海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > カルローズで「オムえびめし」

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年12月28日

カルローズで「オムえびめし」


カルローズで「オムえびめし」

PC136374.JPG


岡山特派員のmamiです。
今回も地球の歩き方の海外特派員であるUSAライス連合会 様とのコラボ企画をお届け。
カルローズ(カリフォルニア米)×日本国内特派員のご当地料理
ということで「えびめし」を応用した「オムえびめし」をご紹介します。
上の写真が「オムえびめし」です。
わが家ではこちらの方が人気があります。

それでは、レシピをご紹介しましょう。


材料と下ごしらえ ≪2人前≫


・カルローズ(カリフォルニア米) 1合(炊飯器で炊きます)

・海老 10匹(皮をむいて流水で洗った後、片栗粉を水に溶かして洗う)

・玉ねぎ 1玉(みじん切り)

・マッシュルーム 2こ(スライス)

・グリーンピース 適量(飾り用に10粒ほど残します)

・卵 4こ

・バター 30㌘(えびめし用)

・バター 20㌘(とろとろ卵用)

・デミグラスソース 25㏄
・ウスターソース 30㏄(デミグラスソースとウスターソースは混ぜておく)

・デミグラスソース 大さじ4(とろとろ卵用)

・カレーパウダー 少々(多いとドライカレーになってしまうのでわずかに)


6.JPG

まず、錦糸卵を散らす前の「えびめし」状態まで作ります。
ここまでの作り方は、前回の「えびめし」のページをご覧ください。
「岡山名物「えびめし」をカルローズ(カリフォルニア米)でコラボ!

そうそう、グリーンピースは最後の飾りに使うので10粒ほど残して下さいね。


1.JPG
5.卵2個(一人分)を割りほぐします。
6.温めたフライパンにバター 10㌘(一人分)を入れて卵液を流しいれ、かき混ぜながらとろとろにします。


PC136374.JPG
7.とろとろ卵をそのまま「えびめし」にのせデミグラスソース(一人分、大さじ2)をかけます。(好みにより増減してくださいね。)
8.残しておいたグリンピースを飾って出来上がりです。


4.JPG


さて、いただきま~す!
中からエビがゴロゴロと出てくるのが嬉しいメニューです。





PC136356.JPG







index.pngのサムネイル画像 本記事のメニューはカリフォルニア産のおコメ「カルローズ」を使用しています。
カルローズについては、コチラ↓をご覧ください。
■USAライス連合会 特派員ブログ
URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/usarice/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題
2017年12月28日
« 前の記事「岡山名物「えびめし」をカルローズ(カリフォルニア米)でコラボ!」へ
»次の記事「岡山での年末年始のイベントはここ!」 へ
岡山特派員 新着記事
庶民にも教育パパだった池田光政公 ~備前市閑谷~
紅葉が見頃の国宝旧閑谷学校 ~備前市閑谷~
四季折々の地元食材を使用したご備前カレー ~備前市香登~
人間国宝の器でお抹茶がいただけるFAN美術館 ~備前市穂浪~
備前焼の古里、伊部をお散歩その2 ~備前市伊部~
備前焼の古里、伊部をお散歩 その1 ~備前市伊部~
岡山に来たら備前焼をお土産に ~備前市伊部~
小樽から青の洞窟へ! 小樽乗物紀行

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集