海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 日本とニューヨークの時差     

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月21日

日本とニューヨークの時差     


メール プリント もっと見る

日本とニューヨークの時差     

 ~ 昼と夜の時間が逆転!困ることといえば...

ニューヨークと日本の時差はサマータイムの場合、13時間。日付変更線が太平洋を分断するところにあり、日本の方が早くに進んでいる。例えば、ニューヨークでこれを書いている今は8月20日日曜日の夜の11時20分。日本は今8月21日月曜日の12時20分。ちょうど、皆さんはランチタイムの頃だろう。
つまり日本とニューヨークでは昼と夜がほぼ真逆なのだ。
直行便もその日の昼間に出て次の日の午後に東京に到着。2日間が移動でなくなる分、ニューヨークに戻るその1日は長くなる。

時差ボケという言葉があるが、13時間も開きがあるとかえって体のリズムを整えるにはちょうどいいという芸能人のコメントもあったりする。

しかし、日本とやり取りをする駐在員や現地スタッフは結構大変だ。少し残業をして帰るタイミングで日本からEメールがどんどん届き始める。また日本とのスカイプや電話、TV会議のため夜7時8時まで残ることにもなる。もちろん日本の企業もこちらの企業との連絡などで多少早めに会社に来たりと調整は大変そうだ。ともすれば日々の睡眠時間にも影響が出て健康によろしくない。

さて、サマータイムの終わりは、今年は11月5日。いつも日曜日の夜中の2時に時計を調整する。時計の針を1時間遅らせるわけだ。これをすると一挙に、夏の終わりを感じる。終業時間が近づくと外はもう暗闇の世界になっているからだ。サマータイムの始まりは、逆に1時間時計を早める。
昔はこれになれなくて、うっかり授業に遅刻したりしていたけれど、今はデジタル化。スマートフォンがひとりでに時間の調整をしてくれるわけで、飛行機に乗り遅れるーーという失敗はないようだ。

ハドソン川に沈む夕日.JPG
ハドソン川の向こうに沈む夕日。日本では次の日の朝を迎えている頃だ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2017年8月21日
« 前の記事「チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!」へ
»次の記事「夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた」 へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差     
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?
    夏まっさかり。ヤンキースタジアムで熱い観戦
    夏に向けてクラフトビールチェック!ブルックリン・ブルワリーへ
    今年初めにオープンしたブライアントパーク前のホールフーズに行ってみた
    フレンチカリブでプチバカンス その2
    1年前の同じ月に投稿された記事
    あれから15年。長い歳月を経て生まれ変わったワールドトレードセンター巨大ショッピングモール!
    9月のブロードウェイ・ウィークでお得なチケットをゲット!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集