違いか見かけなかった。

hajimaru-x-mas-concert.jpg

さて開始の挨拶とともに、聴衆も参加でクリスマスの歌を歌うのは教会のミサと似ている。続くオルガンやオーケストラとともに少年少女の合唱。そしてソプラノとテノールの歌声が教会いっぱいに響き渡る。中でも少年少女の清らなかな声と、ハープ奏でる美しい音色は、聴衆に天国にも昇った気分を味わわせてくれたに違いない。忙しい日々を生きる私たちに一時の安息の気持ちがおとずれる。
yokaino harp.jpg

1時間15分程度で終わってしまったが、人々の心に染み入るような余韻を残してくれたクリスマスコンサートに感謝して、皆帰路に着く。私の隣に偶然座っていた日本人女性も「9月にNYに着たばかりなんです。このコンサート、すごくよかったですね。」と感動をひたりながら教会を後にされていた。

さて、終わってからあらためて教会を見学してみたが、内部もどこが未完なのかよくわからない。すべてにおいて完璧な大聖堂に見える。

kyokaino tapestry.jpg
ST JOHN SHIROI DOZO.jpg
KYOKAI no KAIRO.jpg
KYOKAINO AOI.jpg

ところで、上につるされた恐竜のような展示作品は、実は中国人アーチストによる「不死鳥」をイメージしたものだった。パネルの説明によると、この作品はマサチューセッツ州の美術館よりトラック11台で運ばれ、アムステルダム街を封鎖し、3日3晩かけて、組み立てられ、つるされたらしい。
XU BING.jpg

マンハッタンには日本人の建築家になるビルも多いが、ここでもアジア人の活躍を間のあたりにして時代の流れを感じる。

OWATTAATO.jpg

ふだんでもこの大聖堂の見学は可能だ。最寄の地下鉄は、赤の1ライン。110丁目駅で下車。

教会のサイトはこちらから(↓)
www.stjohndivine.org

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年12月21日
« 前の記事「感謝祭の翌日はブラックフライデー。そしてクリスマス商戦開幕!」へ
»次の記事「悪天候のときにフライトの予定があったら」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    人気のショコラティエ、マリベルが、キタノホテル内にオープン
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    1年前の同じ月に投稿された記事
    人種を超えて盛り上がったVAMPSの夜!
    グランド・セントラル駅舎を彩るホリデイライトショー

    アメリカ ツアー最安値


    2018/12/16更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集