海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > ニセコ・北海道特派員ブログ > 夏の北海道に雪だるま!?

日本国内/ニセコ・北海道特派員ブログ 寅さん

日本国内・ニセコ・北海道特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月26日

夏の北海道に雪だるま!?


メール プリント もっと見る

夏の北海道に雪だるま!?

 内地では、梅雨も明けて、いよいよ夏休みに突入しました。北海道の夏休みは、内地に比べて短く、代わりに冬休みが長いのです。羊蹄山麓の各町村でも、盆踊りなどのお祭りが催されます。後志地方を代表する倶知安町では、いまやこの時期の恒例のお祭りになった「第55回くっちゃんじゃが祭り」が8月5~6日まで、催されます。


CIMG2156.JPGじゃが祭りのポスター.JPG

 夏祭りでは、どこも盆踊りや、歌、屋台、花火など定番が多い中で、「くちゃんのじゃが祭り」だけにしかない、ユニークな出し物があります。それは、この真夏の最中に、本物の雪で作った大きな「雪だるま」が飾られます。10数年前までは、この時期、東京銀座4丁目の角に大きな「雪だるま」が飾られていましたが、これも、ここ倶知安からわざわざ運ばれた本物の雪で作られた雪だるまです。豪雪地帯として知られる倶知安町では、現在でも、名物のジャガイモ倉庫を雪で囲い、雪で冷凍保存して甘いジャガイモとして知られています。更に、会場には、雪で作った滑り台や、スキーで氷の池を飛び越えるジャンプ台の競技などもあります。


真夏の雪だるま.jpg


CIMG4522.JPG真夏の雪だるま3.JPG


その他に、倶知安町ならではの、ユニークな出し物は、ジャガイモの摑み取り競争です。会場の駅前通りに、大きなビニールを広げて、名物の男爵イモなどを撒き、ヨーイドンで、ビニール袋にジャガイモを詰め放題で持ち帰ることができます。参加料はタダで誰でもが参加できます。更に、四国方面から移住してきた人達の子孫が毎年阿波踊りを披露してくれます。


P8070483.JPGじゃがいもの掴み取り+2.jpg


その他に、倶知安ならではの、ゆるキャラ「じゃがた君」の登場や、雪だるまの人形などがあります。みなさんも一度、挑戦しはいかがでしょう。


P8280671.JPG阿波踊り+2.jpg P8070544.JPGじゃが祭り+2.jpg 7W5A3967.JPGコスモスの向こうに+2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年7月26日
« 前の記事「ラベンダーの夏」へ
»次の記事「牧草ロールのある風景」 へ
おすすめ記事
    ニセコ・北海道特派員 新着記事
    深まる秋
    紅葉の始まり(神仙沼)
    ジャガイモの収穫作業
    かぼちゃの出荷作業
    秋の訪れ
    悲哀のひまわり
    (我里は 月と仏と おらが蕎麦)一茶
    初夏の風景 真夏の夢

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ニセコ・北海道特派員

      ニセコ・北海道特派員
      寅さん
      10数年前に神奈川県からニセコに夫婦で移住。以来、ワイフと共に写真撮影、スキー、ゴルフ、コーラス、家庭菜園などを趣味として、田舎暮らしを愉しんでいます。ニセコは海外から訪れる人達も年々増加しています。羊蹄山麓やニセコ連峰を中心に、ニセコ地域の自然の移ろいや、人々との交流をご紹介できればと思っています。 DISQUS ID @disqus_nItAZzBWjM

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集