海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 「備前♥日生大橋」を渡って日生諸島へ~備前市日生町...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年2月 6日

「備前♥日生大橋」を渡って日生諸島へ~備前市日生町~


「備前♥日生大橋」を渡って日生諸島へ~備前市日生町~

d0295818_00371502.jpg
こんにちは~。岡山特派員のmamiです。
暖冬といわれていましたが2月に入るとめっきり寒い日が増えましたね。
寒くなるほど、牡蠣の美味しい季節です。今月は牡蠣の漁獲量が岡山で一番多い日生町(ひなせちょう)をご紹介します。日生町は、岡山県南東部に位置し、兵庫県と境を接し、平成の合併で備前市に入りました。
瀬戸内海に面し日生諸島があり、みかんの栽培や牡蠣の養殖の盛んな町です。

1.JPG
平成27年に日生から鹿久居島、頭島へと橋ができたのでドライブしてみました。♪

2.JPG
この形は斜張矯というのかな? 全長765mの橋です。

11.JPG
車窓からチラッと見えたこの橋の名は「備前♡日生大橋」。
橋の正式名称にハートマークが使われるのは前例がなく、開通当時は話題になりました。「ハート」マークの呼び方は特に決まってないそうで、好きなように呼んでいいみたいです。
備前と日生を結ぶ熱い思いと願いが込められて、一般公募によりこの名称に決定したそうです。

P2090427.JPG 日生諸島はみかんの栽培が盛んです。
鹿久居島の道端で600円で「みかん詰め放題」の看板を見つけました!

4.JPG
「さっき、産直市でみかんを買ったばかりなのに~」と呆れる夫にかまわず詰めます。
みかん、特別好きなわけじゃないけど、ただ買うよりも選べるというのが好きなんです。
夫も「傷があるみかんのほうが太陽にあたる外側に実をつけているから美味しいで。」とアドバイスをしてくれます。

P2090436.JPG
大きいのや小さいのを取り混ぜて詰めました。
規格外や傷だらけのみかんですが、600円で買った産直市のみかんより、たくさん入りました。
みかん狩りは12月いっぱいまでのようで、今は販売だけです。

8.JPG
車に戻ったら夫はすでにみかんを食べていました。
夫は一晩で10個くらい平気で食べるのでたくさんあっても1週間でなくなってしまいそうです。
私もさっそくいただきます。外が寒いから冷凍みかんのように冷たい!でもとっても甘くておいしい~。暖かい部屋で食べるみかんよりも、この冷た~い、みかんがいいのです。

7.JPG
鹿久居島から頭島大橋を渡り頭島へ。この島もみかん栽培の畑が多くあります。
頭島は鹿久居島よりも人口が多く、頭島の住民は橋の必要性を訴え続け、月額500円の架橋貯金を行うなどして、やっと架けられた橋です。


9.JPG
冬の海って色彩に乏しいと思っていたけれど、島から見ると海の色がきれい!
再び橋を渡り日生側に戻ります。

来月、令和2年3月15日(日)には、美しい瀬戸内海の絶景を走るコースが魅力の「備前♡日生大橋マラソン」が開催されます。残念ながら締め切りは過ぎたのですがふるさと納税でもエントリーができる大会のようでした。




住所: 〒701-3202 岡山県備前市日生町寒河~同市鹿久居島地内
電話番号: 0869-72-1919(備前観光協会)
交通アクセス(車): 岡山ブルーライン備前ICから約10分
交通アクセス(公共): JR日生駅から徒歩約10分






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2020年2月 6日
« 前の記事「四季を通じて楽しめる「曹源寺」 ~岡山市操山界隈~」へ
»次の記事「日生のStella cafeで牡蠣を堪能! ~備前市日生町~」 へ
岡山特派員 新着記事
泉源渓谷の滝めぐり ~旧上斎原村~
深緑の泉源(せんげん)渓谷 ~旧上斎原村~
岡山森林公園 ~旧上齋原村~
優美な女滝と豪快な男滝の「不動滝」~新庄村~(追記あり)
針も糸もハサミもいらない超簡単マスクと岡山後楽園の桜~後楽園界隈~
110年の歴史を伝える「がいせん桜」~新庄村~
奥迫川の桜(大山桜)~岡山市灘崎町~
曹源寺の枝垂桜が開花
1年前の同じ月に投稿された記事
家族で楽しむ鵜飼谷交通公園 ~和気町~
和気富士から観音山へ ~和気町~
和気富士登山へ ~和気町~
お手軽サイクリングを「片鉄ロマン街道」で! ~和気町~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集