海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ニコシア特派員ブログ > No.18 キプロスでトルコ風呂!現存する貴重なハ...

キプロス/ニコシア特派員ブログ イェラリ彩夏

キプロス・ニコシア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月30日

No.18 キプロスでトルコ風呂!現存する貴重なハマムでリラックス。


メール プリント もっと見る

No.18 キプロスでトルコ風呂!現存する貴重なハマムでリラックス。

D3ABEBF5-165D-4BA0-AB40-7531ED12635C.JPG


今回は、ニコシアの北側地域にあるトルコ風呂(ハマム)をご紹介します♪


北側地域の旧市街地にあるハマムは、パスポートチェックポイントから、歩いて5分ほど。

Buyuk Hamam(ビュユック・ハマム)といいます。


63A4DA27-5DE8-48F2-863D-06C1D5F876D7.JPG

■Buyuk Hamam(ビュユック・ハマム)の簡単な歴史

Buyuk Hamam(ビュユック・ハマム)は、14世紀、ニコシアが
オスマン帝国の占領下となったときに、教会(Latins,St George)の建物を改築して造られました。
今でも入り口の装飾部分に教会の名残りがみられます。
当時は、水風呂も用意され、標準的な設備を備えたハマムで、もっとも人気なハマムのひとつだったそうです。


その後、長くメンテナンス不十分で、低温殺菌システムが機能していないなどの
問題がありましたが、国連からの援助で現在の衛生基準を満たし、
リノベーションもされ、観光客も訪れる場所として整備されました。

現在では、キプロスで実際に使用されている数少ない貴重なハマムです。


■ハマムの利用方法


こちらのハマムは、お風呂部分と、ラウンジで構成されています。

正面の階段を降りて中に入ると、受付があります。
ここでメニューを選び支払いを済ませると、お風呂グッズが渡されます。

お風呂だけの利用は10ユーロ。
マッサージ付きのコースは種類が豊富で、だいたい30ユーロほどから。

渡されるお風呂グッズは、

EB3541DD-16D6-434C-A7E8-7DB3DC2F2D96.JPG

・タオル
・サロン
・ロッカーの鍵

それと、使い捨ての小さなシャンプーと石鹸が入ったポーチ。
この3点は持ち帰りOKです。ポーチは記念にもなりそう。



受付の先に脱衣所があるので、まずは脱衣から。

脱衣所は、壁で仕切られ個室になっています。
カーテンを閉めて使用します。


8D32030E-B869-4CED-8BFA-478A9C040A49.JPG

服を脱いで、レンタルのサロンを体に巻きます。
このとき、サロンの下に水着を着てもいいです。
観光客は水着着用、現地の方は水着を着用していない方もいるように見えました。



着替えが終わったら、持ち物をロッカーに入れます。

7CA6CCB9-5DDB-4C70-8A80-4D1543B9A499.JPG


ロッカーは鍵付きなので安心です。


更衣室やロッカーのある部屋は、休憩ができるラウンジで、
お風呂で火照った体を休めたり、みんなでおしゃべりができるような空間です。


BB4C9B5F-643B-47CC-A838-22858E113CE7.JPG





奥に進むと、個室のシャワールームがあり、その先がお風呂部分です。



BA51E771-43E4-431F-8E5F-A884C0E99DCA.JPG


お風呂部分には、大広間のような空間が広がり、その周りに個室があります。
大広間の真ん中には大きな台、そして隅に、蛇口と壺のようなものがあります。
水を張ったり流したりして、室内にスチームを満たすと室内の温度が上がります。

ECD40624-AA67-48DE-8D11-8823DF1F9FFC.JPG

お風呂だけ楽しむ場合は、大広間の台に座ったり、寝転んだりします。
岩盤浴のようになっているので、じょじょに体が温まり、じんわりと汗が出てきます。

個室では自分好みのスチームで楽しんだり、蛇口から水を汲んで、
掛け湯式に体を洗ったりもできます。


伝統的な垢すりや泡マッサージ付きのコースは30ユーロほどだったと思います。


他にも、「ロミロミマッサージのコースもあるよ!」と受付で案内され、
まさかのハワイアンなコースに戸惑いつつ...
観光客向けにも楽しみやすいメニューも準備されているみたいです。


お風呂だけでも十分にスッキリしましたが、
せっかくなら、オプションを付けるのもいいかもしれませんね。
泡マッサージがとても気持ち良さそうでしたよ。



ニコシアの旧市街地で、旅の疲れがとれちゃう伝統的なハマム体験はいかがでしょうか♪




Büyük Hamam

・アクセス
İrfan Bey Sk 9, Lefkoşa

・営業時間

月 定休日
火 9:00-15:00 男性のみ、15:30-21:00観光客向け/混浴
水 9:00-15:00 女性のみ、15:30-21:00観光客向け/混浴
木 9:00-15:00 男性のみ、15:30-21:00観光客向け/混浴
金 9:00-21:00 観光客向け/混浴
土 9:00-16:00 女性のみ、16:30-21:00観光客向け/混浴
日 9:00-16:00 男性のみ、16:30-21:00観光客向け/混浴

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 美容・健康・病院 見所・観光・定番スポット
2017年9月30日
« 前の記事「No.17 おみやげにも♪ナチュラルコスメのKORRES」へ
»次の記事「No.19 身体に優しい!キプロス素材の手作りソープのお店」 へ
おすすめ記事
    ニコシア特派員 新着記事
    No.21 お土産屋で!定番のキプロスのおみやげ。
    No.20 楽しい♪スーパーでのお土産さがし!
    No.19 身体に優しい!キプロス素材の手作りソープのお店
    No.18 キプロスでトルコ風呂!現存する貴重なハマムでリラックス。
    No.17 おみやげにも♪ナチュラルコスメのKORRES
    No.16 手作りの味がおいしい♪アイスクリーム
    No.15 現地のイベントをチェックするなら♪
    No.14 今年もキプロス・コミコンが開催されます!

    キプロス ツアー最安値


    2018/4/25更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    キプロス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■キプロスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニコシア特派員

      ニコシア特派員
      イェラリ彩夏
      ライター/日本語教師
      北欧・東欧・中国を経てキプロス共和国へ。趣味は民芸品の手習いとフォークダンス。世界文化遺産のキプロス・レフカラレースにも興味シンシン。 日本の方にとってキプロスがもっと身近な場所になるよう、情報サイト「キプロスのたのしみ方」などでも情報発信している。また、現地コーディネーターとしても活動中。 DISQUS ID @disqus_IDcd7kj9mZ

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集