海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/岡山特派員ブログ

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


1.JPG
蓮が美しく咲く季節になりました。
今日は岡山市内の高松城趾にある歴史公園の「宗治蓮」をご紹介します。
備中高松城は戦国時代、羽柴秀吉の「水攻め」によって滅んでしまったお城です。

2.JPG
もともと、沼を掘りにして建てられていた高松城です。
城の周囲を堤防で囲まれ、梅雨で増水した足守川の水が流されたら
ひとたまりもありませんでした。

3.JPG
もともと、この沼には蓮があり、歴史公園として沼を復元したら
自然に蓮が生えてきたそうです。
四百年もの間、静かに土の中に眠っていた蓮の種が再び、地上で花を咲かせるなんてロマンチックですね。

4.JPG
かつて、お城の周囲いっぱいに咲いていた蓮が
令和の今年も咲き、私たちの目を楽しませてくれています。

14.JPG
駐車場に、こんな表示がありました。
秀吉の軍が作った堤防の高さと城の高さの対比がわかります。

6.JPG
蓮の花が咲くころは、同時に半夏生の群生も見られます。 

P7094044.JPG
名前の通り葉が半分白くなって化粧しているように見えます。

昨年は豪雨の影響で泥だらけの蓮池でしたが
今年は多くの蓮が咲いています。


住所 岡山市北区高松558-2
アクセス JR吉備線(桃太郎線)備中高松駅下車、徒歩10分<
br>



2019年7月11日

1.jpg
国道53号線下神目付近にある志呂神社は
境内の清々しい気と、季節の植物
そして鉄道写真好きの夫の穴場スポットなのでよく行いきます。

713年から弓削の庄の総社神として鎮座しているというから、今年で1306年。
奈良の都と同じくらいの社歴がある神社です。


2.jpg
今の季節は、中腹の参道に
紫陽花が咲きほころんで、出迎えてくれます。
今年は咲くのが遅かったので写真を撮った時は、まだ咲き始めでした。


3.jpg
ここはブルーの紫陽花ばかりが咲いているのが特徴です。
緑の木立にブルーの紫陽花が爽やかです。


4.jpg
そして、この写真は前年のものですが、7月になっても見ごろは続きます。
下旬になると少しずつ水分が抜けてドライになっていきます。
ガクの色が一枚一枚微妙に違っています。
青味がかっていたり、緑が強かったりシミになっていたり。


5.jpg
この神社は、秋祭りに氏子から供献される神餞行事も有名です。
近くには武道竹内流の発祥の地があり、秋祭りに奉納される宮棒と称せられるお祓いの神事は
魑魅魍魎を祓い清める呪術です。





2019年7月 3日

1.JPG岡山の紫陽花をご紹介しています。
今日の紫陽花は「たけべの森のアジサイロード」です。
私はここの紫陽花がいちばん好きです。
ブルー系の紫陽花が多くムシムシした梅雨時も爽やかな気持ちになります。

2.JPGたけべの森の敷地内に入る前からズラーッと紫陽花が両側から迎えてくれます。
左の車窓に川が見え出すと川沿いに整備された遊歩道や
広場にも紫陽花が咲き乱れ散策も楽しめます。

ここに来たときは、いつも曇っているか大雨かです。
雨が降る日って、地球の上に住んでいるんだなってしみじみ感じます。

3.JPG以前は「たけべの森」の中にはリゾートホテルがあり
ダイニングから見えるお庭の風景がとても素敵でした。

P7170530.JPG
園内にも紫陽花はありますが、アジサイロードをドライブするだけでも
車窓から3500株の紫陽花が楽しめます。




2019年6月27日
2019年6月23日
2019年6月16日
2019年6月 9日
2019年5月31日
⇒すべての記事を見る

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集