海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 新潟特派員ブログ > 日本海の夕日を一望!広い海と空に弥彦山が望める!間...

日本国内/新潟特派員ブログ fuji

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年8月19日

日本海の夕日を一望!広い海と空に弥彦山が望める!間瀬・こめぐりの郷公園


日本海の夕日を一望!広い海と空に弥彦山が望める!間瀬・こめぐりの郷公園

8月18日撮影。新潟県新潟市西蒲区間瀬にある、こめぐりの郷公園に行ってきました。


DSCN18874_NEW-1.jpg


立ち寄ったのはちょうど夕日の時間帯。

太陽が日本海に沈んでいくのを見ながら、佐渡島に落ちていきました。


この日は気温が25度以下でもあり体感温度が低く肌寒く感じましたが、空と海がとても綺麗で、海岸沿いでは夕日を見に来る人もちらほらと訪れていました。


DSCN18882_NEW-1.jpg


「こめぐりの郷公園」の名の由来は2つ。


間瀬漁港周辺の海底は深さ約数メートルの岩礁地帯であり、波浪による浸食と白勢川からの石により多くの穴(※波蝕甌穴郡(はしょくおうけつぐん)/佐渡では天然記念物ともされている)が形成され、豊かな漁場とされていました。


この波蝕甌穴郡がお米をつく臼のようであり、自然の波蝕の力を間瀬の住民が刳(くる・くり)と表現して「米くり→こめぐり」と呼んだことが由来となっています。


また、周辺に民話として語り継がれている大金持ちの「間瀬の孫九郎」の米蔵から「こめくら→こめぐり」ともなったことも由来とされているそうです。


こめぐりの郷公園には駐車場、トイレがある他、広々とした多目的広場にテーブルやベンチ、遊具と芝生もあり、友達やカップル、親子連れなど様々な人に親しまれています。


弥彦山が望める景観を楽しんだり、投げ釣りスポットとしても人気があり、夕方には写真のように佐渡島に落ちていく夕日が一望できることでドライブコースにもおすすめ♪


行ったことがない方、機会がある方はぜひ立ち寄ってみてください♪


(!注意!海辺では波が速く荒いので海水浴には向かないです。また、投げ釣りには周辺を確認し安全に行ってください。)


DSCN18900_NEW-1.jpg

 

【こめぐりの郷公園】


住所:新潟県新潟市西蒲区間瀬


駐車場:広め2か所

(駐車場は7:30~21:30まで開放)


トイレ:男女・多目的トイレ


自販機・休憩ベンチあり

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年8月19日
« 前の記事「今年も打ち上げ花火の季節がやってきた!~新潟まつり花火大会2018~」へ
»次の記事「夏の夜空に艶やかな大輪が舞い上がる!加茂市青海神社で行われた秋季祭礼」 へ
おすすめ記事
    新潟特派員 新着記事
    清らかな空気と水・自然のままの森で癒されよう~五頭いこいの森~
    三条市の清流「五十嵐川」を望む~四季折々豊かな自然~
    わらアート作品展示中!(新潟市西蒲区・上堰潟公園)
    2018年にいがた総おどり祭と最後のレインボータワー(新潟市中央区)
    良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟県燕市)
    大迫力の灯篭入舞!!250年の伝統ある葛塚祭り~新潟県新潟市北区~
    夏の夜空に艶やかな大輪が舞い上がる!加茂市青海神社で行われた秋季祭礼
    日本海の夕日を一望!広い海と空に弥彦山が望める!間瀬・こめぐりの郷公園

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 新潟特派員

      新潟特派員
      fuji
      新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
      米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集