海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 長船刀匠の霊を供養する備前・刀工菩提寺 ~瀬戸内市...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年11月 1日

長船刀匠の霊を供養する備前・刀工菩提寺 ~瀬戸内市長船町~


長船刀匠の霊を供養する備前・刀工菩提寺 ~瀬戸内市長船町~


1.JPG


長船は、古来から名刀の産地として知られ、数多くの名工を輩出してきました。
ここは、古くから備前長船の刀匠の霊を供養してきた菩提寺です。


2.JPG


正確には「西方寺慈眼院」といいます。
奈良時代、唐僧鑑真の創建と伝えられる1300年の歴史ある寺院で
本尊は阿弥陀如来、脇侍は観音菩薩・勢至菩薩となるそうです。


3.JPG


本堂です。
寺の歴史は天平時代からですが、建物の建立は名にし負う刀匠
横山上野大掾祐定という説もあります。


4.JPG


本堂を振り返ると半鐘があります。
明治20年に先祖代々の菩提のため、刀匠・横山元之進祐定(すけさだ)寄進の梵鐘です。
元之進祐定は、備前長船の流れをくむ第60代祐定、最後の刀匠です。

『備陽国志』によると戦国時代、水運の大動脈だった吉井川で大洪水がありました。
戦に明け暮れた戦国時代は、大量の刀剣のニーズがあり、長船は刀剣の一大産業で栄え
いくつもある大きな工房は、刀匠だけでなく、砥師、鞘師、塗師など数多くの専門分野に別れ
分業体制で刀を作り、大量生産が行われていました。
しかし、この洪水で多数の工房が濁流に呑まれ流されてしまいます。
しかも、このような水害が2度も起こり備前長船・福岡の刀剣工房は壊滅してしまうのでした。


5.JPG


しかし、この大災害の中から立ち上がったのが横山藤四郎祐定です。
かつては、武田信玄や織田信長にも招かれて刀を鍛えたという祐定一派の名誉のため、見事復興させ
小早川秀秋より藩鍛冶に召し抱えられた人物です。
藤四郎には4人の男子がいて、それぞれが祐定を名乗り、一門は大いに繁栄し
祐定の名は代々、江戸、明治、大正、昭和と引き継がれますが
昭和4年第60代祐定、横山元之進が亡くなると、息子も若くして亡くなっていたため血族は途絶えてしまいます。


この鐘は、南北朝時代の永徳4(1384)年の作で大きさは、全高93.9cm、口径53.9cm、 竜頭高18.2cm。
池の間には、筑前国(福岡県)筑紫宮へ納めるために作られたことを記す刻銘、防州(山口県) の寺に買い取られたことを記す刻銘、祐定が寄進したことを記す刻銘、また、鏡の内面には、 この鐘が当寺に納まるまでの四種類の刻銘が記されている。
寄進者の刀匠元之進祐定の故郷における事蹟を記す鐘として、重要な資料となっている。

          瀬戸内市教育委員会(現地案内板)



6.JPG


大洪水以前の歴代刀匠の墓地は現在ではわからないため
境内に刀匠のための供養塔があり、毎年刀匠慰霊祭が行われています。
境内には、刀匠横山上野大掾祐定のお墓もありました。



PA282181.JPG
慈眼院から東へ歩くと住宅街の一角に造剣之古跡碑が建っています。
大正14年に横山元之進祐定が史跡保存のため私財を投じて建立した碑だそうです。
あの半鐘を寄進した祐定さんです。
刻まれた文字は後に第29代内閣総理大臣を務めた、岡山出身の政治家・犬養毅の筆跡によるもので
碑の高さは5㍍、刀の切っ先を空に向け建てられています。
大正時代には、日本刀の需要はほとんど無くなり、この年、横山元之進祐定は刀匠を廃業したのでした。

ところが、平成の現代、長船の刀鍛冶は今も槌音を響かせています。
それは昭和に入り日本軍がサーベルから日本刀様式の軍刀に変わり需要が出てきたため
戦時中に復活したものが続いているそうです。
現代は居合刀として武道具として、また美術工芸品として日本刀の作刀を、さまざまな形で現代に伝えています。


名 称   宝城山西方寺慈眼院ー古跡備前長船刀匠菩提寺ー
所在地   〒701-4271 瀬戸内市長船町長船
TEL     0869-22-3953 長船市観光協会

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2018年11月 1日
« 前の記事「足利尊氏ゆかりの靱負(ゆきえ)神社・天王社刀剣の森 ~瀬戸内市長船町~」へ
»次の記事「福岡一文字派と国宝・備前刀「山鳥毛」 ~瀬戸内市長船町~」 へ
おすすめ記事
岡山特派員 新着記事
おもてなしの町、矢掛町 ~小田郡矢掛町~
太宰府天満宮よりも御利益が?吉備真備公園の吉備大臣宮 ~小田郡矢掛町~
1日に4万個売れることもある蜂蜜ロールケーキ! ~小田郡矢掛町~
宿場町やかげ『流しびな』 ~小田郡矢掛町~
やかげの流しびな行列 ~小田郡矢掛町~
本陣と脇本陣が今も残る矢掛町 ~小田郡矢掛町~
「片鉄ロマン街道」天瀬駅から河本駅へ ~和気町~
家族で楽しむ鵜飼谷交通公園 ~和気町~
1年前の同じ月に投稿された記事
歴史が息づく「岡山後楽園」の紅葉 ―後楽園界隈―
キャンドル卓 渡邉邸 ―倉敷市美観地区―
倉敷屏風祭 ―倉敷市美観地区―
倉敷美観地区の風物詩「阿智神社秋季例大祭」 -倉敷美観地区-

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集