海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク3特派員ブログ > 世界を唖然とさせた衝撃の発言【ニューヨークの新型コ...

アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ 青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月26日

世界を唖然とさせた衝撃の発言【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】


世界を唖然とさせた衝撃の発言【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

衝撃の発言で、世界を唖然とさせた米大統領


https://www.youtube.com/watch?v=a6f0DkdQ5Ns
Trump's COVID-19 disinfectant ideas horrify health experts/Reuters


2020年4月23日(木)のホワイトハウスの記者会見(上記動画)において、世界を唖然とさせる発言をしたのは、世界一の感染国であるアメリカの大統領。


「新型コロナウイルスの治療法として、消毒液の注射などを試してみるのはどうか」との衝撃発言。常に原稿棒読みで、記者と喧嘩腰の大統領会見は、見るに値しないとずっと見ていなかったのですが、いくら何でもそこまで知性がないとは。その発言に、医師や専門家、消毒液のメーカーは震え上がり、「絶対真似をしてはいけない」と呼びかけたそうです。


知識のなさもさることながら、他者に対しての責任感もなく、意見を口にするのは恐ろしいもの。まずはご自分で試して効果があってから、記者会見で意見してはいかがでしょうか。


■参照記事
米大統領の「消毒液注射」発言に医師ら警告、「真似してはダメ」 ロイター 2020年4月24日
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-trump-disinfectant-idJPKCN22629X




もう会見なんかやりたくない


DSC_4986_3.jpg

[Photos by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.


リーダーシップもなく、人間性も感じられない記者会見は、正直見るべきものなし。消毒液の注射発言で批判が集中すると、翌日の記者会見では「質問は受けつけない」。挙句の果てに、「記者会見はもうやりたくない」との意向。アメリカ人は、この非常時にもっともふさわしくないこの人を、国のリーダーに選択したのですよね。彼を選んだアメリカ人は、彼の言動に対してどう感じているのか知りたいところです。ニューヨークは、アンチ派が圧倒的です。


■参照記事
コロナ定例会見「価値ない」 トランプ氏が中止を示唆-AFP
https://www.afpbb.com/articles/-/3280394



全米で93万9249名、アメリカは世界一の感染者数。


NY時間2020年4月26日午前 3:31:19 時点の、感染症研究のエキスパート米ジョンズ・ホプキンス大学Johns Hopkins Universityの公式ウェブサイト によると、世界の感染者数は289万9830名。アメリカの新型コロナウイルス感染者数は93万9249名で、世界最多の感染国。アメリカはダントツの1位で、2位のスペインの4.1倍以上の感染者数。5位のドイツは感染者数は増えていますが、致死率は目立って低く、回復率が抜きん出ています。どういった治療をしているのか、他国も学ぶ必要がありそうです。以下6位英国、7位トルコ、8位イラン、9位中国、10位ロシア。


日本の感染者数は現在1万3231名、死亡者数は360名、回復者数は1656名となっています。


【新型コロナウイルス感染国ワースト5】2020年4月26日


世界の感染者数 2,899,830名


1.アメリカ 939,249名(死亡53,934名)(回復105,818名)
2.スペイン 223,759名(死亡22,902名)(回復95,708名)
3.イタリア 195,351名(死亡26,384名)(回復63,120名)
4.フランス 161,644名(死亡22,648名)(回復45,372名)
5.ドイツ  156,513名(死亡5,877名)(回復109,800名)

    
日本 13,231名 (死亡 360名) (回復1656名)


■参照記事
Johns Hopkins University. NY時間2020年4月26日午前 3:31:19 時点のデータによる
https://coronavirus.jhu.edu/map.html



2020年4月25日現在 ニューヨーク州感染者数28万2143名

2020年4月25日付在ニューヨーク日本国総領事館の「総領事館からのお知らせ」メールによると、現在のニューヨーク州の感染者数は28万2143名。死亡者数は1万6599名。ニューヨークは世界の感染の震源地となり、アメリカは感染国ワーストワン(恐怖)。


ニューヨークシティで、感染者数が多い順番は、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、マンハッタン、スタテンアイランド。いずれも人口密集地であることから、感染者数が連日増加しています。私の住むクイーンズ区は、人種のるつぼニューヨークシティの中でも、特に多様な人種が集まるエリアで、感染率はNYCの中で約31%とトップ。しかもエルムハースト病院(Elmhurst Hospital ,Queens,NYC)の医療現場の惨さが世界中に伝わっています。いわば、世界一の感染拡大地域で、私はまだ生き延びています(泣)。マンハッタン区の感染者数が少ないのは、お金持ちはすでに、セカンドハウスを持つほかの州や、他国へ移動済みだからです。( )内は前日の数。


クイーンズ区: 46,387名(44,904名)
ブルックリン区:40,648名(39,354名)
ブロンクス区: 32,701名(31,659名)
マンハッタン区:19,854名(19,348名)
スタテン島区: 10,883名(10,590名)


詳細につきましては、在ニューヨーク日本国総領事館の新型コロナウイルス関連情報で確認することができます。
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/2020-refs.html



4月25日現在、当館管轄内における新型コロナウイルスの感染者数及び死者数は以下のとおりです。( )内は前日の数


○ニューヨーク州:感染者数  282,143名(271,590名),死者数 16,599名(16,162名)
・感染者数内訳(主なエリア)
ニューヨーク市:感染者数  155,113名(150,473名),死者数 11,419名(11,157名)
NY市の内訳
クイーンズ区: 47,861名(46,387名)
ブルックリン区:41,660名(40,648名)
ブロンクス区: 34,183名(32,701名)
マンハッタン区:20,280名(19,854名)
スタテン島区: 11,129名(10,883名)


ナッソー郡:  33,798名( 32,765名),死者数  1,917名(1,867名)
サフォーク郡: 31,368名( 30,606名),死者数  1,085名(1,035名)
ウエストチェスター郡: 27,231名( 26,633名),死者数  1,022名(  989名)
ロックランド郡:  11,091名( 10,091名),死者数    340名(  334名)


○ニュージャージー州:感染者数 105,523名(102,196名),死者数 5,863名(5,617名)
○ペンシルベニア州:感染者数   40,049名( 38,652名),死者数 1,537名(1,492名)
○デラウェア州:感染者数      3,576名(  3,442名),死者数   112名(  100名)
○ウエストバージニア州:感染者数  1,020名(  1,010名),死者数    32名(   32名)
○コネチカット州フェアフィールド郡:感染者数 10,373名(10,227名),死者数  689名( 662名)
○プエルトリコ:感染者数      1,416名(  1,416名),死者数    69名(   69名)
○バージン諸島:感染者数         55名(     54名),死者数     3名(    3名)


■ 在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 治安・渡航安全情報 美容・健康・病院
2020年4月26日
« 前の記事「新型コロナウイルスの生存期間って?【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】」へ
»次の記事「メイドインNYから経済再開が始まる【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】」 へ
ニューヨーク3特派員 新着記事
2020年ニューヨークの独立記念日 花火はエンパイアステートビルから打ち上げ
ニューヨーカーは不可能を成し遂げた。2020年6月22日(月)第2段階再開決定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYCは2020年6月22日(月)第2段階を再開へ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
2020年テニスの全米オープンは無観客で開催決定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
COVID-19 世界の感染者数は800万人、死亡者数は43万人を超した【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYデモの参加者数はピーク時の半分へ。警察の改革【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYはこんなにも美しい。観光名所がブルーとゴールドでライトアップ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYC地下鉄乗車の新しい常識【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニューヨーク3特派員

    ニューヨーク3特派員
    青山 沙羅 さん
    はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集