海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/岡山特派員ブログ

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

3.JPG


そろそろ紅葉の季節です。
 
今月は吉備中央町をご紹介していますが

この町の紅葉といえば「赤橋」がシンボルの宇甘渓でしょう。

春の山桜をはじめ、四季折々の自然が楽しめるスポットですが

秋の紅葉はいちばんの見どころでしょう。


6.JPG 
旭川の支流宇甘川の水辺の遊歩道を歩けば

川の流れに洗われた奇岩や川柳の歌碑を楽しめます。


1.JPG

写真の風景は前年の11月3日で色づき始めた頃でした。

まだ、遊歩道を彩る落葉の絨毯は見られなかったけど

中旬に入れば見ごろといわれています。


8.JPG

紅葉の期間中、「赤橋」周辺はライトアップもされるので

夜の景色も見所です。

毎週日曜日には青空市も開催されていますよ。

宇甘渓の周辺のインフォメーション
場  所 岡山県加賀郡吉備中央町下加茂
     ライトアッップ(11月上旬~下旬)見頃によって変わります
問合せ先 吉備中央町協働推進課 0866-54-1301
     吉備中央町HP

  


2017年10月19日

1.JPG

前回は「備前加茂大祭」をご紹介しましたが
今週は同じ吉備中央町にある「焼き屋」という
天然酵母を使ったパン屋さんをご紹介します。


2.jpg案内看板を見落とさないように進みます。
山の中にこのタイルの看板が最後の目印ですが

ここを曲がると


3.jpg車1台がやっと通れるほどの
雑木林に囲まれた地道を進めば現われる
まさに隠れ家のようなショップです。


4.JPG

中に入ると香ばしい匂いのパンたちが並んでいます。
どのパンも美味しいのですが
夫はカンパーニュとセサミブレッドがお気に入りのようで
必ず籠の中に入れています。


5.jpg

葡萄を発酵させた酵母でパンを焼いていると
奥様から聞いていましたが
あの「ル・ヴァン」で経験を積まれていることを雑誌で知りました。
まだ、食べたことはないけど
「ル・ヴァン」とは日本で天然酵母パンを作った
草分け的なお店です。


6.JPG

ショップの真ん中にドーンとある石釜は
開業前にご主人と奥様、お二人だけで作られたそうです。
上には煙突がありSLのような風貌です。


7.JPG

今日の収穫(?)です。
初めてスコーンも買ってみました。
カンパーニュ以外はどれも200円~300円台でした。
ここのパンたちは、ずっしりと重いハード系で
噛み締めると酸味と旨味がわきあがってくる
味わい深いパンです。

カンパーニュや食パンは薄くスライスして
チーズやハム、季節の野菜を切ったり
オリーブオイルで炒めたものをテーブルに置き
セルフサンドイッチでいただきます。

「焼き屋」インフォメーション
所在地 吉備中央町上田西2025-2
T E L 0867-34-1564
営業時間 11:00~17:00
定休日  火・水曜日



2017年10月12日

初めまして!
地球の歩き方岡山特派員として、今回から活動をさせていただきますmamiです。
よろしくお願いいたします。


ガイドブックには載っていない岡山の魅力ある情報をたくさん発信できたらいいなぁと思っています。


さて、秋といえば「祭り」です。岡山県で最も歴史のある祭りのひとつであり県下三大祭のひとつに数えられる「備前加茂大祭」をご紹介しましょう。今年は10月15日(日)に開催されます。

okayama1.jpg

加茂大祭は全国でも珍しい奇宮祭という形式で行われます。
奇宮祭とは地域にある複数の神社が集まり合同で祭りを行うことです。


加茂大祭に集合する神社は、鴨神社、松尾神社、化気神社、素盞鳴神社、日吉神社、八幡宮、三所神社、天計神社の八社です。


総社宮には、未明から加茂郷八社の8基の神輿が集まり、この総社宮を合わせた9つの神社で大祭を行います。
遠い神社では真夜中の2時に総社宮に向けて出発するそうです。


7時から「お入り」と呼ばれる各神社のお神輿行列が総社宮に入る儀式が始まります。「お入り」が行われている最中は観光客が境内へ入ることはできないので要注意です。

okayama2.jpg

「お遊び行事」の奉納です。
「お遊び」といっても神事のひとつです。薙刀を豪快に振り回すたびに歓声が上がります。

okayama3.jpg

「棒使い」の奉納
棒術のように激しく打ち合うものではなくお囃子にあわせて、ゆっくり打ち合う「舞い」のようなものなので子ども達も参加しています。

okayama5.jpg

獅子の高さを競い合う「継ぎ獅子」。
獅子頭を持った人が獅子の身体になった人の肩に乗り高さを出しています。

okayama6.jpg

クライマックスはお囃子や獅子を先頭にした「御神幸」です。
この「加茂大祭」では法被姿だけではなく紋付羽織、袴の正装で参加している人が多く見受けられます。
それだけ、大切に守り伝えられている大祭だと思います。

okayama7.jpg

「御神幸御供えの儀」
仮宮殿から金色の8基の御神輿が外に出され砂埃を巻き上げながら、勢いよく境内を練り歩きます。

okayama8.jpg

そして、8基の神輿が横一列に並び、担ぎ手の雄叫びとともに持ち上げられ、数分間の停止。荘厳な眺めで会場は盛り上がります。この祭りの中でいちばんの見どころではないでしょうか。


一連の奉納行事が終わると神輿は鎮座していた建物に戻り、順次、総社宮を後に各神社へと戻っていきます。


平安時代後期、疫病退散を祈願したのが、この祭りの起源と伝わり、その伝統は今なお受け継がれています。
笛や太鼓が町中に鳴り響き、雅やかで勇壮な一大絵巻のような祭りです。

【スポット情報】
「備前加茂大祭」インフォメーション
日時:10月15日(日)7:00~15:00
開催場所:総社宮 吉備中央町加茂市場
駐車場:30台 周辺に臨時駐車場あり(場所によってはシャトルバスもあり)
電話:0866-54-1301(吉備中央町協働推進課)


2017年10月 5日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南三陸・宮城南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集