海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 桃源郷からうまれるレーステキスタイル「音の絵」 ~...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年4月15日

桃源郷からうまれるレーステキスタイル「音の絵」 ~赤磐市(旧山陽町)~


桃源郷からうまれるレーステキスタイル「音の絵」 ~赤磐市(旧山陽町)~

11.JPG
こんにちは。
今日は、赤磐市でテキスタイルデザイナーをされている「音の絵」さんを紹介しますね。
音の絵のデザイナー間野菜々江さんとの出会いは4年ほど前の展示会です。
人柄とレーステキスタイルの美しさに魅かれ、すっかりファンになり、季節ごとに出るテキスタイルを楽しみにしています。
ちなみに4月初めのに紹介した桃畑の見える丘 を教えてくださったのは菜々江さんです。

3.JPG
コロナ禍で市販の洋服を試着して買うことに抵抗を持ち、気がつけばここ一年、洋服を購入していませんでした。
そこで今回は、ワンピースのオーダーをするためにアトリエに伺いました。
もう、エントランスから"welcome mode"たっぷりでワクワクしてきます。♪

10.JPG
玄関です。入った途端にセンスのよさが感じられます。

1.JPG
ホールにはテキスタイルを使った作品が並んでいます。

3.JPG
ヘアゴムやブローチ、針山など。
いつもは、新たなテキスタイルができあがるたびに気にいった"ヘアバンド"や"ヘアゴム"を買い求めて楽しんでいます。

6.JPG
珍しいコレクションを見せていただきました。足袋を縫うためのミシンです。
玉島の方から譲っていただいたと伺いました。
倉敷市玉島は昔から綿花の栽培が盛んで、足袋などの織物製造から現在に繋がる繊維産業の礎を築きました。
ちなみに私の足袋も玉島の生産者さんから買っています。

5.JPG
数あるレーステキスタイルの中から選びますが、こちらの生地はすべて「音の絵」さんのオリジナルです。
西日本で唯一となったエンブロイダリーレース織機を使って織られています。
目当ての布地は売り切れで、次の生産も決まっていなかったので、あれこれ鏡の前で布を当ててみて手触りと顔映りで決めていきます。

思い描いたデザイン画を持ってきましたが、偶然にもデザイナーの奈々江さんが自分用に作ったというカシュクールワンピースがあり、「これ、これ、こんな感じ~」と試着させていただき、ウエストの切り替えは低めに、袖口はフレンチスリーブで、丈はあと5㎝ほど長く......と、細かい希望を出してオーダーしました。

16.JPG
こんな繊細なレースリボンもありますよ。
このレースは洋服や小物につけたりしますが、私は2年前の夏、長く使っていたラフィアの帽子のリメイクに使いました。

6.JPG
コーヒーブラウンのスプレーの染料を数回塗り重ねて色褪せを隠し、レースを縫いつけて完成です。さすがに新品には見えませんがヘビロテしています。

P2043477.JPG
アトリエの中にはテキスタイルで作ったバッグやポーチなども並びます。

P2043478.JPG
マスクもいろいろとあります。
私もオーダーしたカシュクールワンピースと同じ生地で作っていただくことにしました。
夏場は鬱陶しいマスク姿もワンピースとお揃いなら、ちょっとオシャレじゃないですか?

15.JPG
ブックカバー、ペンシルケースなど文具類もありました。

10.jpg
そして......
1ヵ月半ほどしたらできあがりの連絡が入り、試着のため再び伺います。
身幅と袖口が大きかったのと、スリーブが長めだったのでお直しをお願いします。
脇の縫い目を利用したシームポケットを両方につけてくださっているのはうれしかった~。
d(*´▽`*)b ベリーグッチョ♪

それから1週間でお直しも終わり、身にピッタリとしたワンピースができあがりました。
下に重ね着ができるので、夏だけでなく今頃から着られそうです。

13.jpg
選んだテキスタイルは、「雨の花」というレースのアイボリーです。
雨の滴が水面に落ちて、波紋のように広がるさまをデザインしています。
生地も柔らかい加工を施した綾織の涼しげなものです。

167165007_2753697448181274_4011424408781276934_n.jpg
                    画像 「音の絵」さん提供
最近は〈ぼあーんぼあーん〉というテキスタイルが新たにお目見えしました。
イラストレターの大神慶子さんが赤磐市の桃畑からインスピレーションを受けて描かれたものをデザインされています。
左から2番目のパールピンクがすてきですね。

また、今週から始まる岡山天満屋での円山マルシェに「音の絵」さんも出店されます。
出店日は2021年4月21日~26日です。その間は、赤磐のアトリエはお休みとなるそうです。
マルシェについてはこちらからどうぞ。
                    円山マルシェHP

■音の絵
・住所: 〒709-0802 岡山県赤磐市桜が丘西1丁目9-7
・電話番号: 086-958-5278
・URL: 音の絵


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2021年4月15日
« 前の記事「鎌に願いを!「足王神社」 ~赤磐市(旧山陽町)~」へ
»次の記事「備前国分寺跡周りの史跡 ~赤磐市(旧山陽町)~」 へ
岡山特派員 新着記事
レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~
日本最古の海水浴場「沙美海岸」 ~倉敷市玉島~ 
神秘的な雰囲気が漂う「古屋不動滝」 ~真庭市(旧湯原町)~
湯原ダム ~真庭市(旧湯原町)~
湯原ダムの放流で砂湯が水没! ~真庭市(旧湯原町)~
湯原温泉街をぶらぶらⅡ ~真庭市(旧湯原町)~
湯原温泉街をぶらぶらⅠ ~真庭市(旧湯原町)~
「湯原湯っ足り広場」で足湯を ~真庭市(旧湯原町)~
1年前の同じ月に投稿された記事
優美な女滝と豪快な男滝の「不動滝」~新庄村~(追記あり)
針も糸もハサミもいらない超簡単マスクと岡山後楽園の桜~後楽園界隈~
110年の歴史を伝える「がいせん桜」~新庄村~
奥迫川の桜(大山桜)~岡山市灘崎町~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集