海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 深緑の泉源(せんげん)渓谷 ~旧上斎原村~

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月16日

深緑の泉源(せんげん)渓谷 ~旧上斎原村~


深緑の泉源(せんげん)渓谷 ~旧上斎原村~

1.JPG
こんにちは。岡山特派員のmamiです。39県で緊急事態宣言を解除されました。一人ひとりの行動で感染者が少なくなっていますが、まだまだ旅行へ出かけるという訳にはいきませんね。
今回も過去の写真で県北の初夏の様子をご紹介します。

岡山森林公園 から帰る途中、聞こえてくる水の音に気づき、車を停め羽出川を覗くと清流の流れる渓谷でした。
 
2.JPG
ここは吉井川の支流、羽出川の上流で、延長2kmに及ぶ「泉源渓谷」と看板にありました。
新緑と小鳥のさえずり、マイナスイオンに包まれとても気持ちのいい渓谷です。

3.JPG
花崗岩の侵食美がいたるところで見られ、コブシやナラの新芽が涼しげです。

4.JPG
このあたりが「蛇渕」だと思います。
右に唐松の滝が水飛沫をあげ、正面に小さな滝があります。

古い言い伝えでは、昔、大蛇が棲みつき、夜な夜な村の娘を襲い、娘を持つ親たちは毎日「立岩」に上り、娘の無事を祈っていました。
ある日、「立岩」の上に大天狗が現れ、親たちの願いを聞き、ある月夜、天狗は美しい娘に化けて渕へ出かけ、一撃で大蛇を倒したという話が伝えられています。

6.JPG
急流や滝によったできた甌穴も見られます。
甌穴は幾万年かの月日により、川床にある石を廻し、その摩擦によって凹ができ、穴が掘られ、さらにその穴に砂や石が入って渦を巻き、次第に大きくなり、窪んで壷状になったものです。

いろいろな奇岩が多く「龍の口」と名のついた岩もあります。

8.JPG
ここが、大天狗の現れた立岩です。
高さ12m、幅7m、長さ14mの独立した巨岩です。
昔、大鬼が袂(たもと)に、この岩を入れてとおりかかったところ、龍が出てきて、驚いて落としたものと伝えられています。
この岩の謂われもダイナミックですね。どれだけ大きな大鬼だったのでしょう!

清流と風が心地よく、1時間以上も夢中でシャッターをきっていました。
紅葉の時期にもう一度訪れたい場所です。新型コロナウイルスが収まったら皆さまもぜひ!


・住所: 〒708-0511 岡山県苫田郡鏡野町羽出
・電話番号: 0868-44-2111(鏡野町上齋原振興センター地域振興課)
・鏡野町公式ウェブサイト: https://www.kagamino.holiday/spot/entry-303.html
・交通アクセス: 中国自動車道院庄ICから約40分
・駐車場: なし





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年5月16日
« 前の記事「岡山森林公園 ~旧上齋原村~」へ
»次の記事「泉源渓谷の滝めぐり ~旧上斎原村~」 へ
岡山特派員 新着記事
岩井滝は全国的にも珍しい裏見(うらみ)の滝 ~旧上斎原村~
泉源渓谷の滝めぐり ~旧上斎原村~
深緑の泉源(せんげん)渓谷 ~旧上斎原村~
岡山森林公園 ~旧上齋原村~
優美な女滝と豪快な男滝の「不動滝」~新庄村~(追記あり)
針も糸もハサミもいらない超簡単マスクと岡山後楽園の桜~後楽園界隈~
110年の歴史を伝える「がいせん桜」~新庄村~
奥迫川の桜(大山桜)~岡山市灘崎町~
1年前の同じ月に投稿された記事
ベジタリアンにおススメ!古民家カフェ マルゴデリ 美咲町店 ~美咲町(旧中央町)~
棚田の蕎麦屋「紅そば亭」 ~美咲町(旧中央町)
「大垪和西」の棚田絶景スポット! ~美咲町~
「花鳥風月」でのお食事と矢掛屋さんを散策

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集