海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/岡山特派員ブログ

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


1.JPG
王子ヶ岳から宇野港に戻る王子マリンロード430 沿いに玉比咩(たまひめ)神社があります。
万葉集にも読まれるくらい古い神社です。
ここに来た目的は、巨大な御神体のパワーをいただくためです。

2.JPG
まずは、鳥居をくぐりお参りをします。
昔はこのあたりまで入江だったそうで、舟で訪れる人もいたそうですよ。
祭神は豊玉姫命で竜宮城の乙姫様です。

3.JPG
拝殿の横には、神社の御守りの謂われがありました。
「お守り支綱」と言って、新造船が始めて海に進水する時に使われる"支え綱"を使った物らしいです。
なんで、そんなものをお守りにしたのかというと、進水式は人間にたとえると誕生にあたり
支え綱は"へその緒"に見立てられ、安産のお守りとして昔から珍重されていたそうです。
玉野市は造船の街で、現在は三井造船玉野営業所で進水式に使った支え綱を使っているそうです。

P8045190.JPG
末社の臥龍稲荷神社奥宮へ登っていくと海が見え、昔の入江の様子と造船で栄えていることがよくわかります。
今回はメッチャ暑かったので、途中まで.........。

4.JPG
そして、ジャーン!
こちらが御神体の「霊石」です。
この御神体もかつては、波に洗われていたといいますから、舟で来られたのも納得です。
橋を渡り、ペトッと触れてみました。

5.JPG
ある意味、これも絶景ではないでしょうか。
脇に石の由来が書かれています。
ざっくりと解説すると
ある夜、この岩から3つの火の玉が飛び出し、玉比咩神社の背後の山、臥龍稲荷神社奥宮へひとつ
西大寺は「はだか祭り」で有名な西大寺観音院霊場、最後の一つは牛窓へ
そんな聖なる地に火の玉が飛んでいったということから
この御神体が、きわめて神聖なものとして伝承されているみたいです。

さてさて、どんなパワーがいただけたのかな?

住所 〒706-0012 玉野市玉5-1-17
URL http://tamanokankou.com/kankou/tamahime.htm
アクセス 瀬戸中央自動車道児島ICから約35分



2019年9月18日

1.JPG
前回アップした王子ヶ岳の登山口には帆風という白亜のレストランがあります。
海沿いを走る「王子マリンロード」の王子ヶ岳の登山口のバス停前で
登山者用の駐車場も両側にあるので、わかりやすい場所です。

2.JPG
レストランの敷地内から王子ヶ岳を見上げると、見事なまでの巨岩の塊の山でしょう。
たまには、この登山口からエッチラオッチラ登るのも面白そうです。

3.JPG
レストランの入口に立っただけで「いらっしゃいませ~!」と、ドアが開きます。
こういうの、大切にしてもらっている感があって嬉しいです。♪
店内も爽やかなインテリアで清々しい~。

4.JPG
私の創作ランチ(1,800円)がやって来ました。
季節の前菜が6種あります。どれも美味しいです。

5.JPG
夫の頼んだ帆風御膳(1,800円)です。
季節の小鉢が9種類入っています。
夫はこういう松花堂弁当のようなのが好きみたい。

6.JPG
ハマチとイカのお造りに、奥は天ぷらと蒸し物。
写真はないけど、じゃこ御飯とお味噌汁もありました。

7.JPG
創作ランチのスープは、パンプキンのポタージュで、クルトンではなく、材料の一部を
浮き実にしているのが、ひとつ、ひとつの味が濃くて、新鮮でした。

8.JPG
本日のメインプレートは、ポークの木の子ソース。
ボリュームのあるポークをコクのあるソースで頂きました。
あ、このランチはお箸で頂くようになっていて、ライスもコロンとしたお茶椀で出てきました。

9.JPG
雲丹のフランです。
これが食べたくてこの創作ランチを頼んだんです。
フランというから、デザートかと思っていましたが、洋風の茶碗蒸のようでした。
雲丹の香りも濃厚で、とっても美味しくて…満足でした~。 (#^^#)

10.JPG
デザートとドリンク
シャーベットは小さかったけど、とっても美味しくて、
もっと、食べた~い!
黒豆のロールケーキも美味でした。

11.JPG
この日は、生憎の雨模様だったけど、晴れた日にはこのテラスから瀬戸内の海と島影を楽しむのもご馳走です。
このレストランは2階もあるので窓辺の席からは、電線に遮られることなく大パノラマが楽しめると思います。


海辺の創作レストラン  ~帆風~
ランチタイム・・・・11:30~15:30(14:00ラストオーダー)
ディナータイム・・・17:30~22:00(21:00ラストオーダー)
※最終入店時間は20:30
電話番号 086-477-5689
定休日  毎週水曜日(水曜日が祭日の場合は木曜日が休み)
住 所 倉敷市児島唐琴町1421-1
URL http://r.goope.jp/hokaze





2019年9月11日

6.JPG
こんにちは~。
今月も先月に引き続き玉野市をご紹介します。
瀬戸内国際芸術祭の「あつまる夏」が終わり、9月25日の「ひろがる秋」の開催まで
ちょっと、ひと休みの9月です。
前回の王子マリンロード430 から王子が岳へ登ります。
王子が岳の駐車場に車を停め、遊歩道を歩くと眼下に瀬戸内海が広がります。
玉野からこの辺りはゴツゴツとした岩肌の出た山が多く見られ「奇岩の名所」と言われています。
岩ひとつ、ひとつに名前もついているらしく

12.JPG
いちばんよく目立つこの岩は”ニコニコ岩”といいます。
奇岩や仏画めぐりも楽しいのでしょうが、何しろ暑いので休憩です。

7.JPG
しばらく来ないうちに「belk」という、小洒落たカフェができていました。
一面ガラス張りになっていて、どの席からも海と奇岩の絶景を楽しむことができそうです。
「ジュース、ジュース!」とはしゃぐ夫の後ろを、尻尾を振ってついて行く妻です。

8.JPG
入口のカウンターで、「サイダー(350円)」と「自家製レモンスカッシュ(450円)」を注文をして席につきます。
「はちみつバタートースト(350円)」や「バナナシフォンケーキ(450円)」も美味しそうでした。

9.JPG
自家製レモンスカッシュです。
喉ごし爽やかですが、もう少しレモンが効いていてもいいくらい。

10.JPG
夫のオーダーしたサイダー。
瓶には”三ツ矢サイダー”の刻印があるのに、レトロなラベルは”毎日サイダー”となっています。
(どういうこと? 岡山特派員としてはきになります。)
聞いたことがないけど玉野市築港の飲料メーカーみたいでした。
飲ませてもらったけど、ほんのりと甘いハチミツが美味しくて、サイダーのほうが好みです。

11.JPG
この日は冷房を効かしていなかったので、風通しがよく眺めも良い窓際に人気が集まり
中央の大きなテーブルはガランとしていました。
建物の躯体はコンクリートですが、インテリアは木を使い
雰囲気も良く居心地のいいカフェです。

13.JPG
カフェを出て、山頂を目指して歩きます。
途中に廃墟となったホテルが見えました。
環境庁が建設し、それを玉野市の出資する第三セクターが買い取り
豪華な地中海風リゾートホテルになるはずでしたが…
バブル経済崩壊の影響を受け完成のメドもたたないまま30年間!
放置されたままです。  _:(´ཀ`」 ∠):_

14.JPG
さらに登ると、山頂が見えてきました。

15.JPG
標高234㍍からの展望は素晴らしいのですが、ちょっと、モヤッています。
王子が岳は児島半島の玉野市と倉敷市児島の境に位置する山で、ナビでの住所は「岡山県倉敷市児島唐琴町7」となります。
今回は車で上がりましたが、登山道も整備され手軽なハイキングとしても楽しめます。
いくつかの登山道があり、30分ほどで山頂に着くと聞いています。
涼しくなったらハイキングを楽しみに訪れてみたいと思います。




2019年9月 5日
2019年8月28日
2019年8月21日
2019年8月14日
2019年8月 3日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集