海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ

アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ 青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年のサンクスギビングデーは自宅で、メイシーズのパレードを


2020年のサンクスギビングデーは、当家は主人とふたりでのんびりゆっくり。テレビでメイシーズ(デパート)のパレードを見ました。今年は寂しいものになるのではと思っていましたが、個人的には2020年のパレードは感動するものが多かったです。ニューヨークシティバレエのバレリーナによるくるみ割り人形 やパティ・ラベルのクリスマスソング 、デジタルを利用したコーラスツリー など、いずれも満足のいくものでした。また、癌を公表したNBCのアンカーのアルおじさん(AL Roker)を久しぶりに見られたのもうれしくて。思えば、マット・ロウアー(Matt Lauer)のセクハラ事件から、NBCを見るのは、サンクスギビングとツリーの点灯式くらいになってしまいました。


年末に向けて、マンハッタン・ヘラルドスクエアのメイシーズにかかる"Believe"の文字は、「今年もいろいろあったけどまだ頑張ろう」と感じさせる大好きな言葉です。特に2020年は、"Believe"の文字をまだ実際に自分の目で見ていないのだと思うと、涙が出そうになりました。コロナ禍以前は、毎日マンハッタン・ヘラルドスクエアのメイシーズ近辺に通っていたからです。


サンクスギビング連休は、米国内空港利用者がコロナ禍(3月中旬)以降最高記録に


travel bag.jpg


2020年のサンクスギビングは感染拡大を防ぐため、最低限小規模の集まりで、旅行を控えることが推奨されました。


ただしアメリカ人は自粛の我慢の限度が切れたのか、運輸保安庁によると、過去1週間は毎日80万~100万人がアメリカ国内の空港を利用、利用者数は3月中旬以降で最高を記録したといわれます。
国立アレルギー感染症研究所の所長であるアンソニー・ファウチ博士は、この先数週間で新規感染が急増すると警告しています。


■参照記事
Fauci: US may see 'surge upon surge' of virus in weeks ahead ー November 29, 2020 GMT AP News
https://apnews.com/article/travel-anthony-fauci-thanksgiving-coronavirus-pandemic-infectious-diseases-ae1e116aa6e236692d99b6c9ecc773eb


サンクスギビングのごちそうはターキー(七面鳥)だけど


IMG_6204.jpg


サンクスギビング・ディナーといえば、ターキー(七面鳥)ですが、当家はふたり家族ですし、ふたりともターキーは苦手。アメリカ人にはおなじみのターキーですが、日本人は苦手とする人が多いです。パサパサして、旨味にかける気がするんですよね。ターキー・ディナーには過去に数回お呼ばれしたことがありますが、正直おいしさを理解できてないのです(呼んでくださった方すみません)。


なので、当家はターキーではなく、違うものをいただきました。


クオモNY州知事から来たメール


サンクスギビング当日、クオモNY州知事からメール(メーリングリスト)がきていました。一部を意訳で抜粋します。

前代未聞の危機状況に向かい合い、ひとつの共同体となって立ち向かった、一人ひとりそしてすべてのニューヨーカーに私は感謝しています。それは、政府だけではなし得なかった、あなたたち一人ひとりが行ったことでした。


今日は、いままでと同じサンクスギビングではありません。これまでのように、最も愛する人たちと一緒に祝うことが困難になったからです。


2020年11月26日サンクスギビングデー当日にクオモNY州知事から届いたメール(メーリングリスト)より抜粋 意訳:青山沙羅


I am thankful for each and every New Yorker who stepped up as one community to meet this unprecedented crisis. It was never only about what government did -- it was about what each of you did.
Today is not a normal Thanksgiving. It is hard that we cannot celebrate as we usually do with all the ones we love most.


Governor Andrew M. Cuomo


All Photos by Sara Aoyama


2020年11月30日
11月の第4木曜日はサンクスギビングデー メイシーズのパレードは?
IMG_5999.jpg


来週11月の第4木曜日は、いよいよサンクスギビングデー(感謝祭)の連休。例年行われるメイシーズのパレードは行われますが、2020年は一般見学はできず、テレビで見るだけとなります。私は過去にマンハッタンで行われるパレードを見に行ったことがありますが、あまりにもすごい人だったので、それ以降はテレビ派となりました。またサンクスギビングデーの頃は、気温が低いことが多く、家でヌクヌク見るのが一番ということもあります。2020年はあらゆるイベントがバーチャルで見ることになり寂しいですが、地道な我慢が早く私たちの健康を取り戻す道なのだと思います。


■参照記事
メイシーズ パレードについて 2020年11月20日
https://twitter.com/Macys/status/1329942014922694657


感染者増加により、2020年11月19日から公立学校はオンラインクラスへ切り替え

IMG_6001.jpg


コロナの感染者数増加(2020年11月18日現在 約3%)により、ニューヨーク市は2020年11月19日(木)から公立学校を再閉鎖、授業はオンラインへ。当初は11月16日(月)から閉鎖予定でしたが、後ろ倒しとなりました。感染率が下がらない限り、最低2週間はすべての授業をオンラインクラスへ切り替えとしています。


■参照記事
COVID-19 Information & Updates-NYC Department of Education
https://www.schools.nyc.gov/school-life/health-and-wellness/coronavirus-update


2020年のサンクスギビングデーはこじんまり、旅行は控えることを推奨

mask IMG_6198.jpg
ニューヨーク市クイーンズ区 クリーニング屋の店頭に並べられたマスク


例年のサンクスギビングは、離れた場所にいた家族や友人を誘って大人数で集まり、ターキー(七面鳥)をはじめとするご馳走で食卓を囲みます。ただし2020年についてクオモNY州知事は、最低限小規模の集まり、帰省を含む旅行を控えることを推奨。年末に向かい、サンクスギビング、ハヌカ(ユダヤ教のお祝い)、クリスマスとイベントが続き、例年と同様にしようとすると感染率は爆発的に上昇するだろうと予想しています。すでに、10月末のハロウィンの私的な集まりで、感染率は現在約3%まで増加。もし、あなたに大事にしたい人がいるのなら、2020年は遠ざけることが愛情や思いやりだとしています。


■参照記事
Governor Cuomo Urges New Yorkers to Avoid Thanksgiving Gatherings and Travel- 2020年11月19日 NYS GOV
https://www.governor.ny.gov/news/audio-rush-transcript-governor-cuomo-urges-new-yorkers-avoid-thanksgiving-gatherings-and-travel


サンクスギビングデー後、ニューヨーク市はオレンジゾーンへ移行予定


ニューヨーク市内で感染が拡大していることから、サンクスギビング後の12月上旬に、ニューヨーク市が州の定めるクラスターのオレンジゾーンに入る見込みであることを発表。オレンジゾーンでは、レストランの店内飲食、学校の対面授業、スポーツジム、理髪店、ネイルサロンなどの営業は禁止されます。

オレンジゾーン(警戒地域)における規制措置
- 多人数での集会:屋外・屋内かかわらず最大10人まで
- ビジネス:リスクが高く、必要不可欠でない業種(ジムなど)は閉鎖
- 飲食店:屋外営業(4名/テーブルまでの利用)と持ち帰りのみ可能
- 学校:対面授業の禁止・遠隔授業のみ実施
- 礼拝所の利用:最大収容人数の33%以内の利用または最大25人までの利用


季節が冬へ向かい、気温が下がるのと反比例に、コロナ感染者数が増加しています。それでも2020年ニューヨーク市の11月は例年になく暖かく、摂氏20度を超えることもあるのに。ニューヨーカーは、ほぼ100%がマスク着用を守っていますので、また3月や4月の悪夢が戻ってこないことを祈りたいです。


All Photos by Sara Aoyama


2020年11月21日
ニューヨーク市の感染率1%→3%へ増加
感染率.jpg

COVID Alert NY(新型コロナウイルス接触確認アプリ)による 2020年11月8日の感染者数


2020年新型コロナウイルス感染が、世界最多だったニューヨーク州。州知事や市長の呼びかけで、ニューヨーカーが自宅待機やマスク着用を守った結果、2020年8月には感染率は約1%まで下がりました。通学が再開(オンラインクラスとの混合)し、経済再開としてレストランの店外および店内(25%以下)飲食、ショッピングモールやスポーツジムが再開しました。


ところが、秋から冬へ向かう11月に感染率は日に日に増加し、2020年11月11日現在2.95%(COVID Alert NY 新型コロナウイルス接触確認アプリによる)と、約3%まで増加しています。


公立学校は2020年11月16日(月)から再び閉鎖予定


デブラシオNY市長によると、公立学校は2020年11月16日(月)から再び閉鎖予定で、再開された一部の対面授業は、すべてオンライン授業へ切り替わる予定(2020年11月14日現在未決定)。

感染率が下がったら、学校は再開予定。ただし、青森県と同じ緯度にあるニューヨークの冬は寒く氷点下になるので、感染率が下がるには厳しい時期です。これから、サンクスギビングデー・クリスマスとホリデーシーズンで休みが多くなることもあり、最悪の場合春までオンライン授業が続くことも予想されます。


■参照記事
Transcript: Mayor de Blasio Appears Live on the Brian Lehrer Show November 13, 2020
https://www1.nyc.gov/office-of-the-mayor/news/779-20/transcript-mayor-de-blasio-appears-live-the-brian-lehrer-show


2020年11月13日から、レストラン・バー・スポーツジムは午後10時で閉店


ニューヨーク州の感染増加により、レストラン・バー・スポーツジムは、2020年11月13日(金)から午後10時で閉店へ。午後10時から午前5時までは、閉鎖するよう決定が下されました。


■参照記事
Governor Cuomo Announces Restaurants, Bars & Other SLA-licensed Entities Must Close In-person Service From 10 PM to 5 AM Daily NOVEMBER 11, 2020 - NY State Gov
https://www.governor.ny.gov/news/governor-cuomo-announces-restaurants-bars-other-sla-licensed-entities-must-close-person-service


コロナの検査を受ける人が急増中


IMG_6088 のコピー 2.jpg
2020年11月 City MDでコロナの検査を受けようと列を作るニューヨーカー photo by Sara Aoyama


感染率が高くなっている現在、City MD(予約不要の検査機関)には長い列が。需要に追いつかずスタッフに負荷がかかっているため、2020年11月16日(月曜日)から、90分間早くクローズすることが決定。


ニューヨーク州にワクチンを配布しないと宣言した現米大統領


DSC_1527_3.jpg
2020年11月4日 開票当日のマンハッタン トランプタワー近く 暴動や混乱を懸念して通行止になっていた
[Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.


米大統領選挙はバイデン氏が勝利し、2021年から新政権になります。一般庶民の願いは、人種や男女の差別なく、政党に分かれて敵対せず、憎まず、喧嘩腰にならず、相手を尊重する移民の国アメリカ。


米製薬大手ファイザーPFE.Nは11月9日、独バイオ医薬ベンチャーのビオンテックBNTX.Oと共同開発する新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験(治験)で感染を防ぐ有効率が90%を超えたと発表。ワクチン供給の見通しについてファイザーは年内に5000万回分、来年には最大13億回分を生産見込み。安全性のデータがそろう11月第3週以降、FDA(アメリカ食品医薬品局)に対し、緊急使用の許可を申請予定。


大統領選挙後沈黙を守っていた現米大統領は会見し、ワクチンを全国民に提供するとしつつも「(東部)ニューヨーク州には供給しない」と意向を示しました。


この公平性を欠いたショッキングな発言は、ニューヨーク州クオモ知事が「ワクチンが政治利用されており、早急に認可したため、安全性に疑念がある。ニューヨーク州は独自に専門家と安全性を検証したい」と語ったことに対するもの。ただしクオモ知事は、「アメリカ人は、ワクチンの製造企業を信頼してないわけではない。現大統領のワクチン承認への政治干渉(政治利用を急ぎ、安全性を十分確認していないのではないか)を心配しているのだ。アメリカ人は、現大統領よりも製薬会社を信頼している」と語っています。


■参照記事
米ファイザーのコロナワクチン「9割超に効果」、近く緊急使用申請- 2020年11月9日 ロイター
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-vaccines-pfizer-idJPKBN27P1TH
ファイザー 新型コロナ ワクチン「90%超の予防効果」と発表 - 2020年11月10日 NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201109/k10012703511000.html
トランプ氏、全国民にコロナワクチン「4月にも」- 2020年11月14日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66236320U0A111C2000000/
Governor Cuomo Announces Clinical Advisory Task Force and Vaccine Distribution and Implementation Task Force in Anticipation of Potential Federal Authorization of COVID-19 Vaccine This Fall - SEPTEMBER 24, 2020 NYS Gov
https://www.governor.ny.gov/news/governor-cuomo-announces-clinical-advisory-task-force-and-vaccine-distribution-and
Cuomo On Vaccine Criticism: Americans ‘Trust The Drug Company More Than They Trust’ Trump | Deadline/MSNBC

https://youtu.be/8on55drXJUM

IMG_6122.jpg
ニューヨーク市クイーンズ区の住宅街 photo by Sara Aoyama


ニューヨーク市は1週間ほど、20度を超える暖かい日が続いていました。舞い散る落ち葉が美しく、まさに”Autumn in New York”の装い。


こんなに美しい晩秋なのに、憂うことがたくさんあるのはなぜなのかと思います。心も、秋晴れを望みたいものですね。


2020年11月15日
2020年11月 8日
2020年11月 5日
2020年11月 2日
2020年10月29日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニューヨーク3特派員

    ニューヨーク3特派員
    青山 沙羅 さん
    はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集