海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク3特派員ブログ > ついにNYCは2020年6月8日(月)再開予定【ニ...

アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ 青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月 7日

ついにNYCは2020年6月8日(月)再開予定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】


ついにNYCは2020年6月8日(月)再開予定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

ニューヨーク市は明日2020年6月8日再開


ニューヨークでは昨日もデモがありましたが、明日2020年6月8日(月)再開予定。2020年3月1日ニューヨーク州内で初の感染者が確認されてから、6月8日で100日目。思えば、ずいぶん遠くへ来たものです。


同じ場所で、同じ家族と過ごしているのに、生活も人生も一変しました。


3月1日に初感染者、3月7日に州知事がニューヨーク州緊急事態宣言、3月12日に市長がニューヨーク市が非常事態宣言、3月13日に米大統領が国家非常事態宣言、そしてニューヨーク市は3月16日に学校および飲食店を閉鎖、3月20日にはニューヨーク州で3月22日夜8時以降外出禁止令が発令されました。毎日転がるように状況が悪化していき、SF映画を見ているような気持ちでした。


私が住む近所の、多くの重症患者が運び込まれたエルムハースト病院近くは、人々が感染を恐れていなくなり、9割以上の店が閉まり、町がゴーストタウンになりました。


近所のランドロマット(コインランドリー)で洗濯しているときにロックダウンの話を聞き、ランドロマットのスタッフが「ここも閉まるかもしれない」とつぶやいた10日後にランドロマットは閉鎖しました。そのとき、プエルトリコ出身の男性から、「プエルトリコでは、警察と銀行と病院とスーパー以外は全部閉鎖したんだ。全部だよ」と聞いたことが、ニューヨーク市でも現実になりました。


近所のチャイニーズスーパーは、正面入口を閉め、裏の入口には100人以上の人が列を作り、レジの中国人店員はNASAの宇宙服のような防護服で働いていました。


買い物に行くのは10日に1度程度になり、たまに外出すると、ほとんどの小売店が閉まっていました。スーパーマーケットは長い列ができており、カートを引きながら、開いている店を探して右往左往している人がストリートに数人いました。


マンハッタンのビジネス街は音もなく静まり返り、車もなく、マスクをしたジョガーがひたひたと走り去ったことが印象的でした。


毎日がSF映画のようで、これが私たちのニューヨークなのだろうかと何度も自問しました。本当に先の見えない、恐ろしい道程でした。再開は慎重に行われますが、新しい日常が始まります。ただし、2020年3月以前の日常とは異なるものになるでしょう。


DSC_2856_3.jpg


[Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.




全米で192万61名、アメリカは世界一の感染者数。


NY時間2020年6月7日午前 3:33:25 時点の、感染症研究のエキスパート米ジョンズ・ホプキンス大学Johns Hopkins Universityの公式ウェブサイト によると、世界の感染者数は690万11名。アメリカの新型コロナウイルス感染者数は192万61名で、世界最多の感染国。アメリカはダントツの1位で、2位のブラジルの約2.8倍の感染者数。3位ロシア、4位英国、5位インド、6位スペイン、7位イタリア、8位ペルー、9位フランス、10位ドイツ。アメリカ、ブラジル、ロシアがワースト3を占めています。ロシアは死亡数が少なく回復数が多いのに対し、英国は死亡数が多く回復数が少ない、逆のデータが出ています。また、インド、ペルーの感染者数が増えています。


【新型コロナウイルス感染国ワースト5】2020年6月7日


世界の感染者数 6,900,011名(死亡399,854名)(回復3,088,432名)


1.アメリカ 1,920,061名(死亡109,802名)(回復500,849名)
2.ブラジル 672,846名(死亡35,930名)(回復277,149名)
3.ロシア 458,102名(死亡5,717名)(回復220,935名)
4.英国 286,294名(死亡40,548名)(回復1,230名)
5.インド 247,040名(死亡6,946名)(回復119,293名)

    
■参照データ
Johns Hopkins University. NY時間2020年6月7日午前 3:33:25 時点のデータによる
https://coronavirus.jhu.edu/map.html



2020年6月6日現在 ニューヨーク州感染者数37万7316名


2020年6月6日付在ニューヨーク日本国総領事館の「総領事館からのお知らせ」メールによると、現在のニューヨーク州の感染者数は37万7316名。死亡者数は2万4212名。ニューヨークは世界の感染の震源地となり、アメリカは感染国ワーストワン(恐怖)。


ニューヨークシティで、感染者数が多い順番は、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、マンハッタン、スタテンアイランド。いずれも人口密集地であることから、感染者数が連日増加しています。私の住むクイーンズ区は、人種のるつぼニューヨークシティの中でも、特に多様な人種が集まるエリア。6万2000人を超え、感染率はNYCの中で約30%とトップ。しかもエルムハースト病院(Elmhurst Hospital ,Queens,NYC)の医療現場の惨さが世界中に伝わっています。いわば、世界一の感染拡大地域で、私はまだ生き延びています(泣)。マンハッタン区の感染者数が少ないのは、お金持ちはすでに、セカンドハウスを持つほかの州や、他国へ移動済みだからです。( )内は前日の数。


クイーンズ区:62,850名( 62,692名)
ブルックリン区:56,966名(56,770名)
ブロンクス区:45,882名(45,778名)
マンハッタン区:27,122名(27,037名)
スタテン島区:13,691名(13,663名)


詳細につきましては、在ニューヨーク日本国総領事館の新型コロナウイルス関連情報で確認することができます。
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/2020-refs.html



6月6日現在、当館管轄内における新型コロナウイルスの感染者数及び死者数は以下のとおりです。( )内は前日の数


○ニューヨーク州:感染者数 377,316名(376,208名),死者数 24,212名(24,175名)
感染者数内訳(主なエリア) 


ニューヨーク市:感染者数 206,511名(205,940名),死者数 15,383名(15,371名)
NY市の内訳
クイーンズ区:62,850名(62,692名)
ブルックリン区:56,966名(56,770名)
ブロンクス区:45,882名(45,778名)
マンハッタン区:27,122名(27,037名)
スタテン島区:13,691名(13,663名)


ナッソー郡:40,853名(40,797名),死者数 2,635名(2,631名)
サフォーク郡:40,278名(40,239名),死者数 1,970名(1,965名)
ウエストチェスター郡:33,924名(33,854名),死者数 1,523名(1,519名)
ロックランド郡:13,315名(13,297名),死者数 465名(465名)


○ニュージャージー州:感染者数    163,893名(163,336名),死者数 12,106名(12,049名)
○ペンシルベニア州:感染者数      75,086名( 74,385名),死者数  5,931名( 5,886名)
○デラウェア州:感染者数         9,845名(  9,773名),死者数    390名(   388名)
○ウエストバージニア州:感染者数     2,131名(  2,119名),死者数     84名(    84名)
○コネチカット州フェアフィールド郡:感染者数  16,020名(15,914名),死者数  1,309名(1,304名)
○プエルトリコ:感染者数         4,915名(  4,620名),死者数     142名(   141名)


■ 在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 治安・渡航安全情報
2020年6月 7日
« 前の記事「NYブロンクスに住んでいたとき、日本人の私が感じた人種差別【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】」へ
»次の記事「アメリカの警察が改善方向へ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】」 へ
ニューヨーク3特派員 新着記事
2020年ニューヨークの独立記念日 花火はエンパイアステートビルから打ち上げ
ニューヨーカーは不可能を成し遂げた。2020年6月22日(月)第2段階再開決定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYCは2020年6月22日(月)第2段階を再開へ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
2020年テニスの全米オープンは無観客で開催決定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
COVID-19 世界の感染者数は800万人、死亡者数は43万人を超した【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYデモの参加者数はピーク時の半分へ。警察の改革【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYはこんなにも美しい。観光名所がブルーとゴールドでライトアップ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYC地下鉄乗車の新しい常識【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニューヨーク3特派員

    ニューヨーク3特派員
    青山 沙羅 さん
    はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集