海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 小笠原特派員ブログ > 亜熱帯の11月はどんな服装?

日本国内/小笠原特派員ブログ 村上義弘(よっしー)

日本国内・小笠原特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 9日

亜熱帯の11月はどんな服装?


亜熱帯の11月はどんな服装?

11月になって島民としては肌寒い日も増えてきました。

6月下旬~10月下旬は悪天候で太陽が出ていなくても

気温は30度前後あり充分暑いので

半袖・短パン・素足にビーチサンダル

という服装で大丈夫ですが、これからの季節は

ちょっとした気圧配置の変化、風向きや

日差しの有無で体感気温が左右されます。

PB090017.jpg

PB090025.jpg

上の写真は今日の小笠原と服装です。

七分丈のパンツを履いてはいますが

太陽が出て日差しが照りつけて夏の暑さなので

半袖・短パン・素足にビーチサンダルでも大丈夫です。

PB070003.jpg

こちらは数日前、曇天で強い北風が吹き肌寒く感じた日です。

肌寒いとはいえ、気温はまだ25~26度ありますので

半袖・長ズボン・靴下&靴

という服装で過ごしました。

レンタルバイクで走る時、日没後、海で泳いだ後などは

体感気温が下がるため薄手のウィンドブレーカー等

用意しておくと安心です。

そして12月に入るとさらに気温が下がるため

日中でもパーカー・ウィンドブレーカー等を

着る日が増えます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 自然・風景
2017年11月 9日
« 前の記事「10月23日今日の小笠原」へ
»次の記事「竹芝客船ターミナル」 へ
おすすめ記事
    小笠原特派員 新着記事
    小笠原産コーヒーが飲めるカフェ USK Coffee
    10月の亜熱帯・小笠原へ行く服装は?
    おがさわら丸乗船時の必須アイテム
    都内で島グルメを楽しもう!東京 愛らんどフェア 2018
    小笠原の植物をアクセサリーに aina
    夜散歩にぴったり小笠原の天然水族館
    小笠原諸島で未来の森作りイベント
    小笠原の名物盆踊りが竹芝にやってくる!全員集合!!

    関東旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■東京都の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 小笠原特派員

      小笠原特派員
      村上義弘(よっしー)
      20代に世界を放浪し、2001年から小笠原諸島に移り住む。父島で海と山と星空のガイド「たびんちゅ」を営みつつ、小笠原の大自然から教わったヨガを伝える。一年のうち2ヶ月は旅するという根っからの旅人。たびんちゅHP DISQUS ID @ogs_ysi

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集