海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > リゾート気分でホテル リマーニの「ザ・テラス」でラ...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月 2日

リゾート気分でホテル リマーニの「ザ・テラス」でランチを堪能! ~瀬戸内市牛窓~


リゾート気分でホテル リマーニの「ザ・テラス」でランチを堪能! ~瀬戸内市牛窓~

1.JPG
牛窓にはおいしいお店がたくさんありますが、私のお気に入りはホテル リマーニの"ザ・テラス"での地中海料理のランチです。シェフはギリシャ・ロドス島出身の有能な方です。
ホテルは泊まったことはありませんがジムやスパもあり、ゆったりとしたリゾートタイムを過ごせそうです。
以前、このホテルからヨットクルージングを楽しんだときは、茜色の夕陽と夕映えに輝く海と雲、そして島々のシルエットが浮かぶ幻想的なマジックアワーを楽しみました。

2.JPG
満席だったのでプールサイドの見えるエントランスホールでしばらく待ちます。
ホテルのロビーは、天井が高く明るく開放的なインテリアです。

3.JPG
名前を呼ばれレストランに案内されます。
満席といっても使っていないテーブルもあったので、思った以上にゆったりとしていました。
ソーシャルディスタンスは問題ありません。
インテリアは大理石の床にロイヤルブルーとホワイトを基調とした爽やかな空間です。

4.JPG
レストランのエントラスには牛窓漁港で採れたばかりの魚介類が並んでいます。
すでに13時をまわり、空いているスペースもありましたが、新鮮な鯛やいわし、剣先イカ、舌平目が並んでいました。

5.JPG
最初にハーブのパンがやってきました。ハーブはローズマリーのような香りです。
ルバーブのジャムでいただきます。
席はオープンキッチンのすぐ近くだったので、テキパキと働くスタッフの動きもよく見えます。
ギリシャ人やアジア系のスタッフが多くて驚きました。
皆さん流暢な日本語を使い洗練された接客です。
クルーズ船の給仕陣みたい!(って乗ったことがないけど~。)

6.JPG
サマープラターランチ(2500円)がやってきました。盛りつけの美しさにうっとり~。
ワンプレートに魚介類と肉料理がのってボリューミーです。
お肉はチキンピカタでカレー風味、添えてある野菜は空芯菜のソテーでした。
魚介類の方は、ニシ貝の芳香パン粉焼き、エイのグリル、ベイカのマリネと地野菜の新鮮サラダです。
どの料理もオリーブオイルの芳醇な香りにハーブがよく効き、もう、おいしすぎます!

7.JPG
中でも一番気に入ったのが意外にもエイのグリル!
オーダーのときにエイと聞き、韓国料理の「ホンオフェ」を思い出しアンモニア臭がするのかな?と思っていましたがスッゴイ美味!
グリルですがエイの軟骨がコリコリとして、香ばしくレモンをかけると爽やかです。
あまりにもおいしかったので一緒に行った友人にも「絶品だから食べてみて~」とひと口押しつけました。
ただ、お皿が小さいのでてんこ盛り状態です。(笑)
この2倍の大きさがあれば、ゆったりと優雅にナイフを入れることができるのに~。

8.JPG
友人がオーダーした「フィッシャーマンズランチ」(3000円)です。
エントランスに並んだ魚介類の中から剣先イカを選び、調理方法は炭火焼きでの登場です。
アートのような盛りつけでよく見ると、2杯も出てきたのでビックリでした。
こちらもひと口いただきましたが香ばしくておいしかったですよ。

9.JPG
デザートは5種類の中から選ぶのですが、お腹がいっぱいで胃に優しいものを訊ねたら、このレモンケーキをすすめてくれました。
生クリームやムース、カスタード......それぞれの層にレモンが効き、酸味も微妙に違い大きさのわりにペロッと食べられちゃいました。
デザートは別腹と言いますものね~。
9月からは秋のメニューに変わり、12月からは牛窓の牡蠣を使った料理になるはずです。

10.JPG
帰ってから知った話ですが、このホテルは多国籍のスタッフが常駐し、14ヵ国語対応とか!
地方の小さなホテルなのに一流ホテル並みですね。

11.JPG
この日は偶然にも大潮で沖の「黒島」と「中ノ小島」など3つの島がつながり、牛窓新八景「砂の浮橋」が出現しました。
ホテルからも「砂の浮橋」へ上陸するクルーズ船が出向していましたよ。

12.JPG
帰りは向かいの蒲鉾屋さんでおみやげを買うのがおすすめです。
お客さんが途切れることがないほどの人気で、いままで食べた蒲鉾のなかで1、2を争うほどのおいしさです。

■ホテル リマーニ「ザ・テラス」
・住所: 〒701-4302 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3900
・電話番号: 0869-34-5500(ホテルリマーニ)
・URL: https://www.limani.jp/
・営業時間: チェックイン15:00、チェックアウト11:00
・交通アクセス: (車) 岡山ブルーライン邑久ICから約15分/(公共)JR邑久駅からタクシー約20分
・駐車場: 普通車60台


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2020年9月 2日
« 前の記事「牛窓往来を散策「本連寺」 ~瀬戸内市牛窓~」へ
»次の記事「お得な運賃で乗車可能「そうじゃ周遊タクシー」は半額割引を実施中!」 へ
岡山特派員 新着記事
溜川を臨む「割烹バル 京ひろ」 ~倉敷市玉島~
ノスタルジックな溜川の風景 ~倉敷市玉島~
ドラム缶でできた浮橋 ~倉敷市玉島~
国民宿舎良寛荘で「しのうどん」を ~倉敷市玉島~
若き良寛和尚が修行した「円通寺」 ~倉敷市玉島~
羽黒神社の御朱印を! ~倉敷市玉島~
レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~
日本最古の海水浴場「沙美海岸」 ~倉敷市玉島~ 
1年前の同じ月に投稿された記事
何から何までかわいい~「はなまるこ」 ~玉野市宇野~
御神体に触れてパワーをもらっちゃお~!「玉比咩神社」 ~玉野市玉~
絶景もご馳走なレストラン「帆風」 ~児島唐琴~
海と奇岩の絶景を楽しむ「王子が岳」 ~玉野市~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集