海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/岡山特派員ブログ

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


1.JPG
こんにちは。岡山特派員のmamiです。4月は新庄村をご紹介しましょう。
新庄村は岡山県の西北端に位置する人口約800人の美しい小さな村です。
村内には豊かな自然と日本の里山の風景が残り「日本で最も美しい村」のひとつに選ばれています。

7.JPG
古くは山陰と山陽をつなぐ出雲街道の宿場町として栄えた村の中心部は、脇本陣など歴史あるお屋敷が今も当時の面影を残しています。その出雲街道沿いには「がいせん桜」と呼ばれる日露戦争の戦勝を記念して、樹齢100年を超える古木を含む137本のソメイヨシノが植えられています。ソメイヨシノの寿命は60年といわれているので、驚くほど長寿の桜ですよね。
4月5日現在の桜の状況はやっと咲き始めたところです。例年なら4月中旬が満開ですが、2020年の今年は1週間ほど早くなりそうです。今回は過去に撮った写真をもとにご紹介しますね。
この桜並木のトンネルは、新庄村の春を象徴する景色です。ウットリするほどきれいですよ~。

3.JPG
こちらの写真は、脇本陣木代邸の前の桜です。
街道沿いには、江戸時代に造られた石積みの小川があり、その清涼感のあるせせらぎの音は「ふるさとの調べ」として日本の音百選となっています。この小川に面した家々は池で鯉を飼い、その池の水は小川の水を利用しています。

4.JPG
脇本陣の中に入ってみましょう。江戸時代の終わり頃に建てられた幕末を代表する建物で、三列六間取りの大規模家屋です。

5.JPG
落ち着いた佇まいですね。新庄村によって文化財として指定されています。奥には醤油倉を改装したお食事処「さくら茶屋」もあります。私が訪れる日は毎回、桜まつりの時期なので満員御礼で入れたことがありません。
  
6.JPG
出雲街道の西に聳える愛宕山の中腹から街道を見下ろしてみました。手前の赤い石州瓦の間に淡いピンクのソメイヨシノが映えます。さらに奥の川の土手沿いには濃いピンクの紅枝垂れ桜が美しく咲いています。
 
7.JPG
出雲街道のがいせん桜が桜吹雪となるころ、土手の紅枝垂桜が満開の見頃を迎えます。
また、夜間照明に照らされた桜は幽玄な姿となり昼間とはまた違った趣が感じられます。
新庄村の桜は岡山県南のソメイヨシノが散ってから開花するので県民には人気のスポットです。新型コロナウイルスが猛威を振るい、今年のがいせん桜を多くの人に見ていただくのは難しいと思います。老木ですが来年も咲いてくれます。感染拡大の一日も早い終息を願ってやみません。

■アクセス
JR姫新線: 中国勝山駅から真庭市コミュニティバス40分新庄下車
中国自動車道: 落合ICから国道313号・181号を米子市に向け50分
JR伯備線: 根雨駅から自動車で20分
米子自動車道: 久世ICから国道181号を米子市に向け40分/湯原ICから県道湯原美甘線を経由し30分/蒜山ICから主要地方道北房川上線で15分

岡山空港: 自動車で90分



2020年4月 6日

P4040826.JPG
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、岡山県内で行われる春祭りが次々と中止となっています。
後楽園、東岸の旭川河川敷に1kmに渡り連なるソメイヨシノは、全国に名だたる桜の名所として知られています。
毎年、桜の時期には「岡山さくらカーニバル」が開催されますが、こちらも中止となりました。

もちろん、祭りが中止になっても桜は立派に開花しています。
今年は暖冬のせいもあり、2020年3月24日に後楽園の標準木が開花しました。

2.JPG
県南の灘崎町奥迫川に樹齢500年ほどの大山桜を見にやって来ました。
今年は例年よりも1週間も早く開花し、今週末まで楽しめそうです。
県南部最大級の桜でエドヒガンとヤマザクラもしくはカスミザクラとの雑種といわれています。
麓から見ても周りの山桜よりもずっと大きいことがわかります。
陀娑(ださ)山の中腹にある桜ですから、近くまで行くには登山靴か滑らないスニーカーの装備で登ってください。
初めて訪れたときは、サンダルを履いていたので、足下が危うく登るのは諦め、麓から眺めて終わったのでした。

P4040823.JPG
登るには急峻な近道コースと緩やかなまわり道コースとあります。今回は近道コースを選びました。
このお稲荷さんのあたりから先は、さらに急勾配になります。

7.JPG
手すりがわりにロープが張られているので、つかまりながら登ると比較的楽です。
でも、下りるときは滑らないように細心の注意が必要です。
もともと道のない急斜面に生えていた一本桜。
この桜を近くで愛でるために地元の方々が登山道を整備し、毎年下草刈りをされているそうです。
地域の人々の尽力が偲ばれます。

5.JPG
15分ほど登ったら見えてきました!
今が満開です。
奥迫川の桜、通称「大山桜」。推定樹齢500年。
野生種のひとつで長寿種として知られるエドヒガンとカスミザクラまたは山桜との交配種といわれ、樹高50m、枝張り27mの堂々とした姿です。
周りの山桜は若いせいか一足先に満開で今は葉桜になり始めています。

6.JPG
株元が8つに分かれていて八岐大蛇のように八方にうねっています。
この迫力が写真で伝わるでしょうか?
すぐ近くに2代目のクローン桜もありました。こちらも若いせいか、見ごろが過ぎてもう散り始めです。

11.JPG
標高150mから眼下を見降ろします。
13km離れたわが家から、この桜は見えるけど、流石にここからわが家は見えません。
その昔このあたりは”吉備の穴海”という遠浅の海で、江戸初期から昭和40年ごろにかけての干拓で広大な農地に生まれ変わりました。
かつては島だったこの陀娑山も今は平野に聳える山となっています。




・開花時期: 3月下旬~4月上旬
・住所: 岡山市南区奥迫川地内
・アクセス: JR迫川駅から徒歩約20分
・駐車場: 約50台







2020年4月 4日

1.JPG
こんにちは。岡山県特派員のmamiです。
岡山でも初の新型コロナウイルスの感染者が出て、病院は入院患者の家族でさえ面会ができなくなってしまいましたが、確実に春を迎えていますね。
秋にご紹介した曹源寺のしだれ桜が咲き始めました。
例年3月末に満開になりますが、2020年の今年は暖冬のせいかかなり早く咲きました。
1本の大木に見える桜ですが実は2本あるのです。

7.JPG
このお庭には、飛石のある細い路地を通って行くのですが、路地を抜けた途端に目の前にお庭が広がり、桜が目に飛び込んできます。
初めて来た夫も「おぉ~!」と感嘆の声をあげていました。

4.JPG
かわいらしくて、まるで「舞子さんのかんざし」のような桜です。
ソメイヨシノよりも小振りで可憐な桜です。
実家にもしだれ桜がありますが、それよりも小さく淡い色をしています。

6.JPG
2月末の河津桜に山桜……と、岡山も桜が次々と咲き始めました。
ソメイヨシノの開花ももうすぐです。
4月末の八重桜の開花までの1ヵ月間、日本列島が桜の競演で彩られる季節がやってきました。

■曹源寺
・住所: 〒703-8271 岡山県岡山市中区円山1069
・電話番号: 086-277-8226(曹源寺)
・駐車場: 普通車10台
・時期: 桜:3月下旬~4月上旬、紅葉:11月中旬~12月上旬
・交通アクセス(車): 山陽自動車道岡山ICから約30分
・交通アクセス(公共): JR岡山駅から西大寺行きバス約20分、「曹源寺」下車、徒歩約5分







2020年3月25日
2020年3月18日
2020年3月11日
2020年3月 4日
2020年2月22日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集