海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ

アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ 青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年7月 暑い日が続くニューヨーク

IMG_7555 のコピー 2.JPG 2021年6月26日 ニューヨーク市クイーンズ区ロングアイランドシティ Gantry Plaza State Parkからの眺め


2021年も7月になり、暑さが本番を迎えています。ニューヨークの夏は、独立記念日(7月4日)頃がピークと言いますが、本当にこの時期は暑いです。体温以上になる日が続いて、バテました。そして雨になると急に気温が下がり、前日と半分以下の気温になることも。ニューヨークの気温差の激しさは、12年住んでもなかなか慣れません。


6月末は結婚記念日だったこともあり、久しぶりに夫と外出。お気に入りの公園 Gantry Plaza State Park をそぞろ歩き、ビアバーを2軒はしご。公園はマンハッタンの摩天楼が一望できるすてきな公園で、独立記念日の花火がイーストリバー側から打ち上げられるときには、絶好のロケーションです。ただし、めちゃ混みなので、2021年は入場規制があったと思います。


高校生は卒業へ

IMG_7594.jpg 2021年6月28日 ニューヨーク市クイーンズ区の公立高校


学生はレイバーデー(9月の第一月曜日)明けまで、夏休み。高校3年生は卒業していきました。2020年はコロナ感染防止のためどの高校も卒業式ができなかったですが、2021年は無事卒業式ができたのでしょうか。


学校は夏休みですが、朝食とランチが無料で配布されるFree Summer Meals があります。夏休みでも食事のサポートをするのは、ニューヨーク市に住む11万1000人以上の子供がホームレスだから。ニューヨーク市の学校に通う子供の10人にひとりはホームレスであり、ブロンクス区では6人にひとりがホームレスだそうです。そのため、子供たちが飢えることのないよう、学校で食事を受け取ることができます。食事は学生だけでなく、親が取りに行ってもよく、ニューヨーク住民すべてが受け取り可能です。


■参照 
New Data Show Number of NYC Students who are Homeless Topped 100,000 for Fifth Consecutive Year  - Advocates for Children of New York 12.03.2020


IMG_7588.jpg 2021年6月28日 ニューヨーク市クイーンズ区住宅地 紫陽花


アメリカで旅行者が急増


コロナ禍以前と同じではありませんが、4月頃までは空いていた地下鉄は6月頃から通勤客で混むようになり、観光客がニューヨークに戻り始めました。ワクチン接種が進んだため、アメリカは急激に旅行ブーム復活しているようです。アメリカの運輸保安庁(TSA)は、2021年7月1日に1日の空港の保安検査通過人数が2019年同日の通過者数を上回ったことを発表。コロナ禍以前の旅行客数に戻ったというのですから、驚きです。ニューヨーカーは旅行へ行ってしまったようで、市内はなんとなくガランとし、目につくのは旅行客と私のような一般庶民のみ。


■参照 
アメリカ、空港利用者数が急回復しパンデミック前の数字を超えた事を発表【旅行ブーム到来】  2021年7月3日 sky-budget


IMG_7626.jpg 2021年7月4日 独立記念日はハンバーガー


2021年の独立記念日は、夫とふたりでのんびり。夫がハンバーガーを作ってくれました。大好きなマッシュルームもたっぷり入れてくれて、レストランでいただくよりもずっとおいしい。フレンチフライは エアフライヤーで、オイルを使わず温めヘルシーに。スパークリングワインを飲んでいい気分になったら、寝てしまい、気がついたら花火は終わっていたのでした。あらら(苦笑)。


2021年のニューヨークの花火の様子はこちら。
https://youtu.be/IB0z1l1Ukvs  
Macy's fireworks returns to NYC with dazzling display Eyewitness News ABC7NY


2020年の独立記念日は近所で違法打ち上げ花火をしているのを、マスクをして眺めました。マスク姿で見た夏の花火は、きっと一生忘れることはないと思います。


2020年の独立記念日の様子はこちら。
2020年ニューヨークの独立記念日 花火はエンパイアステートビルから打ち上げ


2021年7月10日
2021年6月24日 非常事態宣言を終了したニューヨーク
IMG_7525.jpg 2021年6月23日 ニューヨーク市クイーンズ区 


2021年6月23日クオモNY州知事は、2021年6月24日ニューヨーク州のCOVID-19の緊急事態宣言を解除すると発表しました。世界最大感染都市のニューヨークが、いち早く収束へ向かったのはうれしいことです。7月4日の独立記念日前に完全再開が実現しました。とは言っても、現在も公共交通機関や医療機関はマスク必須。店舗やショッピングモールは、各店の判断に委ねるとしていますが、筆者の見るところでは、皆まだマスクを着用しています。レストランは店内飲食定員100%OKで、営業時間の規制もなくなりました。地下鉄は24時間運行に戻り、野球などスポーツの試合も観客動員しています。


暑い日が続くニューヨーク

IMG_7527.jpg
2021年6月23日 ニューヨーク市クイーンズ区のスーパーマーケットの店先で売られるスイカ


ニューヨークは7月4日の独立記念日頃が暑いと言われますが、連日猛暑が続き、2021年6月28日は最高気温が摂氏33度、29日は最高気温35度、30日は最高気温36度と恐ろしい予報が出ています。気温が上がると、スーパーマーケットでスイカやビールが売れているのは、日本と同じですね。


もうすぐJuly 4th(独立記念日)

IMG_7437 のコピー.jpg
2021年6月23日 ニューヨーク市クイーンズ区ホームセンター 


緊急事態宣言が終了し、アメリカ最大の祝日が近づいていることから、ニューヨーカーは浮かれています。昨年は独立記念日の花火は、毎日マンハッタンやブルックリン、クイーンズ区と場所を変えて1週間ほど行われましたが、人が集まらないよう打ち上げ場所は秘密で、結局どこでやったのか見ることはありませんでした。独立記念日の当日は近所で違法打ち上げ花火をしているのを、マスクをして眺めたことを思い出します。


日本もワクチン接種が早く進み、収束へ向かうことを心から祈ります。


[All Photos by Sara Aoyama] 


2021年6月29日
山小屋風のかわいらしい外観のレストラン”Wasabi”


IMG_9533_3.jpg
2021年6月19日 “Wasabi” ニュージャージー リッジウッド [Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.


ワクチンやコロナの話題ばかり書いていましたので、今回は久しぶりにおいしくて感激したお店について書きたいと思います。


ニューヨーク州のお隣の州、ニュージャージー リッジウッドにあるお寿司屋さん”Wasabi(ワサビ)”。山小屋風のかわいらしい外観で、一見するとお寿司屋さんには見えないですね。


IMG_9534_3.jpg
2021年6月19日 “Wasabi”ニュージャージー リッジウッド [Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.


近くに寄ってみると、お寿司屋さんだとわかりますよ。ニューヨーク市と異なり、ニュージャージーは生活に車が必要です。店舗の周りは広い駐車場になっており、マイカーが停められるので便利。


“Wasabi”のインドア・ダイニング再開


IMG_9535_3.jpg
2021年6月19日 “Wasabi”店主 高橋氏(写真右) [Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.


“Wasabi(ワサビ)”もほかのお店と同様コロナ禍では厳しい状況にあり、テイクアウトのみで営業されていましたが、ニュージャージー州の飲食店営業規制の撤廃に伴ともない、インドアダイニング(店内飲食)を再開されました。


海外に住むと、原型から離れた「なんちゃって和食」にビックリすることが多いのですが、”Wasabi(ワサビ)”なら安心して食べることができます。


●鮨デラックス
DSCF2025_3.jpg
[Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.
鮨デラックス:サラダまたは味噌汁付きで、$22(税・チップ別 ディナー価格 2021年6月20日現在)。提供されるネタは、写真と異なる場合があります。


海外に住む日本人あるあるになりますが、日本の「寿司(鮨)」と海外の「Sushi(スシ)」は大きく違います。自分のお財布で、おいしいお寿司が食べられる店が少ないなか、”Wasabi(ワサビ)”はニュージャージー価格(ニューヨーク市より安い)でおいしい「お寿司」がいただけます。


●焼魚定食
IMG_8842_3-2.jpg
[Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.
焼魚定食:鯖の塩焼き、揚げ出し豆腐、刺身、お漬物、ご飯、味噌汁付きで、$19(税・チップ別 ディナー価格 2021年6月20日現在)。


お寿司のみならず、天ぷらやとんかつ、うどん、そば、焼魚定食などのメニューも充実。魚の匂いを嫌うアメリカ人が多いので、アパート住まいは魚を料理しづらい状況もあり、焼魚に飢えてる人も多いです。


「いつも安定しておいしい」と口コミ評価が高い店


sushi.jpg
2021年6月19日 テイクアウトした握り鮨(長い道程で、ちょっと寄ってしまいました……) (C)Sara Aoyama


ニュージャージーのリッジウッドから、約2時間離れたニューヨーク市クイーンズ区の自宅まで、お寿司をテイクアウトしました。ちょっと寄ってしまったものの、お寿司は濡れ濡れとして美味。玉子焼は「あ、日本のお寿司屋さんの玉子の味!」と叫んでしまうほど、まさしく日本の味でした。10個入りの握り寿司は、いくら、うなぎ、ほたて、うに&いか、まぐろ、海老、青紫蘇&さば、はまちなど。いずれもおいしかったですが、青魚Loverの私は、紫蘇を添えたしめさばが好きでした。いくらやうにはあふれるほどの山盛りで、気前もいいです。お寿司のネタは新鮮で、厚みもあり、食べやすいようにかくし包丁が入っていました。一つひとつがていねいに握られており、大満足。


IMG_9537_3.jpg
2021年6月19日 “Wasabi”ニュージャージー リッジウッド [Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.


ネットで”Wasabi(ワサビ)”の評判を見てみますと、4.5(2021年6月20日現在)と高評価。レビューで目立ったのが、「いつも安定しておいしい」とリピーターが多いこと。継続は力なりですね。


コロナ禍があっても、おいしい店はやっぱり生き残ります。ニュージャージーにお住いの方、行く用事がある方はぜひ。私の自宅からもっと近ければいいのに。次回は店内で、天ぷらとミニちらし寿司のランチセットを食べたいなあ。


■Wasabi ワサビ


・住所:848 E. Ridgewood Ave,Ridgewood, NJ 07450
・電話: 201-493-7575
・営業: 月~金曜日 ランチ 12:00~14:30 ディナー 17:00~21:00、土・日 12:00~21:00
・URL: http://www.wasabinj.com


2021年6月21日
2021年6月10日
2021年6月 3日
2021年5月27日
2021年5月25日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ボルチモアアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニューヨーク3特派員

    ニューヨーク3特派員
    青山 沙羅 さん
    はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集