海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語「備前国一之宮 吉...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月11日

古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語「備前国一之宮 吉備津神社」 〜備前一宮~


古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語「備前国一之宮 吉備津神社」 〜備前一宮~

こんにちは~。岡山特派員のmamiです。
岡山県は10月半ばからいままで少なかった県北でコロナが流行り始めました。
Go To キャンペーンも全国で始まり、旅行へ行っても大丈夫な雰囲気でもありますがまだまだ油断は禁物ですね。

7.JPG
今月は私の住む地域の一宮になる吉備津彦神社界隈を紹介しましょう。

このあたりは2018年に
「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま 〜古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語〜
として、日本遺産に認定されました。
桃太郎伝説の地とされる場所は日本各地にあるので、はっきりと"「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま"と認定されたことに地元民もビックリでした。

その昔、岡山は吉備と呼ばれ、弥生時代や古墳時代の遺跡が多数残っており、古代吉備王国の繁栄をいまに伝えています。
これらの遺跡の特徴から吉備津彦命(考霊天皇の皇子)が温羅と呼ばれた鬼を退治する伝説の舞台となっており、この伝説が桃太郎伝説の原型と伝わっています。

吉備津彦神社は「吉備の中山」を背に鎮座する推古天皇の時代に創建されたと伝わる神社です。
ご祭神は吉備津彦命で、大和朝廷の命により吉備の国を平定し、吉備を納めた屋敷跡にこの社殿が建てられていると云われています。

3.JPG
訪れた日は11月になったばかりで七五三のちびっ子達が闊歩していました。
後ろに見えるのが拝殿になります。

7 (2).JPG
おみくじは、かわいらしい桃の形をしています。
桃は古代から魔除けの力があるとされ、古墳や遺跡からは神祭に使われたという桃の種が多く出土しています。
ちなみに桃の花言葉は「天下無敵」だとか!

3.JPG
鳥居のある参道から見て、随神門、その奥に拝殿、さらに奥には本殿があります。
背後に見える山が吉備の中山で、その山頂に神社の元宮さまの磐座があり、山自体が御神体と聞きます。
吉備の中山に登ると数々の遺跡を見ることができます。
夏至の日には朝日が正面の鳥居から登ることから「朝日の宮」とも呼ばれています(この写真は2019年のお正月の様子です)。

2.JPG
高さが11.5mもあるという燈籠です。
安政6年(1859年)に天下泰平を祈願して建立されたもので、6段造りの石段には1670余名の奉納者名が刻まれ、日本ではいちばん大きな燈籠と言われています。
下から見ただけではわかりませんが、ボランティアガイドさんの説明では燈籠の笠石だけでタタミ8畳もあるそうです。

3.JPG
亀島神社を背景に七五三の写真を撮っていらっしゃいました。
御祭神は市寸島比売命(いちきしまひめのみこと)といわれる水の女神様です。
この神社は、随神門前にある神池に浮かぶ亀島に鎮座しています。
島の配置などに古代の自然崇拝を源とする神社の起源をうかがい知ることができるといいます。

5.JPG
龍王山の登山道に平行して建ち並ぶ朱塗りの鳥居は稲荷神社への参道です。
ここも撮影ポイントとして人気があります。

8.JPG
鳥居をくぐります。

9.JPG
鳥居をくぐり抜けた横には温羅(うら)神社の祠がありました。
吉備に伝わる「温羅伝説」の鬼とされる温羅は、元々は古代吉備王国を治めていました。
桃太郎のモデルと伝わる吉備津彦命と鬼のモデルと伝わる温羅が同じ場所に祀られていとは知りませんでした。

8.JPG
ここから上はお稲荷さんへの石段です。

9.JPG
随神門の手前には茶店があります。
歩き疲れたら、ここでいっぷく。

10.JPG
こちらでいただくのは「「たかきび団子」です。
岡山名物「吉備団子」とはまったく違いますが、桃太郎の時代のキビ団子も、実はタカキビの粉を練ってゆでたものだとか。
日本で古くから食べられている雑穀のお団子ですが、ビタミンやミネラルが豊富で低カロリーなので、いまやスーパーフードとしてもてはやされている雑穀のひとつです。

「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま 〜古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語〜

古代吉備は、大和朝廷に匹敵する勢力を誇っていたと伝わっています。
しばしば大和と対抗し屈服したことが『日本書紀』や『古事記』からもうかがえ、吉備津彦命と温羅との戦いは、実は大和朝廷と吉備王国の対立を反映したものといわれています。


■備前国一之宮 吉備津神社
・住所: 〒701-1211 岡山県岡山市北区一宮1043
・電話番号: 086-284-0031(吉備津彦神社)
・アクセス: (車)山陽自動車道岡山ICから約10分または、岡山自動車道岡山総社ICから約15分/(電車)JR備前一宮駅から徒歩約3分
・駐 車 場      普通車100台







記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年11月11日
« 前の記事「那岐山麓に抱かれた「奈義町現代美術館」 ~勝田郡奈義町~」へ
»次の記事「吉備津彦神社から吉備の中山を歩く「その1」 〜備前一宮~」 へ
岡山特派員 新着記事
吉川元春の本陣「庚申山」 
日幡城、冠山城、庭瀬城「境目七城」を歩く
衝撃的な名前の「水攻め饅頭」清鏡庵  ~岡山市高松地区~
蛙ヶ鼻堤防跡から足守川の取水口へ ~岡山市高松地区~
秀吉の本陣へ ~岡山市高松地区~
清水宗治公自刃之跡に建つ「妙玄寺」とごうやぶ遺跡 ~岡山市高松地区~
高松城水攻めの舞台「備中高松城址」 ~岡山市北区高松~
鬼が傷を癒やしたと伝わる「鬼ヶ嶽」 ~井原市美星町~
1年前の同じ月に投稿された記事
四季折々の地元食材を使用した「備前カレー」 ~備前市香登~
人間国宝の器でお抹茶がいただけるFAN美術館 ~備前市穂浪~
備前焼の古里、伊部をお散歩その2 ~備前市伊部~
備前焼の古里、伊部をお散歩 その1 ~備前市伊部~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集