海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/岡山特派員ブログ

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

1.JPG
前回より牛窓新八景をご紹介していますが2番目にやってきたのが「蓬崎」です。
今はペンション村の岬地区のことでした。

4.JPG
ペンション村入口の看板。

2.JPG
新八景の、お約束の看板もありました。

3.JPG
今川了俊の歌碑
今川了は南北朝時代の武将で武人ながら、冷泉歌学の伝統を守り
歌論書、連歌学書、紀行文、故実書など多くの著作を残し
九州探題の職につき九州を統治していた人だそうです。
古くからの港町だった牛窓で、九州へ行く途中、風待ちをしているときにこの岬で詠んだのかな?

5.JPG
ここから見下ろす瀬戸の海と島も良い眺めです!
電柱が無かったらもっと開放感のあるロケーションでしょうね。

この通りには、以前泊まったペンション「クロワッサン」があったのですが
"RVパーク"として移転していました。
残念!お食事が美味しかったんだけどなぁ。

8.JPG
ワンちゃんと泊まれるペンションもありましたよ。
「モッキングバード」です。
口コミ評価も高いのでわが家の愛犬ハッピーを連れてお泊まりもいいなぁ。

10.JPG
ここから県道に出て牛窓オリーブ園の方へ車を走らせると
新牛窓八景の「阿弥陀ヶ峰」に到着です。

11.JPG
阿弥陀ヶ峰は知る人ぞ知る「牛窓 ミティリニ広場」のことでした!

12.JPG
阿弥陀ヶ峰から眺める瀬戸内海には「黒島」「中ノ小島」「端ノ小島」が見えます。
この3つの島は干潮になると砂州でつながりその姿を「ヴィーナスロード」と呼んでいますが、この景色も牛窓新八景のひとつです。
牛窓新八景では古くからの名称のまま「砂の浮き橋」と呼んでいます。


P7192244.JPG
撮影日は違いますが、「砂の浮き橋」となった姿です。
あと、1時間早く到着していれば完璧につながっていたんですけどね~。
砂の浮き橋や黒島へは、無人島なのでホテルリマーニのツアーを利用すると便利です。
ヴィーナスロード → 
黒島ビーチツアー → 
黒島でのSUP体験 → 

P1260292.JPG
右に目を移すと先ほど前回ご紹介した「蓬崎」の岬が見えます。
岬の先端からチョコっと見えるのが灯台です。

更にその奥の煙突が見える島が犬島。
ここは高い煙突を持つ銅の製錬所跡が島のシンボルとなっていて、遠くからもかすかに臨めます。
製錬所跡はTVドラマ「西部警察」の最終回で大門が殉職した場所ということで
美術館となった今でもロケ地巡りをする人が少なくありません。



2020年8月 8日

P1260252.JPG
Go To キャンペーンが始まり梅雨もあけましたが、7月中旬から岡山県では春以上に感染者が増えています。
思うように県外へ出かけることができない夏ですが、新型コロナウイルスが収束したらぜひ訪れてほしい場所を紹介していきたいと思います。

瀬戸内市牛窓には、「新牛窓八景」なるものがあります。
もともと、昔から牛窓八景というものが昔からありましたが海の埋め立てや造成工事で無くなった場所もあり、新たに新牛窓八景という場所を選定したそうです。

まず、最初は「矢寄ヶ浜」です。地元では「西脇海水浴場」と呼ばれています。
映画のロケ地としても使われたことがあるというのもうなずける絵になる場所です。

P1260251.JPG
海水浴場としては数年前に閉鎖になってしまいましたが、有料シャワーを備えたカフェやグランピング施設が営業していました。
市が管理をしなくなっても海を楽しむ人々は季節を問わずいるのでしょう。
遠浅の砂浜でSUPやウインドサーフィンの海岸としても有名です。

P1260254.JPG
路線バスのバス停があったので時刻表をのぞいてみたら往復で1日5便しかないのね~。
ここはほかの新八景から少し離れているので、おすすめはレンタカーです。

P1260391.JPG
新八景の場所には、この浮き輪型の看板が必ずあります。
「矢寄ヶ浜」という名は、源平合戦で使われた弓矢がこの浜辺に漂着したことから名づけられたといわれる古い呼び名でした。

P1260255.JPG
矢寄ヶ浜から次の新八景へ行く途中夫が「何じゃ、こりゃ~?」と奇声をを発します。

ん? 私、どこかで見たことあるぞ~?…しばらくして思い出しました!
すっごく昔に、仕事でこの建物の建築パースを描いたことがありました~。

牛窓に建つとは聞いていたけれど場所も建ったことさえ知りませんでした。

P1260257.JPG
さらに車を進めると「あんなところに養殖場があるで」とカーブを回った先を指す夫。
う~ん、あの水の中の建物にも見覚えがあります!
運転免許を取ったばかりの頃、風光明媚なこのあたりをドライブするのが好きで、よく見かけていたバンガローじゃありませんか!
当時は木陰の中に建物が見え隠れするようなたたずまいだったと思います。

昔はちょっとしたリゾート地で、広大な敷地にテニスコートやプールなどがあったと思います。
白骨化したような木々には鳥の巣があり、野鳥も多くいました。
今は鳥たちのリゾート地のようです。
Googleマップを見るとそこにはしっかりと「Gファーム(水没ペンション村)」と書かれていました。
帰ってから調べてみると、ここは干拓地で、もともと大量の水があった場所に仕切りを作り、排水をすることで敷地を作っていたそうです。
しかし、ペンションの廃業にともない排水システムが停止し、水が戻り敷地全体が水没したと書かれていました。


・住所: 〒701-4303 岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍
・電話番号: 0869-34-9500(瀬戸内市観光協会)
・交通アクセス: (車)岡山ブルーライン邑久ICから約20分/(公共)JR邑久駅からタクシー約25分
・駐車場: あり
・付帯施設: 海沿いにカフェ、SUPレンタル、グランピング施設











2020年8月 1日

5.JPG
ご紹介している牛窓オリーブ園のオリーブショップの2階には絶景カフェがあります。
瀬戸内市邑久町にある「キノシタショウテン」が運営するカフェのひとつで、コーヒーを飲みながら瀬戸内の海の満ち引きや風景がゆっくりと楽しめます。

6.JPG
私が初めて行ったときはメニューはコーヒーだけだったと記憶していましたが(あ! もちろんジュースなどもあります)。
何度か訪れているうちに増えてきました。
メニュー → 

「どんな味が好みですか?」とバリスタに訊ねられ、それぞれ自分の好みを伝えると豆の種類や抽出方法を提案してくれます。
そのバリスタとの会話も楽しく自分だけのオーダーメイド珈琲といった感じです。

7.JPG
座ったカウンターの目の前にはおいしそうなスイーツが並んでいます。
珈琲を待つ間に、ひとつ、ふたつ……と売れていくので、

8.JPG
思わず、ひとつ get。
出されたお皿に見覚えがあると思ったら、わが家でも使っている”Semi-Aco”の加賀雅之氏の木のお皿でした。
岡山県の上山という山の奥で木工品を作っている方です。
大量生産でもなく高価な一点物でもない大切に手入れをして使えば一生モノの魅力的な器を作っています。

10.JPG
オーダーした珈琲が備前焼のカップに入ってやってきました。
後味のすっきりした珈琲をお願いしました。

12.JPG
一緒に渡してくれたカードには、オーダーした内容で選んでくれた豆のデータが書いてあります。
「次はこのカードを持って来れば同じものが飲めます?」と、聞いたら、
「同じ豆があったら大丈夫です」と。

13.JPG
夫のオーダーした珈琲もきました。
同じ珈琲とはいえ、飲み比べてみるとまったく違う味!
おいしいのはもちろんですが、私の珈琲はさっぱりした軽い口当たりで
夫の珈琲は深煎りでガツンッとした感じ
豆の種類、焙煎のしかた、抽出方法、淹れ方で星の数ほどの味が楽しめそうです。

1575942954132.jpg
別の日に友達と訪れたよきにはカフェラテをオーダーしました。
同じタルトもこの日は備前焼のお皿に入れてくれました。
備前焼の緋襷きがアクセントですね。
ここに来ると必ずこのタルトをいただきます。 ٩(ˊᗜˋ*)و

11.JPG
店内には備前焼のカップやグラスが整然と並んでいます。

9.JPG
カウンターのなかにはマシーンを中心にピカピカに手入れされた道具が並び
バリスタの所作も茶道のように無駄のない動きで惚れ惚れします。

ちょっとだけ、珈琲の奥深さに首を突っ込んだ気分になるお店でした~。

・場所: 牛窓オリーブ園オリーブショップ2階
・営業時間: 10:00~17:00 (6月~8月は、10:00~18:00)
※オリーブショップの営業に準ずる
・電話: 0869-34-2370
・URL: http://nippon-olive.info/mall/cafe/






2020年7月18日
2020年7月11日
2020年7月 4日
2020年7月 1日
2020年6月17日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集