海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/岡山特派員ブログ

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

1.JPG




岡山特派員のmamiです。岡山後楽園界隈をご案内していますが
後楽園から南に見えるのが岡山城です。

漆黒で塗られた下見板が光に照らされ
「カラスの濡れ羽色」に似ているところから「烏城(うじょう)」とも呼ばれます。
また、上の写真のように金の鯱や瓦に金箔が押されていたことから
「金烏城」の別名もあったと聞きます。

築城は関が原の合戦前で、宇喜多秀家の時です。
この時期に築造された天守閣は数えるほどしかなく
最も古い望楼方天守閣になるそうで
太平洋戦争の最中、B29の爆撃を受け
燃え落ちるまでは国宝だったということはを
岡山市民でも知らない人が多くなっています。

今日はこの岡山城をご案内しましょう。


2.JPG

岡山城は宇喜多秀家が築城し「岡山」という丘の上に建っています。
それが岡山という地名の由来といいます。
本丸御殿を守る最も内側のお堀です。
石垣は当時の城郭の姿をとどめています。
おそらく野面積みだと思います。


3.JPG

目安橋を渡り本丸に迫ります。
この先の「内下馬門(うちげばもん)」の石垣には
藩の威光や大名の権力を示すため高さ4.1㍍、幅3.4㍍の巨石を
石垣に用いていますが不覚にも写真を撮り損ねていました。


4.JPG

入場してすぐの石垣、下の段です。
小早川秀秋が築き、池田利隆が大幅に改修した石垣で
徐々に勾配が強くなっています。
この上には敵を待ち受けるための城内最大の櫓である
三層の「大納戸櫓」が聳え建っていました。
この大手筋が正規の登城路なので石垣も高く警備も堅そうです。


5.JPG

歴史学者の磯田道史氏は備前岡山藩の支藩、備中鴨方藩重臣の家系で
先月のフォーラムでは岡山市長に「御殿の再建」を話されていましたが
私としては、ついでにこの「大納戸櫓」も再建して欲しいなぁ。
と、思っています。


6.JPG

仕切り塀と高石垣が続く大手筋を通り「供腰掛」に突き当たると
左手に中の段に登る石段があります。
この階段の踊り場にはかつて扉の表面に鉄板を貼った
「鉄門(くろがねもん)」があったそうです。


7.JPG

櫓付の不明門(あかずもん)が見えてきました。ここからが中の段です。
ここから先の最上段の本段は城主の私邸であり、普段は閉まっていたため
こんな名前がついたようです。

中の段には、藩政を司った表書院などがありましたが
中段から先は次回のご案内とさせていただきますね。



2017年12月17日

1.JPG


こんにちは!岡山特派員のmamiです。
先週は岡山後楽園をご紹介しましたが
後楽園は内外の観光客だけではなく市民にとっても憩いの場所です。


2.JPG

この日は雨にも関わらずあちらこちらで
結婚式の前撮りの撮影が行われていました。

この「中の島」は、お二人の背後に岡山城が聳え立ち
観光客にも人気のある撮影スポットです。


3.JPG

訪れた日の11月22日は「いい夫婦の日」ということで
紅葉が見ごろの後楽園を舞台に
メモリアルフォトを撮影しているのでした。

大名庭園といっても、できた当初から後楽園は
許しがあれば領民も入ることができ
藩主・池田綱政自ら能を舞って見せたりしていたそうです。

300年たった現代もこのように市民が後楽園を楽しんでいる姿を知れば
池田のお殿様も感慨深いのではないのでしょうか。


4.JPG

おっと、こちらでも!
と、このカップルは実は私の姪っ子で (#^.^#)
私がこの日、ここ後楽園に来たのも彼女の撮影があったからです。


5.JPG

観光客の方からは口々に「おめでとうございます!」
「お幸せに!」と声がかかり
海外の方は着物姿の日本人が珍しいのか
(日本に来ても着物を着た日本人に会うことは稀ですものね。)
何人もの方がカメラを向けて撮られていました。

人気撮影スポットでは順番待ちをするカップルも!
後楽園に滞在した2時間ほどの時間でも
10組くらいのカップルに出会いました。


7.JPG
冷たい雨が降る後楽園でしたが

園内は紅葉と新婚カップルで鮮やかに彩られていました。


2017年12月 4日

1.jpg


11月も下旬になると紅葉前線も南下し
県庁所在地の岡山市内も紅葉に彩られてきました。

岡山駅からアクセスもよく
近くゆったりと紅葉を堪能できるのが岡山後楽園でしょう。
日本三名園のひとつで約300年前に
岡山潘主池田綱政が作らせた大名庭園です。


2.JPG

広い園内は芝生地や、池、築山、いくつもの亭舎があり
歩きながら移り変わる景色を楽しむことができます。

あいにくの雨にもかかわらず多くの観光客が訪れる
岡山の人気観光地のひとつです。
上の写真の築山は「唯心山」と呼ばれ山腹にある建物が唯心堂です。
この上からは園内が見渡せるので絶えず観光客が上っていきます。
ちなみにここからの眺めはミシュラン2つ星に選ばれ
世界が認めた(?)絶景といわれていますよ。


3.JPG

千入の森(ちしおのもり)にはモミジが100本近くありますが
錦に彩られ、まさに絶景です。

千入(ちしお)とは”幾度も染める”という意味だそうで
日ごと深まる紅葉の移ろいを表しています。

例年の見ごろは12月上旬までといわれているので
まだ間に合いますよ!


4.JPG

曲水に散るモミジ。
風情がありますね。


5.JPG

木々の間から”寒翠細響軒”を臨みます。

どこから撮っても絵になる庭園ですが
戦時中は空襲で園内の多くの建物が戦災に逢い
戦後は進駐軍の宿舎となり
園内には25㍍プールが作られていたとか!
今では想像しがたい光景ですね。


6.JPG

園内にはいくつかの石碑が建てられています。
その中のひとつ、この石碑は”津田永忠遺蹟之碑”といい
永忠は藩の基盤整備に尽力し藩の財政も安定した後
この後楽園を4年の月日をかけ作り上げた人物です


PA071227.JPG



現在後楽園では「秋の幻想庭園」が11月26日まで開催中です。
明日25日の土曜日は着物で来園されると入場料が無料になります。
岡山城でも「秋の烏城桃源郷」が開催中です。

詳しくはこちらへ ⇒ 



・住所:〒703-8257 岡山市北区後楽園1-5

・連絡先:TEL:086-272-1148

・営業時間:17:00~20:30(入園は20:00まで)

・最寄りの駅:岡山駅


PA255412.JPG


JR岡山駅からこのバスに乗れば後楽園へ直通です。
運がよければ「スカイビューバス」という屋根を透明にした
町の景観が楽しめるバスに乗り合わせることもあるでしょう。
先月から運行が始まったばかりで私もまだ姿を見たことがありません。



2017年11月25日
2017年11月17日
2017年11月 9日
2017年11月 4日
2017年10月26日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都佐賀八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2東京3松前栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集