海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 新潟特派員ブログ > 冬に訪れる乙宝寺

日本国内/新潟特派員ブログ fuji

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月16日

冬に訪れる乙宝寺


冬に訪れる乙宝寺

2月15日撮影。晴れ間が見えた新潟市から胎内市に向かい、乙宝寺に行きました。


DSCN14582_NEW-1.jpg


乙宝寺の歴史は天平8年(736年)・聖武天皇により二人の高僧が開山したところから始まり。


境内中心にある大日堂(金堂)には胎蔵界大日如来・阿弥陀如来・薬師如来が祀られ、年間を通し様々な成就祈祷が行われています。

インドから来た僧がお釈迦様の左眼を納めたとして"乙寺"とつけられ、のちの平安時代に後白河天皇が左眼を納めるための金塔を寄進したとして"乙宝寺"と名付けられました。(※右眼は中国で納められ"甲寺"と呼ばれる。)


DSCN14585_NEW-1.jpg


境内の手水舎には"どっこん水"と言われる清水が勢いよく流れ出ており、昔弘法大師が立ち寄り修行した際に独鈷(とっこ...密教で用いる法具)で清水を出したと伝えられています。飯豊山から流れ出る胎内川の伏流水で冷たく清らかな自然水です。


手水舎の奥には国の重要文化財である"三重塔"があり、1620年に竣工した江戸初期建築・純和様式の古式の塔が建てられています。


DSCN14589_NEW-1.jpg


1689年に松尾芭蕉が奥の細道で立ち寄ったとされ、境内の浮世塚には春の桜を詠んだ芭蕉の句碑が残されています。


また、乙宝寺には寺にまつわる伝説が多く残され、その中でも"お猿の伝説"は平安時代の今昔物語集に載せられているとされます。

(お猿の伝説...裏山に住む猿二匹が和尚さまから木皮経を書いてもらい、人間(越後の国司)となって生まれ変わるというお話。そのため、猿供養寺という名や猿を供養した墓などが残っているという。)


DSCN14597_NEW-1.jpg


乙宝寺は祈願の霊場とされ、人々の安穏を願い建てられたお寺といいます。


生きる上でのつらいこと、どうしようもならない時に神仏に祈る祈祷寺院として多くの人が御参りにやってきます。


冬の乙宝寺。積雪のため境内全部はまわれませんでしたが、静寂な空間で水も空気も澄んでいるところなので、近くに来た際にはぜひご参拝してみてはいかがでしょうか。


 

【真言宗智山派 如意山 乙宝寺】


住所:新潟県胎内市乙1112番地


御祈祷・御供養は年中無休。

(※30年4月1日~ 時間を定めるため要確認)


駐車場:第一~第三駐車場あり

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年2月16日
« 前の記事「新潟市の大事な存在!~新潟駅~」へ
»次の記事「昭和へタイムスリップ!駄菓子の街~in新津~」 へ
おすすめ記事
    新潟特派員 新着記事
    良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟県燕市)
    大迫力の灯篭入舞!!250年の伝統ある葛塚祭り~新潟県新潟市北区~
    夏の夜空に艶やかな大輪が舞い上がる!加茂市青海神社で行われた秋季祭礼
    日本海の夕日を一望!広い海と空に弥彦山が望める!間瀬・こめぐりの郷公園
    今年も打ち上げ花火の季節がやってきた!~新潟まつり花火大会2018~
    風鈴まつりに夏祭り*+゜夏の白山神社でパワーをもらおう!~新潟県新潟市中央区~
    湯田上温泉地を巡る・薬師堂と雲井山円福院~新潟県南蒲原郡田上町~
    新潟三大祭り!今年も蒲原まつりの季節がやってきた!~新潟市中央区~

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 新潟特派員

      新潟特派員
      fuji
      新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
      米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集