海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 新潟特派員ブログ > 2018年にいがた総おどり祭と最後のレインボータワ...

日本国内/新潟特派員ブログ fuji

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月24日

2018年にいがた総おどり祭と最後のレインボータワー(新潟市中央区)


2018年にいがた総おどり祭と最後のレインボータワー(新潟市中央区)

9月17日撮影。新潟市中央区万代に行ってきました。


DSCN19578_NEW-1.jpg


9月15日~17日の三日間に行われた"にいがた総おどり"最終日。


にいがた総おどりは2001年若者たちによって誕生し、「次世代を担う若者たち・こどもたちのために、感動ある世の中をつくる」をテーマに毎年開催され、17年が経ちました。


数人の若者たちから生まれた市民の手作りのお祭り。

ヒップホップやジャズ、よさこいや民族、チアや創作ダンスなどジャンル問わずの踊りを日本各地・海外からも参加者が集い披露される三日間。


2002年に第一回が開催されて参加団体52チーム・観客動員数は13万人と注目を浴びました。

2005年に「新潟下駄総踊り」が初披露され、翌年には下駄総踊りの一般参加に観客総動員数が最高の36万人を記録。


年々規模が大きくなり新たなチャレンジと実現、国境を越えての海外開催が実現され、昨年2017年には東南アジアやロシアとの交流事業があり、海外からの来場者ともに新潟の文化として認知されるようになりました。


2018年、今年の総おどりは三日間で約250団体・15,000人の参加者に20万人の観客が幕を開け、にぎわいを見せました。

300年前に四日四晩踊り明かした伝統の祭りが今年も受け継がれ、感動のフィナーレを迎えました。


「心をこめて踊ること」が参加条件のにいがた総おどりは、来年の参加者もすでに募集が始まっています。


◆公式ホームページ...にいがた総おどり


DSCN19593_NEW-1.jpg


総おどりも開催された万代バスセンターの2Fには、新潟市のシンボルである「レインボータワー」。


1973年11月23日に開業し、2011年3月11日東日本大震災により一部損傷のため営業休止。

2012年改修費用の問題で営業を終了、2018年8月から解体作業がはじまりました。

11月末には解体が完了されるとのこと。


新潟県民が選ぶ「にいがた景勝100選」のうちのひとつ。


新潟市の展望台として45年間在りつづけたレインボータワーも、もうすぐで見られなくなります。

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2018年9月24日
« 前の記事「良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟県燕市)」へ
»次の記事「わらアート作品展示中!(新潟市西蒲区・上堰潟公園)」 へ
おすすめ記事
    新潟特派員 新着記事
    清らかな空気と水・自然のままの森で癒されよう~五頭いこいの森~
    三条市の清流「五十嵐川」を望む~四季折々豊かな自然~
    わらアート作品展示中!(新潟市西蒲区・上堰潟公園)
    2018年にいがた総おどり祭と最後のレインボータワー(新潟市中央区)
    良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟県燕市)
    大迫力の灯篭入舞!!250年の伝統ある葛塚祭り~新潟県新潟市北区~
    夏の夜空に艶やかな大輪が舞い上がる!加茂市青海神社で行われた秋季祭礼
    日本海の夕日を一望!広い海と空に弥彦山が望める!間瀬・こめぐりの郷公園

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 新潟特派員

      新潟特派員
      fuji
      新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
      米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集