海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > デルタ航空のハブ、ミネアポリス空港見学

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月24日

デルタ航空のハブ、ミネアポリス空港見学


デルタ航空のハブ、ミネアポリス空港見学

仕事がらホテルや航空機、空港を見学する機会が多いのだが、今回はデルタ航空の招待でミネアポリス空港を見学する機会に恵まれた。せっかくなのでここブログでも紹介しておこう。

ニューヨークと東京を結ぶ航空会社は、JALとANAが1日に2本、そしてニューアーク空港からのユナイテッド航空。
これまではデルタ航空もJFKから成田間の直行便を運航していたが、残念ながら10月初旬で打ち切られてしまった。スカイチームでマイルを積算していた人にとっては残念な話である。これに代わるものとして10月29日より、ミネアポリスから羽田(今までは成田)の直行便を就航させることになった。直行ではないが、たとえばラガーディア空港からミネアポリス経由で羽田空港にも行けるわけだ。

経由地のミネアポリスを日本人にももっと知ってもらおうというデルタ航空の企画で、今回の空港見学会が実現した。
ミネアポリス空港は正式には「ミネアポリス―セントポール国際空港」と呼ばれる。市内はミネアポリスと、セントポールのいわゆる「ツインシティ―」からなっているためこの名称なのだが、一般にはミネアポリス(空港コード:MSP)と称される。

さて、ラガーディア空港から初めてミネソタ州のミネアポリスへの旅。ニューヨー久からおよそ3時間ほどのフライトだ。
この間デンバーに行くときに搭乗したユナイテッド航空もそうだが、最近の飛行機ではiPADなどのデバイスで、航空会社の提供する映画を観たり、フライト時間をチェックしたりできるようになっている。日本の映画もあり退屈しない。(wifiは有料)
DL I PAD SCHEDULE.JPG
DL MOVIE.JPG

ミネアポリスに着陸するときの外の様子。すっかり秋景色。高い建物が見えず都会のイメージがまったくない。
DL MSP AKIGESHIKI.JPG

着陸時には早速、バゲージを運ぶ運搬車がやってくる。さすがデルタのハブだけあってどこもかしこもデルタロゴマーク。
DL kassouro NIMOTU.JPG

MSP oonigiwai.JPG

機内から見た外の景色はあまり都会を感じさせなかったのに、空港内は「都会」そのものだ。

MSP Restraunt second golf.JPG

MSP zenbuno A line Monitor.JPG デルタだけでなくターミナル1へ発着する航空会社全部のフライトが表示される。

MSPはターミナル1と2があるがメインの航空会社はすべてターミナル1に発着する。空港内が一つにつながっているので、例えば出張者でアメリカン航空とデルタ航空に分かれたり、合流するときでもゲートでの見送り、待ち合わせができるので非常に便利だ。

http://ja.delta.com/content/www/en_US/traveling-with-us/airports-and-aircraft/airports/minneapolis-st-paul.html  空港見取り図

MSP wakariyasui hyouji.JPG

中はコンコースでAからGまで分かれている。ゲートの端から端(A14からF16)まで歩くと22分もかかるが、一部の区間ではトラムが走っていて楽々移動できる。

免税店をはじめとするショップやレストランもいたるところにあり、空港の中だけでも半日はつぶせそうだ。

iPADを設置したテーブルやカウンターもあり。
MSP itarugtokoro i pad.JPG

スヌーピーの発祥の地でもある。作者、チャールズ・M・シュルツ氏はミネソタ出身だったのだ。トラベラーのスヌーピー像。
MSPSNOOPY travel.JPG

もう一体は飛行士?
MSP SNOOPY HIKOUSHI.JPG

MSP Gate G4.JPG 今日の成田行きはここG4から出発

MSP nihongo hyouki.JPGびっくりしたのは、いたるところに英語と並んで日本語表記。
「お手洗い」「搭乗手続き」など。スペイン語も韓国語も中国語もなくなぜか日本語表示があり感動した。(デルタのもうひとつのハブ空港、デトロイト空港も日本語表記があるがこれは、自動車企業関連が多いからとわかる。なぜにミネアポリスも??)

GOLG LOUNGE at MSP.JPG
GOLG DOUGU.JPG
MSP GOLF LOUNGE.JPG
MSP Uchippanashi.JPG
2階にはゴルフショップとラウンジとシュミレーターの設備もあり。ゴルフ好きにはたまらない。

ラウンジ入館は10ドル、シュミレーターは30分40ドル、60分60ドル。
ゴルフラウンジ、「PGA」の詳細は(↓)
www.pgamsp.com

こちらは空港の一角。デルタ航空では、客室乗務員や地上職員だけでなく、荷物運搬員などすべての職員のユニフォームが2018年から変わる一大計画があるそうで、この日たまたま、デルタのもっとも大きいハブ空港、アトランタでファッションショーのようにお披露目会が催されていたのだ。昼休み時間とあって、いろいろな職員がかけつけ興味深々でスクリーンに釘付けになっている。ユニフォームを着たモデルが登場するたびに悲鳴が起こる。喜んでいてもがっかりしていても、皆お祭り気分で楽しんでいるようだ。

MSP DL fashonshow.JPG

さて、セキリュティーポイントで見かけるこの「TSA PRE」という表示はなに?と思う人も結構いるだろう。
あらかじめ登録しておくと、特別にこの優先レーンを通ることができ、荷物、身体検査も幾分簡素化される(たとえばふつうの靴だったら脱がなくてもいい。)登録できるのはアメリカ市民や永住権保持者で、残念ながら日本のESTAで来ている観光客、駐在のVISAでは取得できないが、たまにランダムでこの「TSA PRE」に当たることがある。
私も登録していないが、今回は往復ともに、搭乗券に「TSA PRE」と表示されていた。
デルタのマイレージ番号があり、デルタのAMEXカード(マイレージ番号に紐づけされている)を保持していて、かつ事前に搭乗券を印刷(24時間前から、コンピュータで搭乗券を印刷することができる)しておくと、当たりやすいかもしれない。

DL TSA PRE.JPG

見学が終わり、空港近くにある噂の全米一大きいショッピングモール、「モール オブ アメリカ」まで行ってみた。これはまた次にレポートしよう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2016年10月24日
« 前の記事「ニューヨーカーのお手頃リゾート、カンクン」へ
»次の記事「モール・オブ・アメリカ ~ミネアポリスの巨大ショッピングセンター」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    ブラックカルチャーを体感するならゴスペルを聴こう
    ハリケーン襲来のその後-プエルトリコ
    2018年極寒のニューヨークから
    THE JOY OF SAKE ~日本酒愛好家が集まる一夜
    ロングアイランドのワイナリーツアー初参加
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差・アメリカのサマータイム
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    NYの街角でお花屋さん?

    アメリカ ツアー最安値


    2018/9/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集