海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク特派員ブログ > 夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた

アメリカ/ニューヨーク特派員ブログ 青木 多佳子

アメリカ・ニューヨーク特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月 4日

夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた


メール プリント もっと見る

夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた

3年ぶりくらいにワシントンDCへ。すでに20回も行っているDCだが、この夏、どこへも出かけなくてすっかり出不精になってしまったため、土日で出かけてみることに。往路メガバス、帰りはいつもの鉄道=アムトラックにした。

メガバスはボストン行きで1回利用したことがある。これで2回目だ。アムトラックと違って安いし、目的地までノンストップなのが嬉しい。今回はギリギリだったので、運賃は片道25ドルだが、前からの購入だと5ドルくらいからDC行切符が買える。
ちなみに帰りのアムトラック普通列車は91ドルだった。

DCと東京間にはANAが就航しているので、東京からニューヨークまでANA、中移動はメガバス(スーツケースも積める)、IAD(ワシントンダレス空港)から東京へANAで戻りーーという選択も悪くない。

メガの夜NY出発.JPG

さて、私が選んだのは夜中3時半発のバス。これに乗れば朝、7:45AM到着だから2日間まるまる有効に使える。
しかし3時半の出発のバスって危なくない!?

場所も34丁目の西側のはずれ。11番街を超えたところだ。近くには地下鉄7番のハドソンヤード駅もあるが、さすがに人も多くはないので慣れていない人は、乗り場まではタクシーで行くほうがお勧めする。乗り場は34丁目の道路沿い。(冬は寒空で待たなくてはいけないのが難点)
すでに大勢の人が並んでいるためここまでくるとホッとする。

ちなみにメガバスのNY出発点と、(帰りもメガバス利用の場合、)NY到着点は異なる。到着は7番街27丁目付近のFIT=ファッション工科大学の目前だからもう少しミッドタウン中心部よりになり便利だ。

4bannno seki mega.jpg

今回、追加7ドルで2階の1番前の座席を購入してみた。メガバスはダブルデッカー仕様で一部座席が指定となっている。1番前に4席あるが、ここは眺めもいいに違いない。ほかの指定席は1ドル~。テーブルのあるところも3ドルと少々お高いが、このくらいの指定料だったら席を確保しておきたい。

後部シートメガ.jpg

しかし、印刷したチケットには座席マークに「4」の数字だけ。これでほんとうに特等席に乗れるの?
案の定、乗り込んでみるとフロント席を勘違いしたファミリーに陣取られている。そこ「私の席なんですけど、シート4番で」
え?という顔をされたが、私の隣の購入者もやってきてやっとリザーブドシートだと気が付いてくれる。

乗り込むときに印刷した用紙を1枚だけ持っていて、係員に取られはしなかったが、席のナンバーが表示されているためリザーブドシートの証拠となる。係員に渡すこともあるかもしれないので念のため2枚用意しておこう。

最前列4席は購入者で埋まった。一人は、一番前だというのに毛布を頭からかぶって寝る体勢。何のための一番前やら。。

いよいよ出発。いや~思ったより怖い。横転したら死ぬ。と発車したとたん不吉なことばかり考える。夜中は渋滞がないので車の数も少なく安全のようにも思えるが。

メガバス風景コワイ.jpg

隣の人のいびきも気になりながら、うつらうつらしているうちに夜も空けてくる。やっぱり怖いけど、ちょっと慣れてきたかな。

DC touchaku desu.jpg

やがてDCの街へ入り、

DCnoBUS stationvdesu.jpg

到着。メガバスにお疲れ様と言いたい。(いや、ドライバーにもだけど)

メガバス本体.jpg

窓からはDC発のバス待ちの人たちが見える。

DC no BUS machi no hito.jpg

20年以上も前は、治安のよろしくなかったDCのバスディーポだけどすっかり変わって、様々なバスが発着するようになった。
時代の流れを感じる。

メガバスサイト(↓)

https://us.megabus.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2017年9月 4日
« 前の記事「日本とニューヨークの時差     」へ
おすすめ記事
    ニューヨーク特派員 新着記事
    夜中の3時半発のメガバスに乗ってみた
    日本とニューヨークの時差     
    チェルシー地区のマクドナルドがマックカフェに!
    夏に行きたい!人気のルーフトップバー、人気のカクテルは?
    夏まっさかり。ヤンキースタジアムで熱い観戦
    夏に向けてクラフトビールチェック!ブルックリン・ブルワリーへ
    今年初めにオープンしたブライアントパーク前のホールフーズに行ってみた
    フレンチカリブでプチバカンス その2
    1年前の同じ月に投稿された記事
    もう9月。週末のNYにみる秋のシーン
    今週のニューヨーク~事件から国連総会まで

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニューヨーク特派員

      ニューヨーク特派員
      青木 多佳子
      大好きなヨーロッパに住むはずが、うっかり(!)オハイオの大学院へ入学。気がつけば17年もの米国暮らし。現在はトラベルコーディネーター兼ライターとしてNYを徘徊中。根っからの旅人間で、訪問した国は45ヵ国。米国も西のシアトルから北のバーハーバー、南はキーウエストと、森林、砂漠、海辺、渓谷、ひなびた街を歩きまわる。マリンスポーツをかねてカリブ海の島々にも出没中。旅の基本スタイルは自由気ままな「おひとり様」+α(?)。ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @takakoaoki

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集