海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 「はんざきの森」に棲むオオサンショウウオ ~真庭市...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月16日

「はんざきの森」に棲むオオサンショウウオ ~真庭市(旧湯原町)~


「はんざきの森」に棲むオオサンショウウオ ~真庭市(旧湯原町)~

P8156107.JPG
今月は湯原温泉を紹介していますが、温泉の入口に「はんざき橋」という橋があり、ここを渡ると「はんざきの森」という場所があります。
この森には「はんざきセンター」を中心に「はんざき大明神」「はんざきミュージアム」があります。

P8156049.JPG
はんざきというのは、大山椒魚(オオサンショウウオ)のことで、身体を半分に裂いても生きているほど生命力が強いことからそう呼ばれていてます。
湯原の渓流に生息する大山椒魚は全国的にも珍しく、町では長寿のシンボルとしてマスコットキャラクターとしても親しまれています。
温泉街のあちらこちらに"はんざき"が顔を出しているので探してみてくださいね。

また、はんざきは中国、近畿地方の清流に生息する巨大な両生類で世界最大の両生類として知られています。「生きた化石」とも呼ばれ学術上の価値も高く国の天然記念物に指定されています。

P8156079.JPG
ここがハンザキセンターという大山椒魚の飼育施設です。
中では水槽の中で歩くはんざきや骨格標本などが展示されています。
無料の施設でスタッフの方がいらっしゃらず写真撮影の確認が取れなかったので、こちらの真庭市の観光WEBで中の様子をご覧ください。 → 

井伏鱒二の「山椒魚」という短編小説では、棲家の岩屋でじっとしているうちに成長しすぎて、岩屋から出られなくなってしまった山椒魚の悲嘆を描いていましたが、実際に見た山椒魚(はんざき)は、こちらが近寄ると顔をあげてゆっくりと私の前にやって、小さな目でじっと見つめてくれる好奇心旺盛な生き物でした。
(中には動かないものもいましたが!)
野生の大山椒魚は、ゆったりとした動きのわりに獲物と認識すると、素早い動きで指を噛むそうなので要注意です。
コンパクトな施設ながら、このセンターを見て回るだけで、湯原に生息するはんざきやその歴史などを学ぶことができました。お盆ということもあり子供連れのファミリーが次々と訪れていました。

P8156081.JPG
このセンターの隣には古くから地元の人々が祀るはんざき大明神という祠があります。

P8156080.JPG
漢字で書くとこんな文字です。
山椒魚を祀った神社というのはここだけではないでしょうか?

P8156089.JPG
この祠のことは、江戸時代に編纂された『作陽誌』という古文書の中に記録されているそうです。
ザックリと説明すると戦国時代の頃、三井彦四郎という若者が村人から恐れられていた大はんざきを退治しますが、彦四郎をはじめ一族が死に絶えてしまいます。はんざきの祟りと考えた村人たちは、その祟りを鎮めるために祀ったといいます(センターの中に詳しい物語が紹介されています)。
毎年8月8日に神主と僧侶を呼び祝詞と お経を唱えて祟りを治めているそうです。このお祀りはいまもはんざき祭りという形で残り、湯原温泉の夏の風物詩となっています。

P8156085.JPG
ご神木の楠も根本がふたつに分かれた立派なものでした。
湯原の地には昭和8年の夏、与謝野晶子・鉄幹夫妻も来られて、十数種の短歌を詠んでいます。そのうちの三首がはんざきにまつわる短歌でした。

山椒魚三尺なるを湯のあるじ 抱きて示しぬ地の謎のごと  寛
水槽の山椒魚おば抱き上ぐる 裸體の人を山風が吹く  晶子
山椒魚棲める渓とも思われず 若き男女の岩湯にあれば  晶子

P8156090.JPG
敷地内の植栽も何やらはんざきを思わせる形ですね。

P8156093.JPG
また、センターの隣の敷地にははんざきミュージアムがあります。
外の駐車場には8月8日のはんざき祭りのときに町なかを練り歩く山車です。烏帽子をかぶったカラフルな子は花子ちゃん。

P8156092.JPG
こちらは男の子です。
残念ながらコロナ禍で昨年に続き、今年もお祭りは中止となりました。
奇祭ともいわれるこのお祭り、いつか取材してみたいと思っています。

・住所: 〒717-0406 岡山県真庭市豊栄1515
・電話番号: 0867-62-2011(真庭市湯原振興局)
・公式サイト: 真庭観光局公式サイト
・営業時間: 9:00~17:00
・定休日: 年末年始
・料金: 無料
・駐車場: 普通車30台、バス10台
・交通アクセス:(車)米子自動車道湯原ICから約10分/(公共)JR中国勝山駅から湯原温泉・蒜山高原行きバス約35分、「湯原温泉」下車、徒歩約15分



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 見所・観光・定番スポット
2021年8月16日
« 前の記事「手軽に湯原温泉で「手湯足湯」 ~真庭市(旧湯原町)~」へ
»次の記事「「湯原湯っ足り広場」で足湯を ~真庭市(旧湯原町)~」 へ
岡山特派員 新着記事
羽黒神社の御朱印を! ~倉敷市玉島~
レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~
日本最古の海水浴場「沙美海岸」 ~倉敷市玉島~ 
神秘的な雰囲気が漂う「古屋不動滝」 ~真庭市(旧湯原町)~
湯原ダム ~真庭市(旧湯原町)~
湯原ダムの放流で砂湯が水没! ~真庭市(旧湯原町)~
湯原温泉街をぶらぶらⅡ ~真庭市(旧湯原町)~
湯原温泉街をぶらぶらⅠ ~真庭市(旧湯原町)~
1年前の同じ月に投稿された記事
牛窓往来を散策「本連寺」 ~瀬戸内市牛窓~
牛窓新八景「唐琴の瀬戸」「宿井の浜」 ~瀬戸内市牛窓~
牛窓新八景「天神山」と「前島」 ~瀬戸内市牛窓~
牛窓新八景「蓬崎」「阿弥陀ヶ峰」「砂の浮き橋」 ~瀬戸内市牛窓~
牛窓新八景「矢寄ヶ浜」と驚愕の水没バンガロー ~瀬戸内市牛窓~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集