海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 新潟特派員ブログ > 良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟...

日本国内/新潟特派員ブログ fuji

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月23日

良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟県燕市)


良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟県燕市)

9月14日撮影。燕市にある国上寺に行ってきました。


DSCN19521_NEW-1.jpg


参道を歩き見えてくるのが、国上寺山門手前の「パワースポットである樹齢千年の大銀杏」の樹。

少し戻った横道には国上寺本堂(約1300年前に建立)・六角堂(1816年建立)・良寛様の像などが置かれている場に入り、国上山の登山道入り口もあります。


正面山門をくぐり、水子子育地蔵・方丈講堂(1737年建立)が見え、方丈講堂には県指定文化財である千手観世音菩薩像が安置されています。上杉謙信公・長岡藩主牧野公らも信心されたという。

国上寺の本尊は(上品上生)阿弥陀如来であり、光明皇后(聖武天皇のお后)が奉納されました。


方丈講堂の場からさらに奥に進むとお地蔵様が見えてくる道を過ぎると、良寛様が住んでいたとされる五合庵(県指定文化財)・新潟の橋50選に選ばれている124mの千眼堂吊り橋を渡ることが出来ます。


千眼堂吊り橋は2018年7月に改修され、五合庵からの朝日山展望台に着き、駐車場(国上寺入り口)に着くといったぐるりと一周する歩き道。

道中にはいろいろなお地蔵様がいらっしゃるので、ひとつひとつ参拝しながらゆっくり歩くのにおすすめです。


DSCN19523_NEW-1.jpg


国上寺の由来は新潟県の古志郡・越の山から「雲上寺(雲高寺)」と呼ばれ、聖徳太子が雲上寺にのぼり雲上記を書かれたとも伝わり、大悲千手観音像を彫り北海鎮護仏法最初の霊地と定められたことから大悲千手が置かれる「雲上=くがみ」と言われたそうな。


「国上」の漢字は、孝謙天皇が「国中上一寺」と詔勅されたことから。万葉集には「久賀躬」と書かれています。


709年・越後一の宮弥彦大神(神様の言い伝え)により建立、越後最古のお寺である国上寺。


国上寺の歴史には様々な名高い歴史人が関係し、(最澄の弟子である)慈覚大師・源義経公・上杉謙信公・(五合庵初代住人)万元和尚・良寛さまといった方々が深く関わりを繋いでいます。

特に上杉謙信公の御縁がある必勝祈願・戦勝祈願をはじめ、数多くの護摩祈願(護摩の炉に薪木と供物を入れて燃やし祈願すること)を承っています。


あくまで御寺様なので落ち着いた心持で参拝していただきたい国上寺ですが、個人的な見所ポイントに迷うときは『国上寺本堂』『五合庵』『千眼堂吊り橋』の三点。ほかに『パワースポットの大銀杏』など。御守りと御朱印も様々な種類が置かれています。


県内有数のパワースポットと名高い国上寺、御参りと蒲原平野の景色を一望しに、ぜひ立ち寄ってみてください。


DSCN19537_NEW-1.jpg


 

【国上寺(こくじょうじ)】


住所:新潟県燕市国上1407番地


駐車場:あり


関連リンク:国上寺公式ホームページ

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年9月23日
« 前の記事「大迫力の灯篭入舞!!250年の伝統ある葛塚祭り~新潟県新潟市北区~」へ
»次の記事「2018年にいがた総おどり祭と最後のレインボータワー(新潟市中央区)」 へ
おすすめ記事
    新潟特派員 新着記事
    絶景の風景に広大な建造物!五泉市早出川ダム
    ハクチョウの飛来地・瓢湖に遊びに行こう♪ [阿賀野市水原]
    胎内市の紅葉を見てきました♪ [道の駅 胎内]
    夜のライトアップでロマンチックな紅葉を堪能...*゜ [西蒲原郡弥彦村・弥彦公園]
    弥彦スカイラインをドライブ♪山頂からの景色を一望![弥彦山頂公園]
    清らかな空気と水・自然のままの森で癒されよう~五頭いこいの森~
    三条市の清流「五十嵐川」を望む~四季折々豊かな自然~
    わらアート作品展示中!(新潟市西蒲区・上堰潟公園)

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 新潟特派員

      新潟特派員
      fuji
      新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
      米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集