海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 「湯原湯っ足り広場」で足湯を ~真庭市(旧湯原町)...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月22日

「湯原湯っ足り広場」で足湯を ~真庭市(旧湯原町)~


「湯原湯っ足り広場」で足湯を ~真庭市(旧湯原町)~

P8156098.JPG
はんざきセンターから少し北へ歩くと旭川の辺にこんな施設があります。
そう、ここも足湯ができるのです。42℃と書いてありましたが体感的には長く入っていられるちょうどいい湯加減でした。

P8156100.JPG
河川敷に広がる湯原湯っ足り広場の一角にあります。
延長が約26mで、一度に50人もの人が足を浸すことができるというので、湯原温泉の足湯の中でも一番広く、後から家族連れが何組か来られましたが"密"にはなりませんでした。

P8156106.JPG
この日は、お盆の豪雨の後だったので普段はせせらぎの清流を楽しめる旭川でしたが、激しい濁流の音を聴きながらものんびりとした憩いの湯を楽しみました。
RVパークも3台あるのには驚きました。
いくら車中泊ができても、足湯で全身欲は厳禁ですよ~。(笑)

P8156102.JPG
足湯の床の一部が小石を敷き詰めた場所があります。
この上を歩くと足つぼマッサージのような刺激をに受け、たまに「痛って!」と飛び上がりそうになります。痛気持ちいい体験でした。

ちなみに2021年8月5日に紹介した「手湯足湯」 の場所は、豪雨の影響があったのか、お湯が空になっていました。
また、ほかの河川敷に数ヵ所ある足湯も増水のため水没して体験することは不可能でした。
でも、この湯原湯っ足り広場は少し高い場所にあるので浸かりにくいと思います。


■湯原湯っ足り広場
・住所: 〒717-0406 岡山県真庭市豊栄1525-1
・電話番号: 0867-62-2011(真庭市湯原振興局)
・公式サイト: 真庭観光局公式サイト
・駐車場: 普通車33台
・交通アクセス: (車)米子自動車道湯原ICから約7分



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2021年8月22日
« 前の記事「「はんざきの森」に棲むオオサンショウウオ ~真庭市(旧湯原町)~」へ
»次の記事「湯原温泉街をぶらぶらⅠ ~真庭市(旧湯原町)~」 へ
岡山特派員 新着記事
レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~
日本最古の海水浴場「沙美海岸」 ~倉敷市玉島~ 
神秘的な雰囲気が漂う「古屋不動滝」 ~真庭市(旧湯原町)~
湯原ダム ~真庭市(旧湯原町)~
湯原ダムの放流で砂湯が水没! ~真庭市(旧湯原町)~
湯原温泉街をぶらぶらⅡ ~真庭市(旧湯原町)~
湯原温泉街をぶらぶらⅠ ~真庭市(旧湯原町)~
「湯原湯っ足り広場」で足湯を ~真庭市(旧湯原町)~
1年前の同じ月に投稿された記事
牛窓往来を散策「本連寺」 ~瀬戸内市牛窓~
牛窓新八景「唐琴の瀬戸」「宿井の浜」 ~瀬戸内市牛窓~
牛窓新八景「天神山」と「前島」 ~瀬戸内市牛窓~
牛窓新八景「蓬崎」「阿弥陀ヶ峰」「砂の浮き橋」 ~瀬戸内市牛窓~
牛窓新八景「矢寄ヶ浜」と驚愕の水没バンガロー ~瀬戸内市牛窓~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集