海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 新潟特派員ブログ > 新潟淡麗 にいがた酒の陣!2018年

日本国内/新潟特派員ブログ fuji

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月13日

新潟淡麗 にいがた酒の陣!2018年


新潟淡麗 にいがた酒の陣!2018年


3月10日撮影。新潟市中央区朱鷺メッセで行われた『にいがた酒の陣』に行ってきました。


DSCN15285_NEW-1.jpg


3月10日・11日の二日間、両日10時から18時まで行われた酒の陣。

昨年は13万人もの人が来場したここ朱鷺メッセは今年もたくさんの人でにぎわい、会場には約90種の酒蔵と500種以上の地酒+名物が集まりました。


にぎわいすぎて、人多すぎの前に進むのがやっとな人の多さ。

自身は酒を飲まないため試飲チケットを買わず会場に入らなかったのですが、来場者はみんな流れるように会場に入ってお酒を楽しんでいました。


DSCN15288_NEW-1.jpg


『新潟淡麗 にいがた酒の陣』は、ドイツのビールの祭典"オクトーバーフェスト"をモデルとし、新潟県酒造組合が50周年を記念して2004年に開催したのが始まり。

土地の大切さ、県外や海外の人と地元の酒や食を楽しむのがコンセプトとされます。


『新潟淡麗』は戦後当時に濃くて甘い酒が好まれた中、寒い環境での新潟のお酒が"あっさり味"とされて当時はあまり目立たず、1957年に「五百万石」という酒米が誕生したことで"雑味や汚れが少ない綺麗な酒"として『新潟淡麗』が誕生したといわれています。

その後の時代の流れによって、新潟のお酒が好まれるようになりました。


新潟のお酒は量より味と質にこだわり、酒蔵で玄米から精米されたお米をさらに磨いて、本当に良いところだけを残した酒がつくられます。


DSCN15295_NEW-1.jpg


朱鷺メッセ会場の外に出ると信濃川・柳都大橋が見える万代(新潟)方面と、佐渡汽船が発着する日本海の海が繋がる方面と一望できます。


この日は天気も良く、会場の外で休む人や散歩する人が多くて好日に恵まれました。


DSCN15296_NEW-1.jpg

 

【新潟淡麗 にいがた酒の陣2018】


住所:新潟県新潟市中央区万代島6-1(朱鷺メッセ内)


開催日時:2018年3月10日(土)・11日(日)

両日10:00~18:00


試飲チケット:当日2500円(前売り2000円)

※新成人、アフターチケットあり


公式HP:新潟淡麗 にいがた酒の陣


 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2018年3月13日
« 前の記事「日本海の眺め~新潟市の五ヶ浜から~」へ
»次の記事「坂の町にある神社・坂井神社に初めて参拝」 へ
おすすめ記事
    新潟特派員 新着記事
    清らかな空気と水・自然のままの森で癒されよう~五頭いこいの森~
    三条市の清流「五十嵐川」を望む~四季折々豊かな自然~
    わらアート作品展示中!(新潟市西蒲区・上堰潟公園)
    2018年にいがた総おどり祭と最後のレインボータワー(新潟市中央区)
    良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟県燕市)
    大迫力の灯篭入舞!!250年の伝統ある葛塚祭り~新潟県新潟市北区~
    夏の夜空に艶やかな大輪が舞い上がる!加茂市青海神社で行われた秋季祭礼
    日本海の夕日を一望!広い海と空に弥彦山が望める!間瀬・こめぐりの郷公園

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 新潟特派員

      新潟特派員
      fuji
      新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
      米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集