海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 天空の城、備中松山城へ ~高梁市街地~

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年12月19日

天空の城、備中松山城へ ~高梁市街地~


天空の城、備中松山城へ ~高梁市街地~

1.JPG 天守閣まで登ってきたら復元された「五の平櫓」を右手に石段を登り
チケットを買い、中に入ります。

3.JPG 天守の下を回りこむと奥に二重櫓がありました。
岩盤の上に石垣が組まれているのがよくわかります。
石段の上には「腕木御門」がちょっとだけ見え、門の屋根は木造本瓦葺の立派なものでした。

城の周りには紅い秋冥菊が咲いていましたが「備中兵乱」など
この城で亡くなった歴代藩主の怨念で、紅い秋冥菊しか咲かないと伝えられているそうです。

5.JPG 城の中に入ります。
天守閣の中はどこにカメラを向けても人の顔が入るので、天井や小屋組ばかり撮っていました。

この松山城に播州赤穂藩家老・大石内蔵助が在藩していたエピソードがあって
藩主水谷氏の跡継ぎがなく取り潰しとなった後、城受取りに赤穂藩主・浅野内匠守が任命され
その先発隊として内蔵助が松山城に入ったのでした。

数年後、主君の刃傷沙汰で浅野家も取り潰しとなり、内蔵助は逆に城を引き渡す側に立ちました。
その心中はいかばかりだったのでしょう?

4.JPG 中に入り珍しかったのがこの囲炉裏です。
天守閣の中で囲炉裏を見たのは初めてですが、標高が高いので
冬は火の気が欲しいほど寒かったのでしょうか。
それとも、籠城した時、煮炊きをするためにあったのでしょうか?

6.JPG 一段高い場所にある「装束の間」。
城が落城する時、城主が立てこもった間で、自害するための間でもあったそうです。

7.JPG 「装束の間」から見える二重櫓。

9.JPG
城を出てからも山に残された遺構を見てまわりながら下り
駐車場に戻ると4時半で、係りの方から
「そんなに長くいて見るところがあった?」と聞かれましたが
見どころいっぱいでした!
やっぱり、現存天守が残っていると迫力がありますね。

その後、車で少し離れた展望台へ向かいます。
夕方になり、ぼんやりしていましたが、天空の松山城を堪能しました。

余談ですが、今松山城でホットな話題が猫城主です。
西日本豪雨の後、備中松山城に住みついた猫ですが
一時行方不明となって関係者を心配させニュースにもなっていました。
先週、城のPRを担う「猫城主・さんじゅーろー」として就任したそうです。
名前は備中松山藩出身の新選組隊士・谷三十郎にちなんでいるそうです

私が登った時にはいなかったので写真はありませんが気になる方は
こちらのリンクをどうぞ~ → 



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2018年12月19日
« 前の記事「臥牛山へハイキング! ~高梁市街地~」へ
»次の記事「郷愁を誘う駄菓子屋さん ~高梁市街地~」 へ
おすすめ記事
岡山特派員 新着記事
おもてなしの町、矢掛町 ~小田郡矢掛町~
太宰府天満宮よりも御利益が?吉備真備公園の吉備大臣宮 ~小田郡矢掛町~
1日に4万個売れることもある蜂蜜ロールケーキ! ~小田郡矢掛町~
宿場町やかげ『流しびな』 ~小田郡矢掛町~
やかげの流しびな行列 ~小田郡矢掛町~
本陣と脇本陣が今も残る矢掛町 ~小田郡矢掛町~
「片鉄ロマン街道」天瀬駅から河本駅へ ~和気町~
家族で楽しむ鵜飼谷交通公園 ~和気町~
1年前の同じ月に投稿された記事
岡山での年末年始のイベントはここ!
カルローズで「オムえびめし」
岡山名物「えびめし」をカルローズ(カリフォルニア米)でコラボ!
岡山城がなかったら「石山県」だったかもしれない岡山県! ~後楽園界隈~
かつては国宝だった漆黒の城「岡山城」 ~後楽園界隈~
岡山後楽園の一年で一番熱い日!? ―後楽園界隈―

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都別府和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集