海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク3特派員ブログ > はじめまして/ニューヨークで有名人に会えるかも?ニ...

アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ 青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月 4日

はじめまして/ニューヨークで有名人に会えるかも?ニューヨーク・ファッション・ウィーク


はじめまして/ニューヨークで有名人に会えるかも?ニューヨーク・ファッション・ウィーク

1.jpg

カナダ出身のトップモデルCoco Rocha @ cocorocha

はじめまして。「地球の歩き方ニューヨークWeb特派員」に加わりました、青山沙羅と申します。これからニューヨーク情報をお届けしていきますので、どうぞよろしくお願いします! 今回は、毎年2月と9月に行われるニューヨーク・ファッション・ウィーク(ニューヨークをメインに活躍するファッションデザイナーのコレクション)について。ブランドものにはあまり詳しくない? 大丈夫、一般人にもこんな楽しみ方がありますよ。

2.jpg

のん @non_kamo_ne

3.jpg
アナ・ウィンター(アメリカ『VOGUE』編集長)https://www.vogue.com/tag/celebrity/anna-wintour

■有名人に会えるかも?


ニューヨーク・ファッション・ウィークのショー会場に入れるのは、業界関係者やプレス、フォトグラファーに限られます。つまり、私たちが会場内に入ることはできません(大金を払えば、話は別)。でも、会場外なら誰でもウロウロできますよ(笑)。有名人がゲストとして来ていることも多いので、遭遇するチャンスも。2020年秋冬コレクションでは、ケイティ・ホームズやアレック・ボールドウィンなどの俳優やアーティスト、リアンドラ・メディーンなどの有名ブロガーのほか、映画『プラダの悪魔』のモデルになった、アメリカ『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターも来場。
日本からは、2013年NHK朝ドラ『あまちゃん』主演女優・のんさんが「ロンシャン(Longchamp)」(フランスのバッグブランド)に、木村拓哉さんの次女Koki(コウキ)さんが「コーチ(Coach)」(ニューヨーク発ファッションブランド)のゲストで来場していました。見に行く場合は、スケジュールを事前に、公式Webサイト(https://cfda.comhttps://nyfw.com/ )で確認しておいたほうがよいでしょう。現在は、Spring Studio(6 St Johns Lane, NY 10013 New York)がメイン会場として使用されていますが、ブランドによって開催場所が異なります。

4(訂正).jpg

アメリカ『VOGUE』のフォトグラファー Phil Oh(写真左)
https://www.vogue.com/fashion/street-style

■あなたが有名ファッション誌に載る可能性が?


ニューヨーク・ファッション・ウィークの会場内はパツパツに混んでおり、来場者のiPhone(携帯電話)画面の隙間からしかショーは見られません(苦笑)。長く待たされた挙句、ショーは15〜20分ほどであっけなく終わります。実際におもしろいのは会場外のストリートで、有名人やモデルを待つフォトグラファーと写真を撮ってもらいたいファッションマニア、遠巻きに眺める野次馬でごった返します。『VOGUE』や『WWD』などの各有名ファッション誌や「ゲッティ(Getty)」のストリートスナップ専門フォトグラファーがモデルや有名人の写真を撮ろうと待ち構えているので、あなたもメディアに載る可能性があります。たとえそれが偶然に写った、写真の隅っこであったとしても(笑)。

5.jpg

現在人気ナンバーワンモデル カイア・ガーバー(元スーパーモデル シンディ・クロフォードの娘)
@kaiagerber

6.jpg
人気モデル Maartje Verhoef @maartjeverhoef

■ファッションモデルはやっぱりきれい


ストリートスナップ専門フォトグラファーの最大のお目当ては、やっぱりファッションモデルを撮影すること。長身で細く、きれい。彼女たちはショーをかけ持ちし、次の現場に急いでいるので、目の前をあっという間に通り過ぎてしまいます。一番の見どころは彼女たちの私服で、スタイリスト顔負けのおしゃれなコーディネートをしたモデルもいますよ。現在のトップモデルはカイア・ガーバー(元スーパーモデル シンディ・クロフォードの娘)やジジ・ハディッド、ケンダル・ジェンナーなどですが、会場外に出る際は、警護のSPがぴったりついており、ほとんどの場合が裏口から出てしまうので、見かけたらラッキー。人垣ができていたら、有名人がいるのですが、将棋倒しになる危険性もあるので、無理して近づかないようにしましょう。

7.jpg

あなたを(?)待ち構えるフォトグラファーたち
[All photos by Hideyuki Tatebayashi]  Do not use images without permission.

■サーカスのようなお祭り気分が味わえます!


ニューヨーク・ファッション・ウィークの醍醐味は、サーカス見物のような高揚した気分が味わえること。期間中はさまざまなブランドのショーが次々と行われ、町中に世界中のモデルがあふれ、思い切りおしゃれをした男女が行き交います。1週間ほどの間、ニューヨークは華やぎ、そして次の「サーカス」が行われるロンドやミラノ、パリへと場を移していきます。次回のニューヨーク・ファッション・ウィークは2020年9月11〜16日開催予定。あなたも、この美しい「サーカス」を見に来ませんか。ひと味違ったニューヨークの顔を見ることができますよ。会場外で眺める分には無料です。詳細は、公式Webサイトをご覧くださいね。
《公式Webサイト》
■ニューヨーク・ファッション・ウィーク(CFDA)スケジュール
・URL: https://cfda.com/fashion-calendar/important-dates/upcoming
■ニューヨーク・ファッション・ウィーク(NYFW)
・URL: https://nyfw.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ イベント・行事・お祭り
2020年3月 4日
« 前の記事「Bryant Parkにも夏がやってきた!」へ
»次の記事「今やマスクが一箱150ドル?【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】」 へ
ニューヨーク3特派員 新着記事
2020年ニューヨークの独立記念日 花火はエンパイアステートビルから打ち上げ
ニューヨーカーは不可能を成し遂げた。2020年6月22日(月)第2段階再開決定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYCは2020年6月22日(月)第2段階を再開へ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
2020年テニスの全米オープンは無観客で開催決定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
COVID-19 世界の感染者数は800万人、死亡者数は43万人を超した【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYデモの参加者数はピーク時の半分へ。警察の改革【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYはこんなにも美しい。観光名所がブルーとゴールドでライトアップ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYC地下鉄乗車の新しい常識【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニューヨーク3特派員

    ニューヨーク3特派員
    青山 沙羅 さん
    はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集