海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/岡山特派員ブログ

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2.JPG
両宮山古墳から数分の場所に備前国分寺跡があります。
がら~んとした原野で、かつては国府が置かれていたような華やかさも賑やかさも今はありません。

2.JPG
創建当時の鳥観図がありました。両宮山古墳も描かれています。
両宮山古墳は5世紀後半に造営され、備中国分寺は天平13年(741年)の国分寺建立の詔の頃に創建されたと見られています。南を通る古代山陽道を挟んだ南方には国分尼寺跡があり、更に南西約6.5キロメートルには備前国庁跡がります。当時はさぞかし往来のある賑やかな場所だったことでしょう。
パンフレットがあったので、それを参考に歩いてみます。

3.JPG
南門跡を通過し、右側には石塔があります。ここには、天平時代には七重塔が建っていたそうです。

4.JPG
復元想像図です。当時は仏舎利ではなく、経典を納めた塔だったそうです。
一辺60尺の基壇と、心礎の礎石だけが現存していました。

5.JPG
七重塔自体は平安中期に廃絶し、この石塔は鎌倉時代に心礎上に建てられたものだそうです。
塔ががなくなった今は、この石の七重層塔だけが当時の面影を偲ばせていました。

6.JPG
本尊が祀られていた金堂に近づきます。
どんな金堂が建っていたのでしょう?法隆寺の金堂など知っている寺院の金堂を思い浮かべてみます。

7.JPG
ここは金堂の北の講堂へつながる北面回廊です。

8.JPG
9.JPG
ここが講堂の跡地で実物の礎石が今も残っていました。

以前にご紹介しました、備中国分寺 は建物があり、伽藍配置も奈良時代の建立時とは全く違うので
いにしえの姿を想像しにくいのですが、備前国分寺跡の何もない空間は、当時の様子を勝手に想像し妄想を楽しめます。♪

10.JPG
国分寺跡の西に佇む神社。国分寺八幡宮という名前でした。

741年に建立されたこの備前国分寺は、平安時代に改修が行われ
平安時代末には、講堂と北側の回廊が焼失してしまったそうです。
鎌倉時代以降に講堂は建て直されますが、当初の講堂よりも規模が小さくなり
約400~500年ほど前の16世紀後半には、廃絶したそうです。


住  所     〒709-0825 岡山県赤磐市馬屋
電話番号     086-955-0710(赤磐市教育委員会社会教育課)
公式サイト    赤磐の文化財
交通アクセス(車)  山陽自動車道山陽ICから約10分
交通アクセス(公共) JR瀬戸駅からタクシー約10分
駐 車 場     稚媛の里駐車場を利用






2021年2月27日

1.JPG
両宮山古墳を見た後は北側にある和田茶臼山古墳を目指します。
ちょうど、草を刈った後なので古墳の形がよくわかりますね。
円墳かと思ったのですが……

2.JPG
近づいてみると違いますね。
墳丘全長55mもある古墳で、形状は帆立貝型古墳になります。
いろんな古墳を見て回っていますが、帆立貝型古墳には初めて出合いました。

3.JPG
赤磐市教育委員会のパンフレットによると、こういう位置関係になります。
両宮山古墳と同じように二重の周濠を持っていて、両宮山古墳と計画的に配置されていることから、この古墳の埋葬者は両宮山古墳の埋葬者と親密な関係であったと想定され陪塚と言われています。

4.JPG
説明版が立っていて、ここから登っても大丈夫なようです。

P1043359.JPG
草が刈ってあるので歩き回れます。
とは言っても、そんなに広くはないんですがね。

P1043360.JPG
分頂から見る両宮山古墳です。

P1043406.JPG
そして、両宮山古墳の南にはもうひとつ陪塚と考えられている「森山古墳」があります。
墳丘に生えたクリスマスツリーのような木がシンボルとなっています。

P1043408.JPG
ここから上がります。
墳丘全長82m、後円部径63m、同高さ12.1m、総長136mあり、先ほどの和田茶臼山古墳よりも大きな帆立貝形の古墳です。
こちらもかつては、周囲に周濠を巡らし、さらに葺石も設置されていたそうです。

P1043410.JPG
それにしても、この古墳の周りには烏が多いのには閉口しました。

P1043414.JPG
「森山古墳」を東へ降りると高月公民館があります。
ここには古墳らしい姿かたちがありませんが、この公民館の建設にともなう発掘調査によって新たに発見された「正免東古墳」です。
森山古墳のような墳丘は、開墾によってなくなっていますが、葺石や鹿などの絵が線刻された埴輪などが周濠の底に残っていたそうです。

P1043416.JPG
さらに、公民館の東の畑の中にも古墳がありました。「廻り山古墳」といいます。
小高い丘を利用して作られているとありましたが、周囲を畑として開墾されているので墳形や規模は定かではないそうです。

P1043418.JPG
ここまでは歩いて登れますが墳丘の上へはヤブ漕ぎ状態で断念しました。

いかがでしょうか。どの古墳も未発掘で、内部のことはわかりませんが両宮山古墳を中心に狭い範囲にいくつもの陪塚が点在しています。
近くにあるほかの古墳や備前国分寺跡と合わせて背筋部気分で散策するのも楽しいですよ。


2021年2月19日

19.JPG
“日本遺産「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま”の構成文化財を紹介していますが、古代山陽道を東へ進むと赤磐市に入ります。
赤磐市の旧山陽町地区には、日本遺産の両宮山古墳を始めとする数々の遺跡があります。
観光案内所で自転車を借り、サイクリングをしながら巡ってみようと思って訪れましたが、この日、2021年1月4日はまだお正月のせいかお休みでした。残念!

1.JPG
ここには、両宮山古墳という県下で3番目に大きな前方後円墳があります。
この土手の内濠の奥が古墳です。堤の高さは平屋建ての建物の屋根よりも高いですよ。

2.JPG
土手の周りから北の道に入り込むと標識がありました。

3.JPG
正面に古墳が見えます。農家の庭先を通過した先になります。

4.JPG
右手にこんもりとした小山が見えます。
あれは両宮山古墳の倍塚の和田茶臼山古墳になります。

5.JPG
墳丘への入口が見えました。
この辺りが前方後円墳の作り出し部分になります。

7.JPG
もともとあった丘陵の上に盛り土をして作られた古墳だそうで
墳丘は三段築成で全長349mです。

8.JPG
前方側のコーナーを回ると鳥居がありました。
古墳の上に神社があるのは、造山古墳と一緒です。両宮神社といいます。
現地では祭神がよくわからなかったので、帰って神社庁のウェブサイトを見ると伊勢神社と載っていて、戦国時代に和田伊織が、ここを居城にしていたことが書いてありました。
御祭神も祭典の欄も空白でした。

10.JPG
満々と水をたたえていると思っていた内濠は、ほとんど水がありません。
奈良や大阪ではよく見られる周濠を持つ古墳は、吉備地方に少ないので貴重な存在です。

11.JPG
墳丘を登り後円部側へ行こうと思いましたが、思った以上い急峻で見晴らしもよくなさそうなので、途中まで登るもやめてしまいました。

12.JPG
墳丘を降り、東側から後円部側の全景です。

15.JPG
内濠を眺めに中堤を登ります。

16.JPG
あらら、見事に水がありません。雨が降らないせい?
こんな両宮山古墳の姿は珍しいかも~。
中堤が100mは続き、部分的に畑になっています。古墳の所有権ってどうなっているのでしょうか?

13.JPG
葺石のようなものが設置されています。でも、これは古墳の裾を保護するための保存工事でした。

14.JPG
本来の両宮山古墳の姿は左側のように内濠に水をたたえています。
この中堤の外側には、更に外濠がある二重の周濠でした。

20.JPG
ここにもお約束の日本遺産の案内板がありました。




■両宮山古墳
・住所: 〒709-0824 岡山県赤磐市穂崎
・電話番号: 086-955-0710(赤磐市教育委員会社会教育課)
・URL: 赤磐の文化財公式ウェブサイト
・交通アクセス: (車)山陽自動車道山陽ICから約10分/(公共)JR瀬戸駅からタクシー約10分
・駐車場: 「稚媛の里」駐車場を利用、普通車25台 大型バス1台





2021年2月13日
2021年2月 8日
2021年1月27日
2021年1月26日
2021年1月18日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集