海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 蟹取県の「三朝館」で温泉と蟹三昧 その2

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月18日

蟹取県の「三朝館」で温泉と蟹三昧 その2


蟹取県の「三朝館」で温泉と蟹三昧 その2


こんにちは~。岡山特派員のmamiです。
新型コロナウイルスの影響で岡山県内の春祭りや音楽祭など、ほとんどのイベントが中止になり取材先に苦慮し、前回から、4年間住んでいた鳥取県の温泉と松葉ガニをご紹介しています。


7.JPG
温泉からあがると辺りもすっかり暗くなり、ロビー前面に広がる「日本庭園」も雪あかりと館内の照明で浮き立って見えます。
庭園を囲むように建物が配置されているので、見る位置によって趣の異なる庭園の眺めを楽しむことができます。

6.JPG
粉砂糖のような雪景色の風情あるお庭が見られたのはラッキーかも。
初夏にはホタルも見られると聞きました。

9.JPG
個室料亭「宵待茶屋」へ向かう廊下です。
ここは廊下も畳敷きなので気持ちがよく、左右が庭園に挟まれているので情緒があります。

10.JPG
重森官途作庭の石庭です。父親の重森三玲氏は日本を代表する昭和の作庭家です。
重森三玲は岡山県出身で、京都の東福寺の方丈庭園が有名ですよね。
雪で白砂が見えないのがちょっと残念かな。

11.JPG
料亭の個室の前にも小さなお庭があり、贅沢な造りになっています。
建物の意匠が楽しめるのもこの料亭の魅力でしょう。

2.JPG
お部屋の広さは20畳近くもあり、4人で食事をするには、十分過ぎる広さです。
テーブルにはすでに前菜が並んでいます。

3.JPG
本日のお料理です。
今が旬の蟹を使った【活松葉蟹会席】を堪能します。♡

4.JPG
先付の香箱かにを前にして、鳥取特産の梨のワインで乾杯です。
スッキリとしておいしいワイン。
小さいながらもギュッと旨味がつまっている香箱かには大好きです。

5.JPG
お造りは「松葉がにのあらいと他三種」
お花も食用だったので「松葉がに」と書かれたものも食べられるのかと聞いてみたら、これが「タグ」というものでした。
ブランドタグつきの松葉がにがひとり1枚ついているそうです。
余談ですが、鳥取では蟹の数え方を1匹や1杯ではなく、1枚、2枚と数えるそうです。
タグつきの蟹は市場で2万円ほどのお値段がついているのを見たことがあります。
生前のお姿を拝みたかったわ~。

6.JPG
お次は「活松葉の炭火焼き」です。
温めたかに味噌をつけながらいただきますが。殻の中には身がぎっしりと詰まり食べ応え抜群!
これ、贅沢の極みだと思います。
飲み物もビールや地酒で堪能していましたが、リストの中に梨のスパークリングワインを見つけボトルで頼んでみました。
飲みやすくて香りも芳醇で、お土産に買って帰ればよかったとあとで後悔しました。

7.JPG
かにの天婦羅。
これは"活かに"ではないそうですが、文句なくおいしいです。

8.JPG
かにの身が入った茶碗蒸し。上品なお味でした。

9.JPG
活松葉のしゃぶしゃぶ~♡
このあたりになるとお腹もいっぱいになり
「天ぷらと茶碗蒸しはなくてもよかったね~」なんて、勝手な話をしています。
私は炭火焼きが気に入ったので、かに半分は焼いて食べました。♡

10.JPG
味わい深いお料理を堪能した後は〆の雑炊。
仲居さんったら、ひとり分のお鍋にご飯を2合もいれるので
「こんなの4人前も作っても、絶対に残すから2人前にして~。」
と、2人前にしてもらったけど、それでも残りました。

11.JPG
デザートは杏仁豆腐と小さなケーキ。

和の落ち着いた空間でおいしくいただいたお食事。
このお部屋からも庭園が眺められたら、なおよかったんだけどなあ。
外は冬がしんしんと降り積もり、三朝温泉の夜は更けていきます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2020年3月18日
« 前の記事「蟹取県の「三朝館」で温泉と蟹三昧 その1」へ
»次の記事「曹源寺の枝垂桜が開花」 へ
岡山特派員 新着記事
岩井滝は全国的にも珍しい裏見(うらみ)の滝 ~旧上斎原村~
泉源渓谷の滝めぐり ~旧上斎原村~
深緑の泉源(せんげん)渓谷 ~旧上斎原村~
岡山森林公園 ~旧上齋原村~
優美な女滝と豪快な男滝の「不動滝」~新庄村~(追記あり)
針も糸もハサミもいらない超簡単マスクと岡山後楽園の桜~後楽園界隈~
110年の歴史を伝える「がいせん桜」~新庄村~
奥迫川の桜(大山桜)~岡山市灘崎町~
1年前の同じ月に投稿された記事
宿場町やかげ『流しびな』 ~小田郡矢掛町~
やかげの流しびな行列 ~小田郡矢掛町~
本陣と脇本陣が今も残る矢掛町 ~小田郡矢掛町~
「片鉄ロマン街道」天瀬駅から河本駅へ ~和気町~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集