海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 新潟特派員ブログ > 1月1日、元旦はこれを食べました!~新潟・のっぺ~

日本国内/新潟特派員ブログ fuji

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月 1日

1月1日、元旦はこれを食べました!~新潟・のっぺ~


1月1日、元旦はこれを食べました!~新潟・のっぺ~


あけましておめでとうございます。昨年に続き今年も新潟の日常を更新していきたいと思います!よろしくお願いします!


今日は1月1日『元旦』。年の一番最初の日とされています。


年のはじめ、正月に食べる料理とされている「おせち」を我がfuji家でもつくりました。(主に母手作り)


DSCN14250_NEW-1.jpg


「おせち」とは元々せち=節供(せちく・節句)を意味し、季節の変わり目の祝事(節日)に食べる料理を「おせち料理」といいます。


おせち料理は"めでたさを重ねる"という意味で本来重箱に詰めて出される料理ですが、そのような高級な重箱仕様は我が家にはなく...。


家庭の味勝負です!


というわけで、上の写真左から『のっぺ』、『雑煮』、『黒豆・栗きんとん・切り干し大根』を食べました。

雑煮は全国各地で味付けや具材が異なります。


由来は平安時代、古くから農民などが祝い事に餅を食べることもあり、新年に汲んだ水と野菜、神様にお供えした餅を煮込んだものを元旦に食べたことが「雑煮」の由来だそうです。


日本東西では特に味噌か醤油か、丸餅か角餅かに分かれていて、全国の雑煮を食べ比べてみたいですね!


DSCN14251_NEW-1.jpg


黒豆や栗きんとんは今年母が初めて手作りをしたもの。黒豆は昨日から一晩かけて作るそうで根気がいりますね...。


おせちの料理にはひとつひとつ意味が込められており、黒豆は「まめに働けるように」、栗きんとんは「金団と書いて金運を呼ぶ」という由来とされています。


DSCN14255_NEW-1.jpg


こちらは新潟の郷土料理「のっぺ」というもの。サトイモや人参、さやえんどう、こんにゃくなどを入れたとろみのついた煮物ですが、家庭によっては具材も味も異なります。割烹や居酒屋にも出てくるのっぺは鮭やイクラが入ることもあり、上品な仕上がりにもなります。


のっぺ」は「ぬっぺい=とろみのある」が語源のようで、全国にも「のっぺい汁」と呼ばれる似た煮物がありますがそちらは片栗粉でとろみをつけ、新潟ののっぺはサトイモでとろみをつけることで異なります。


毎年我が家に出てくるのっぺが好きで、冷たいまま食べるのが美味しいです♪


新潟に来る際はぜひ食べてみてください!

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2018年1月 1日
« 前の記事「光輝く幻想的な世界を身近で...。朱鷺メッセ・イルミネーション」へ
»次の記事「初詣に行きました!中央区・護国神社」 へ
新潟特派員 新着記事
紅葉ももうすぐ*弥彦神社に参拝
ふらっと神明社~鼓岡の大杉~
県内でも珍しい「珍スポット」*長岡市栃尾のほだれ大神
県内2ヵ所目のひまわり畑*上堰潟公園[新潟市西蒲区]
夏の景色♪満開のひまわり畑*新潟県小千谷市
新潟県で一番低い山・稲荷山*[新潟県村上市]
これからがアヤメの見頃*あやめ園を散歩♪
バラが見頃のイングリッシュガーデンを見に行きました*[新潟県見附市]

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 新潟特派員

    新潟特派員
    fuji
    新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
    米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集