海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 今、旬なNYお勧めレストランと言えば「エンパイアス...

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月17日

今、旬なNYお勧めレストランと言えば「エンパイアステーキハウス」~肉食女子会も悪くない!? 


今、旬なNYお勧めレストランと言えば「エンパイアステーキハウス」~肉食女子会も悪くない!? 

ニューヨークにひしめく世界各国の様々なレストラン。フレンチ、イタリアン、メキシカン、中東にエスニック、中華、そして日本のラーメン、寿司も相変わらずの人気だ。その中でもニューヨークに滞在中、やっぱり外せないのはステーキハウス。お値段は高くても、観光記念、誕生日記念、送別会などの特別イベントに、ステーキハウスでのひと時はゴージャスな思い出を作ってくれる。


ところで、ステーキハウスというと女子には敬遠されがち。アメリカ流の山盛お肉にワイワイガヤガヤといった店内。昨年仕事仲間の女子5人で行った某ステーキハウスも、テーブルどうしが近く、あたりは仕事帰りの恰幅のいいビジネスマンばかり。アルコールも入ったおしゃべりに、私たちは気を飲まれ、なんとも会話が弾まない。そして女子が食べるとは思えない量のステーキ!お皿にまるまるのっていて、盛り付けはとても高級そうには見えなかった。最後のデザートタイムにいたっては隣で私たちをチラ見(!)していた男性グループが「デザートをおごる」とまで言い出し、どうにか振り切って店外に出た。というわけで「女子会=ステーキハウス」にあまりいい思い出はなかった。


しかし、この間、仕事関係でご招待を受けたステーキハウスはまったくちがっていた。
場所はミッドタウンイースト。50丁目のレキシントン街と3番街の間、キンバリーホテルの隣の「エンパイアステーキハウス」だ。

Omise-Gaikan.jpg

今年の1月にオープンしたばかりで観光客にはまだあまり知られていないというまさに穴場のステーキハウス。
入口はバーカウンターがあり、その奥がレストラン--というより「この場所になぜこんなきらびやかな会場(ホール)が!?」というようなゴージャスなスペースだ。

EMpire-Stak--Tennnai.jpg

ハイセイリング、上質な絵画、まばゆいシャンデリア、らせん階段、半円形ボックス型のテーブルが並び、洗練された空気とノスタルジックな雰囲気の漂うこのレストランは明らかに他のステーキハウスとは違う。

Empire-Stak-2-F-kara.jpg

なんでも1920年代はイーストサイドのオペラハウスとして有名な場所だったとのこと。その後、ヴェルサイユというナイトクラブでにぎわったという、ニューヨークの歴史の名残を体感できる貴重な場所なのだ。
すでにお店の雰囲気だけで女子の心をわしづかみ(?)しかも優雅にサーブしてくれるウエイターは男性ばかり。

905a9f13761b12037a53158d5dc2869aeacac806.jpg

このエンバイアーステーキハウスは、現在2店舗目(もう1店舗は54丁目のミッドタウンウエスト)。アルべニアの移民、シナナージュ3兄弟によって運営される家族経営のレストランである。故にハイソな雰囲気の中にもどことなく暖かさが感じられる。オーナー、シェフは、ステーキハウスの老舗ピータールーガーで25年以上の経験を積んできた大ベテラン。その経験を生かして築き上げたこのレストランは、彼らの食へのこだわり、サービスへの思いを凝縮させたクオリティーの高い「ステーキハウス」と言っても過言ではない。
まずは、アルコールの種類。ワインはなんと400種類以上。スコッチが100種類以上。ブランディ/コニャック、カクテルも様々な食材を加味したオリジナルのテイストばかり。

Empire-STak-WInde-COllection.jpg

選ぶのに時間がかかりそうだったら、あらかじめメニューをチェックしておきたい。
アペタイザーは、ジャンボシュリンプやクラム、ロブスターカクテル、カナディアンベーコンなど舌鼓を打ってしまうような一品が並ぶ。ステーキがお目当てな人はここで食べすぎに注意!
メインのステーキは、高品質USDAの認可を受けたプライムビーフ。それを熟成させた骨付きの「ポーターハウス」や「トマホークリブアイステーキ」など様々な極上のステーキを提供する。ステーキはボリュームがありすぎてちょっと--という女子には、シーフードやパスタ料理のセレクションもあり。
締めのデザートも、ニューヨークチーズケーキ、ティラミス、ホットファッジサンデー、キーライムパイなどアメリカらなではのスイーツばかり。女子会だったら、いくつか注文してシェアしてみるのも悪くない。
さて、ご招待を受けた時の写真をもう少し紹介しよう。

ES-2-kai-no-BAR.jpg

2階にもあるバーカウンター。

ES-2kaino-itanoma.jpg

2階は主に貸し切りスペース。150人くらいでも十分入れそう。

Empire-STake-Uekara-Miorosy.jpg

上から見下ろした店内

Empire-Stak-SHanderia-no-shitade-bansan.jpg

センターのワインルームは、20人くらいのプライベート会食用。シャンデリアの下で数々のワイン銘柄に囲まれ食するステーキはこの上もなく贅沢な味に違いない。ここはもとは、ステージだったとのこと。
頂いたブルーベリーカクテル。ライムジュースにウォッカベースのクラブソーダ割り。最高に美味しい!
前菜はこれで決まり。メインはステーキでもシュリンプカクテルは外せない。

Empire-Stake-MAguro-torotoro.jpg

マグロのタルタルのとろけるようなおいしさ。

Empire-stake-juice-oniku.jpg

EMpire-Stake-Other-Oniku.jpg

そしてメインのエンパイア自慢のジューシーなステーキを食するときは天に昇った気分を味わえる。一口噛んだだけで柔らかい肉汁の素晴らしい感触が口の中に広がる。

Moritsuketa-Oniku.jpg

今回はご招待だったので、デザートは特別な盛り合わせ。甘すぎず、ほどよいクリーミーなテイストにほほが緩む。甘いものは別腹ーとはよく言ったものだ。

Birthday-cake-dayo.jpg

女子会ももちろん、カップルや男子会にもお勧めなエンパイアステーキハウス。次回のマンハッタンでのレストラン選びの候補に入れてほしい。

★メニューの一例★
ジャンボシュリンプカクテル $ 19.95
ツナのタルタル  $ 18.95
カナディアンベーコン $ 5.25
ベイクド クラム $ 14.95
エンペラーステーキ(2人前) $ 119.95
トマホークリブアイステーキ $ 64.95                                  
******************************************

「エンパイアーステーキハウス」50丁目店(東)
151 East 50th Street New York, NY 10022
TEL: 212-582-6900
ランチ:月‐金 11:30 AM-4:00 PM/日 11:00 AM-3:45 PM
ディナー:月‐金 4:00 PM‐11PM/土・日 4:00 PM-11:30 PM
地下鉄最寄り駅: 「51丁目」駅(6番線)、「レキシントン街/53丁目」駅(E、M線)
 
「エンパイア‐ステーキハウス」54丁目店(西)ではブレックファーストもあり
237 West 54th Street New York NY 10019
TEL: 212-586-9700 
ブレックファースト:月‐金 6:00 AM-11:00 AM/日 7:00 AM-11:00 AM
ランチ:月‐金 11:30 AM-4:00 PM
ディナー:日・月 4:00 PM‐11 PM/火‐木 4:00 PM-11:30 PM/ 金・土  4:00 PM-12:00 AM


ウエブサイト(音声あり)
http://www.empiresteakhousenyc.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年7月17日
« 前の記事「かの有名なマンハッタンヘンジは7月11日、12日」へ
»次の記事「9月のブロードウェイ・ウィークでお得なチケットをゲット!」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    セントラルパークの無料シェークスピア劇、後半演目スタート

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集