海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 化石発掘体験ができる!「なぎビカリアミュージアム」...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年10月17日

化石発掘体験ができる!「なぎビカリアミュージアム」 ~勝田郡奈義町~


化石発掘体験ができる!「なぎビカリアミュージアム」 ~勝田郡奈義町~

1.JPG
さて、今回紹介する奈義町は「なぎビカリアミュージアム」です。
ビカリアとは円錐状の殻に太いトゲを持つ巻き貝のことです。

館内の展示ホールで、今から約1600万年前の奈義町は海辺だったということを知りました。現在は県内でも高い那岐山を背後に控える山間部にあるだけに子供たちもびっくり!
その証拠に、このあたりはビカリアを中心に動物や植物の化石が多数見つかっていまます。この博物館は発掘された化石を保護、展示し、化石と親しむ施設としてオープンしたそうです。

館内は、1600万年前のマングローブの生い茂った奈義の海(?)化石の地層の保護展示など興味深い展示が満載でした。

P1110154.JPG
なかでも、いちばん夢中になったのが実際の岩石の中から化石を探す「化石の発掘体験」です。
ミュージアムでの紹介ビデオを必ず見て、200円の追加料金で体験することができます。
炎天下のなか、大人も子供も夢中になって探します。

3.JPG
小さなビカリアは見つけやすいのですが、大きな物となるとなかなかありません。
変わった化石を見つけるたびに子供たちは歓声を上げ自慢します。
「恐竜の化石とか、ね~かなぁ?」
「岡山には恐竜はおらんかったで(いなかったよ)」

1.jpg
黙々と掘っていたMちゃんの自慢は手のひらほどの大きさがあるヤマトビカリアでした。太いトゲもちゃんと残っていますね(写真は合成しています)。

4.JPG
発掘した化石は学芸員の先生のところへ持って行きます。
化石が印刷されたパネルの上に採れた化石を置いて、それぞれの化石の解説を聞きます。
この解説が興味深くておもしろいんですよ。

6.JPG

7.JPG
8.JPG ヤマトビカリア

9.JPG
こんな化石が採れました。
採った化石は持ち帰りができるという太っ腹。
解説を聞きながらメモをした子が「夏休みの自由研究にするんだ」とカバンの中にしまっていました。


■なぎビカリアミュージアム
・住所: 〒708-1312 勝田郡奈義町柿1875
・問い合わせ: 0868-36-3977(なぎビカリアミュージアム)
・開館時間: 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
・休館日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始
・入館料: 一般(高校生以上) 300円、中学生・小学生 150円、小学生未満 無料
     ※75歳以上、障がい者(本人様のみ)無料(証明できるもののご提示)
・発掘体験: 200円(入館料別途・紹介ビデオ観覧必須)※奈義町現代美術館との割引共通券有り
・駐車場: 50台
・アクセス: 中国自動車道美作ICから20分



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景
2020年10月17日
« 前の記事「 馬桑川の源流「屋敷の滝」 ~勝田郡奈義町~」へ
»次の記事「那岐山麓に抱かれた「奈義町現代美術館」 ~勝田郡奈義町~」 へ
岡山特派員 新着記事
那岐山麓に抱かれた「奈義町現代美術館」 ~勝田郡奈義町~
化石発掘体験ができる!「なぎビカリアミュージアム」 ~勝田郡奈義町~
馬桑川の源流「屋敷の滝」 ~勝田郡奈義町~
巨人伝説の残る「蛇淵の滝」 ~勝田郡奈義町~
県下一の大銀杏のある菩提寺へハイキング ~勝田郡奈義町~
那岐山のランドマーク「那岐山麓 山の駅」 ~勝田郡奈義町~
お得な運賃で乗車可能「そうじゃ周遊タクシー」は半額割引を実施中!
リゾート気分でホテル リマーニの「ザ・テラス」でランチを堪能! ~瀬戸内市牛窓~
1年前の同じ月に投稿された記事
岡山に来たら備前焼をお土産に ~備前市伊部~
小樽から青の洞窟へ! 小樽乗物紀行
小樽観光のアクセス抜群! 食事も美味しい! 「ホテルノルド小樽」
岡山桃太郎空港から北海道へ

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集