海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 新潟特派員ブログ > 自然にできた圧倒的な景観美! 日本三大峡谷・清津峡...

日本国内/新潟特派員ブログ fuji

日本国内・新潟特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年11月 2日

自然にできた圧倒的な景観美! 日本三大峡谷・清津峡【新潟県十日町市】


自然にできた圧倒的な景観美! 日本三大峡谷・清津峡【新潟県十日町市】

10月31日撮影。新潟県十日町市、清津峡に行ってきました。


DSCN23184_NEW-1.jpg


清津峡は、日本三大峡谷である「黒部峡谷」「大杉谷」「清津峡」として知られ、昭和16年に国の名勝・天然記念物に指定、昭和24年に上信越高原国立公園に指定されました。


DSCN23199_NEW-1.jpg


清津峡の景観美とされる「※柱状節理(ちゅうじょうせつり)」の柱状の岩が間近で見られます。


峡谷に流れる清津川は、新潟・群馬の県境にある白砂山(しらすなやま・標高2,140m)を水源とします。


※柱状節理(ちゅうじょうせつり)とは...火山からの溶岩流(マグマ)が固まって冷える際に、温度が低下するとともに体積が収縮するためにできる割れ目。断面は六角形が多い。


DSCN23220_NEW-1.jpg


清津峡渓谷トンネルは1996年に誕生し、2018年の大地の芸術祭で「Tunnel of Light(トンネル オブ ライト)」としてリニューアルしました。


トンネルの全長750m、三つの見晴台と終点のパノラマステーションからは清津峡の景観美が堪能できます。


特にパノラマステーション(写真上下)では床一面に峡谷の沢水を張り、「水」という自然の要素を取り入れ、水鏡にうつる景色とともに写真を撮影するスポットとして人気があります。


DSCN23221_NEW-1.jpg


四季豊かに風景の色を変える清津峡。


秋の紅葉はもちろん、冬の雪景色や新緑の季節も峡谷の美しさを素晴らしく見せてくれます。


十日町市の観光にぜひお立ち寄りください◎

 

【清津峡(清津峡渓谷トンネル)】


住所:新潟県十日町市小出


開坑時間:午前8:30~午後5:00

(※最終入坑は午後4:30まで)


※冬期休業あり


料金:大人600円(高校生以上)

小人300円(小中学生)

※団体割引あり・20名以上


駐車場:無料あり(第一・第二・第三駐車場)

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年11月 2日
« 前の記事「荒川峡の紅葉状況*新潟県岩船郡関川村」へ
»次の記事「ブナの木が一面に広がる風景~十日町市・美人林~」 へ
新潟特派員 新着記事
日本海を堪能できるドライブコース◎笹川流れ【新潟県村上市】
冬の景色*大友稲荷神社奥の院[新潟県新発田市]
新潟の冬は月岡でほっこり◎観光におすすめです♪
明けまして*初詣に高龍神社に行きました*[新潟県長岡市]
2019年の紅葉の最後は、鮮やかなイチョウの黄色*新潟県五泉市/蛭野地区
散る前にまだまだ紅葉を堪能*燕市の千眼堂吊り橋
奥胎内で絶景の紅葉を堪能♪ [胎内市/胎内川ダム]
菊彩る弥彦菊まつりと紅葉鮮やかな弥彦公園
1年前の同じ月に投稿された記事
絶景の風景に広大な建造物!五泉市早出川ダム
ハクチョウの飛来地・瓢湖に遊びに行こう♪ [阿賀野市水原]
胎内市の紅葉を見てきました♪ [道の駅 胎内]
夜のライトアップでロマンチックな紅葉を堪能...*゜ [西蒲原郡弥彦村・弥彦公園]

甲信越旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■新潟県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 新潟特派員

    新潟特派員
    fuji
    新潟県在住。相方さんと共に新潟県内(下越地方)を中心にお出かけ、愛用のコンデジで写真を撮り、「新潟のいいところ・ありのままの姿」を見てほしいとブログを始めました。運転する相方さんの隣で外の写真をパシャリ。新潟の四季折々をお伝えします。
    米と海と山!にいがた(ブログ) DISQUS ID @disqus_NGRKcN7QRw

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集