海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ニューヨーク3特派員ブログ > 全米が驚愕 聖書を掲げて記念撮影する人物【ニューヨ...

アメリカ/ニューヨーク3特派員ブログ 青山 沙羅 さん

アメリカ・ニューヨーク3特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月 2日

全米が驚愕 聖書を掲げて記念撮影する人物【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】


全米が驚愕 聖書を掲げて記念撮影する人物【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

NYCは夜間外出禁止令が発令


全米各都市で、人種差別反対の抗議デモが暴動化してきており、ニューヨーク市では2020年6月1日午後11時から午前5時までの外出禁止令が発令されました。さらに、暴力と略奪を防ぐために、NY市警の配置人数が倍増されました。外出禁止令は、ニューヨーク市の近隣州、ペンシルバニア州、ニュージャージー州、デラウェア州などでも発令されています。


ニューヨーク州をはじめ、ペンシルバニア州、ニュージャージー州では、アメリカの人種差別は誤りであり、解決されていないことを認めており、ウイルス感染拡大しないようソーシャル・ディスタンスを守ることを前提に、平穏な抗議活動をすることを認めています。ただし、抗議活動を利用して、破壊や強盗を行うことを警戒しています。


■参照記事
Governor Cuomo and Mayor de Blasio Announce Citywide Curfew in New York City Will Take Effect Beginning at 11 PM Tonight- NYS GOV  2020年6月1日
https://www.governor.ny.gov/news/governor-cuomo-and-mayor-de-blasio-announce-citywide-curfew-new-york-city-will-take-effect


人種差別の抗議活動を利用するのは


昨日の記事 にも書いたとおり、人種差別反対を訴えるグループのデモは、暴力的ではありません。警官が人種差別反対に賛意を見せれば、心が寄り添うものです。ただし、この抗議活動を利用して、破壊や強盗を行う犯罪者が紛れ込んでいます。彼らは暴動を煽り、抗議グループとは違った目的を持っているのです。


クオモNY州知事は、下記のように語っています。


私は、人種差別反対の抗議グループが、犯罪を行っているとは思っていない。
抗議活動を利用して、彼らの目的に悪用しようと企むものが紛れ込んでいる。
抗議グループに紛れ込んで、混乱の種を蒔き、無法地帯にしようと企んでいる。そこには盗みをしたい犯罪者も紛れ込んでいる。デモの機会に紛れ込んで、盗みを働いている。デモの機会を利用して、混乱を拡大させようとしている。私は各地元の責任者から同様のことを聞いている。(意訳 青山沙羅)


Now, I don't even believe it's the protesters. I believe there are people who are using this moment and using the protest for their own purpose. There are people who want to sow the seeds of anarchy, who want to disrupt. By the way, there are people who want to steal. And here's a moment that you can use this moment to steal. You can use this moment to spread chaos. I hear the same thing from all the local officials.


Governor Cuomo Proposes National Ban on Chokeholds by Law Enforcement Amid Ongoing Protests Responding to Killing of George Floyd- NYS GOV  2020年6月1日
https://www.governor.ny.gov/news/governor-cuomo-proposes-national-ban-chokeholds-law-enforcement-amid-ongoing-protests


■関連記事
アメリカの警官が見せた、人種差別反対グループに寄り添う心【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
https://tokuhain.arukikata.co.jp/newyork3/2020/06/post_65.html


平和的な抗議グループが催涙ガスで追い払われた


IMG_7627_3.jpg


[Photo by Hideyuki Tatebayashi] Do not use images without permission.


早朝のTVニュースには、あっけにとられる場面が映っていました。米大統領は「すべての州知事と市長は、暴動を治めるために州兵を配備せよ。市や州が行わないのであれば、私が武装した米軍を投入して、終わらせる」と発言。ホワイトハウス近辺で、平和的に人種差別反対を訴えていたグループに、警官がいきなり催涙ガスを撒き散らして、追い払いました。グループを追い払ったあと、米大統領はホワイトハウスを横切った場所にある教会(St John's Church)へ行き、聖書を片手に持ち、教会の前で「写真撮影のために」ポーズを取りました。発言とこのポーズは、何の関係があるのでしょうか。


同教会の司教(bishop)は、「私は憤慨しています。米大統領が言うことなすことすべてが、暴力を煽ります。彼は事前許可もなく、教会で祈りを捧げることもなく、教会や聖書を小道具として利用しています。彼の発言と教会は何の関係もありません。私たちは道徳的な指導者を必要としており、彼がなすことすべてが、国民を分裂させています」と怒りを隠せません。


ニューヨークでも、この行動に対して非難が集まっています。


■参照記事
Episcopal bishop on President Trump: 'Everything he has said and done is to inflame violence- Washington Post 2020年6月1日
https://www.washingtonpost.com/religion/bishop-budde-trump-church/2020/06/01/20ca70f8-a466-11ea-b619-3f9133bbb482_story.html




全米で181万1277名、アメリカは世界一の感染者数。


NY時間2020年6月2日午前 4:33:07 時点の、感染症研究のエキスパート米ジョンズ・ホプキンス大学Johns Hopkins Universityの公式ウェブサイト によると、世界の感染者数は628万4065名。アメリカの新型コロナウイルス感染者数は181万1277名で、世界最多の感染国。アメリカはダントツの1位で、2位のブラジルの約3.4倍の感染者数。3位ロシア、4位英国、5位スペイン、6位イタリア、7位インド、8位フランス、9位ドイツ、10位ペルー。アメリカ、ブラジル、ロシアがワースト3を占めています。ロシアは死亡数が少なく回復数が多いのに対し、英国は死亡数が多く回復数が少ない、逆のデータが出ています。また、インド、ペルーの感染者数が増えています。


【新型コロナウイルス感染国ワースト5】2020年6月2日


世界の感染者数 6,284,065名(死亡375,902名)(回復2,705,202名)


1.アメリカ 1,811,277名(死亡105,147名)(回復458,231名)
2.ブラジル 526,447名(死亡29,937名)(回復211,080名)
3.ロシア 423,186名(死亡5,031名)(回復186,602名)
4.英国 277,736名(死亡39,127名)(回復1,221名)
5.スペイン 239,638名(死亡27,127名)(回復150,376名)

    
■参照記事
Johns Hopkins University. NY時間2020年6月2日午前 4:33:07 時点のデータによる
https://coronavirus.jhu.edu/map.html



2020年6月1日現在 ニューヨーク州感染者数37万1711名

2020年5月31日付在ニューヨーク日本国総領事館の「総領事館からのお知らせ」メールによると、現在のニューヨーク州の感染者数は37万1711名。死亡者数は2万3959名。ニューヨークは世界の感染の震源地となり、アメリカは感染国ワーストワン(恐怖)。


ニューヨークシティで、感染者数が多い順番は、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、マンハッタン、スタテンアイランド。いずれも人口密集地であることから、感染者数が連日増加しています。私の住むクイーンズ区は、人種のるつぼニューヨークシティの中でも、特に多様な人種が集まるエリア。6万2000人を超え、感染率はNYCの中で約30%とトップ。しかもエルムハースト病院(Elmhurst Hospital ,Queens,NYC)の医療現場の惨さが世界中に伝わっています。いわば、世界一の感染拡大地域で、私はまだ生き延びています(泣)。マンハッタン区の感染者数が少ないのは、お金持ちはすでに、セカンドハウスを持つほかの州や、他国へ移動済みだからです。( )内は前日の数。


クイーンズ区:62,094名(61,975名)
ブルックリン区:56,053名(55,900名)
ブロンクス区:45,359名(45,253名)
マンハッタン区:26,721名(26,653名)
スタテン島区:13,537名(13,522名)


詳細につきましては、在ニューヨーク日本国総領事館の新型コロナウイルス関連情報で確認することができます。
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/2020-refs.html



6月1日現在、当館管轄内における新型コロナウイルスの感染者数及び死者数は以下のとおりです。( )内は前日の数


○ニューヨーク州:感染者数 371,711名(370,770名),死者数 23,959名(23,905名)


・感染者数内訳(主なエリア) 
ニューヨーク市:感染者数 203,764名(203,303名),死者数 15,283名(15,256名)
NY市の内訳


クイーンズ区:62,094名(61,975名)
ブルックリン区:56,053名(55,900名)
ブロンクス区:45,359名(45,253名)
マンハッタン区:26,721名(26,653名)
スタテン島区:13,537名(13,522名)


ナッソー郡:40,479名( 40,396名),死者数  2,619名( 2,615名)
サフォーク郡:39,705名( 39,643名),死者数  1,954名( 1,949名)
ウエストチェスター郡:33,552名( 33,481名),死者数  1,501名( 1,499名)
ロックランド郡:13,185名( 13,151名),死者数    458名(   458名)


○ニュージャージー州:感染者数 160,918名(160,445名),死者数 11,721名(11,698名)
○ペンシルベニア州:感染者数 72,282名(71,926名),死者数 5,567名(5,555名)
○デラウェア州:感染者数 9,605名(9,498名),死者数 368名(366名)
○ウエストバージニア州:感染者数 2,017名(2,010名),死者数 75名(75名)
○コネチカット州フェアフィールド郡:感染者数 15,709名( 15,549名),死者数 1,288名(1,277名)
○プエルトリコ:感染者数 3,873名(3,776名),死者数 136名(136名)


■ 在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue, 18th Floor, New York, NY 10171
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 治安・渡航安全情報
2020年6月 2日
« 前の記事「アメリカの警官が見せた、人種差別反対グループに寄り添う心【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】」へ
»次の記事「NYCでは2020年6月7日(日)まで夜間外出禁止令【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】」 へ
ニューヨーク3特派員 新着記事
ニューヨーカーは不可能を成し遂げた。2020年6月22日(月)第2段階再開決定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYCは2020年6月22日(月)第2段階を再開へ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
2020年テニスの全米オープンは無観客で開催決定【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
COVID-19 世界の感染者数は800万人、死亡者数は43万人を超した【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYデモの参加者数はピーク時の半分へ。警察の改革【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYはこんなにも美しい。観光名所がブルーとゴールドでライトアップ【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
NYC地下鉄乗車の新しい常識【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】
全米で最悪と言われたNYCの空港が生まれ変わる【ニューヨークの新型コロナウイルス事情】

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ニューヨーク3特派員

    ニューヨーク3特派員
    青山 沙羅 さん
    はじめて訪れた瞬間から、NYにひと目惚れ。恋い焦がれた末、幾年月を経て、2009年ついに上陸。 旅の重要ポイントは、その土地の安くておいしいものを食すこと。 特技は、早寝早起き早メシ。人生のモットーは、「やられたら、やり返せ」。 プロ・フォトグラファーの夫とNYふたり暮らし。寄稿媒体は旅行系やファッション、恋愛、結婚相談所、ペットなど。共同著書『いちばん美しい季節に行きたい 日本の絶景365日(PIE International、2020年3月)』発売中。 DISQUS ID @disqus_vpjPapDSKD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集