海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 新潟特派員ブログ > 三条市の清流「五十嵐川」を望む~四季折々豊かな自然...

日本国内/新潟特派員ブログ fuji

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年10月10日

三条市の清流「五十嵐川」を望む~四季折々豊かな自然~


三条市の清流「五十嵐川」を望む~四季折々豊かな自然~


10月6日撮影。三条市、五十嵐川に行ってきました。


DSCN19721_NEW-1.jpg


発音は「いがらし」ではなく「いからし」と呼ばれている、三条市に流れる一般河川。

大河津分水路分岐点より下流、信濃川の支流であり、長さは約38.7km。


魚沼市の境にある烏帽子岳(1350m)を水源とし、上流部で笠堀川と合流。八木ヶ鼻にて守門川と駒出川と合流。その後蒲原平野に流れ大平川・鹿熊川と合流し、三条市内に流れ信濃川に流れていきます。


DSCN19738_NEW-1.jpg


全域にわたりカジカ・アユ・ウグイなど様々な魚が生息し、五十嵐川下流部では五十嵐川漁協がウグイやコイの放流をされています。


中流部では7月にアユ釣りが解禁。ここ荒沢地区はハクチョウの飛来地ともされ、新潟での映画のロケ地や冬のハクチョウのスポットとされ人気を呼んでいます。(ちょうど写真の場所がハクチョウの飛来してくる場:白鳥の郷公苑付近)


近くにはハヤブサの生息地として絶壁の名勝・八木ヶ鼻も見ることができ、数多い観光レジャースポットもあるため多くの人が訪れます。


上流部にはイワナ・ヤマメ釣り場があり、笠堀地区のミズバショウ群生地や下田地区の山菜が種類多く生息しています。

(※私有地などの入山・採取は禁止。)


DSCN19752_NEW-1.jpg


五十嵐川という名の由来は諸説あり、三条市下田地区周辺を第11代垂仁天皇の第8皇子"五十日足彦命(いかたらしひこのみこと)"が開拓、その子孫が『五十嵐』と名乗ったと伝えられています。「五十嵐」=「五風十雨」の豊作という意味もあり。


また、アイヌ語が由来ともいわれ「インガルシ(インカルシペ)」=見晴らしの良い場所という意味が、三条市にある「要害山」の見晴らしの良い場所と同じようなことから、由来であるともいわれています。


きれいな清流と自然多い五十嵐川、これから寒くなる時期にはハクチョウの飛来が楽しみです♪


DSCN19786_NEW-1.jpg


 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年10月10日
« 前の記事「わらアート作品展示中!(新潟市西蒲区・上堰潟公園)」へ
»次の記事「清らかな空気と水・自然のままの森で癒されよう~五頭いこいの森~」 へ
おすすめ記事
    新潟特派員 新着記事
    清らかな空気と水・自然のままの森で癒されよう~五頭いこいの森~
    三条市の清流「五十嵐川」を望む~四季折々豊かな自然~
    わらアート作品展示中!(新潟市西蒲区・上堰潟公園)
    2018年にいがた総おどり祭と最後のレインボータワー(新潟市中央区)
    良寛様と深い関係を持つ越後最古のお寺・国上寺(新潟県燕市)
    大迫力の灯篭入舞!!250年の伝統ある葛塚祭り~新潟県新潟市北区~
    夏の夜空に艶やかな大輪が舞い上がる!加茂市青海神社で行われた秋季祭礼
    日本海の夕日を一望!広い海と空に弥彦山が望める!間瀬・こめぐりの郷公園

    甲信越旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 新潟特派員

      新潟特派員
      fuji
      新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
      米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集