海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 岩井滝は全国的にも珍しい裏見(うらみ)の滝 ~旧上...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年5月29日

岩井滝は全国的にも珍しい裏見(うらみ)の滝 ~旧上斎原村~


岩井滝は全国的にも珍しい裏見(うらみ)の滝 ~旧上斎原村~

全国的に緊急事態宣言が解除されましたね。
中国地方は、2020年6月1日以降、中国5県以内では感染予防を心がけた上で県をまたいでの移動ができることになりました。
前回までは過去の写真で鏡野町の旧上斎原村エリアをご案内していましたが、県内の移動が自由になったので現在の上斎原へ行ってきた様子をレポします。
これから暑くなる季節には避暑におすすめのエリアですよ。

旧上斎原村は現在は合併により鏡野町となっていますが、東部は恩原高原で夏はキャンプ場、冬はスキー場と年間を通じて楽しめるレジャースポットです。
北西部にある人形峠には、国内でも稀なウラン鉱床がありますが、採算に合わないため採掘は行われておらず、現在は核燃料サイクル開発機構(現・日本原子力研究開発機構)人形峠環境技術センターが開設され研究が行われています。


1.JPG
久しぶりのドライブですが、このあたりは鳥取県との県境なので、細い旧道で道を間違え、鳥取県に入ってしまい、慌ててUターンするハプニングがありました。
 Σ(゚д゚lll)
さて、そして、やって来たのは岩井滝です。
パーキングには半分くらいのスペースがうまっていました。
滝へは遊歩道が整備されてあるので歩きやすいです。

2.jpg
植物は大きなシダと針葉樹が目立ちます。

3.JPG
「日本名水百選」のひとつ、こんこんと湧き出る石清水は、子宝に恵まれるという伝説が残っています。
大きなボトルを持って来て、水だけくんで帰って行く人もいます。
持参したボトルの中に水を汲むとクリスタルガラスのように輝き、冷たくてほんのり甘味を感じる喉ごしのいい水でした。

4.JPG
歩くこと400mほどで目指す滝が見えました!

5.JPG
開口一番 「しょぼ~」 っと夫。
そうねぇ、水量がグッと控えめで、以前見た水のカーテンの姿にはほど遠いです。
でも、少ないなりに趣はありますよ。

7.JPG
岩井滝は巨大な岩盤の下をとおり、滝のうしろに入ることのできる珍しい滝です。ここまで滝に近づくと豪雨の時のような水音で迫力があります。
ここは、さほど広い空間でもないので、「密」を避けるために通行止めになっていのではと危惧しましたが大丈夫でした。
ただ、このときここでカレーライスを食べている人たちがいたので、おいしそうな食欲をそそる匂いが充満していました。
  (((o(*゚▽゚*)o)))
"カレー"って人が食べているとなぜかメチャメチャ食べたくなるので、できればサンドイッチかおにぎりなどでお腹を満たして欲しいです~。 ( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

8.JPG
雲から太陽が顔をのぞかせると、垂水がキラキラとサンキャッチャーような輝きになります。
また、冬には滝が凍り圧巻の"氷瀑"が現れることでも有名と聞きますが、積雪は2mを超え道中の渓谷沿いの道も狭く、とても車を運転して来れるとは思えません。
ただ、冬になると安全性が確保された「岩井滝スノーシューハイク」というツアーがあるそうです。→

10.JPG
滝に裏側があるのは、安山岩が岩屋のように突き出しているからです。

9.jpg
滝からの飛沫による霧のような冷涼感は得られませんでしたが、藤が咲き季節がひと月くらい戻ったような県北の新緑の季節でした。
ちょっとずつ、日常がもどって来ているのがうれしいこの頃ですね。
第二波が来ないようマスク持参でお出かけをしたいと思います。


・住所: 〒708-0601 岡山県苫田郡鏡野町上齋原中津河
・電話番号: 0868-54-7655(鏡野町産業観光課)
・URL: https://www.kagamino.holiday/spot/entry-110.html
・交通アクセス: 中国自動車道院庄ICから約60分
・駐車場: 普通車30台、大型車3台
※冬季(12月下旬~4月上旬)は積雪のため、行くことができません








記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年5月29日
« 前の記事「泉源渓谷の滝めぐり ~旧上斎原村~」へ
»次の記事「日本の原風景のような「うたたねの里 いっぷく亭」でのランチ ~旧上斎原村~」 へ
岡山特派員 新着記事
溜川を臨む「割烹バル 京ひろ」 ~倉敷市玉島~
ノスタルジックな溜川の風景 ~倉敷市玉島~
ドラム缶でできた浮橋 ~倉敷市玉島~
国民宿舎良寛荘で「しのうどん」を ~倉敷市玉島~
若き良寛和尚が修行した「円通寺」 ~倉敷市玉島~
羽黒神社の御朱印を! ~倉敷市玉島~
レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~
日本最古の海水浴場「沙美海岸」 ~倉敷市玉島~ 
1年前の同じ月に投稿された記事
ベジタリアンにおススメ!古民家カフェ マルゴデリ 美咲町店 ~美咲町(旧中央町)~
棚田の蕎麦屋「紅そば亭」 ~美咲町(旧中央町)
「大垪和西」の棚田絶景スポット! ~美咲町~
「花鳥風月」でのお食事と矢掛屋さんを散策

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集