海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 湯原ダムの放流で砂湯が水没! ~真庭市(旧湯原町)...

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年9月 8日

湯原ダムの放流で砂湯が水没! ~真庭市(旧湯原町)~


湯原ダムの放流で砂湯が水没! ~真庭市(旧湯原町)~

P8156135.JPG
寄り添い橋にやってきました。
この橋の先には湯原温泉の宿、八景があります。

P8156136.JPG
寄り添い橋の中ほどから砂湯を見ようとしたら、ダムの放流が行われています!
毎年来ているけど、こんな光景は初めてです。
湯原生まれの夫もこんな大規模な放流は初めて見たということです。

P8156140.JPG
砂湯に入るときの心得の表示がありました。

P8156143.JPG
ここから川底から湧き出る天然温泉の大露天風呂「砂湯」です。

P8156144.JPG
しかし、すっかり水没していますね。
3つあるはずの露天風呂の場所が辛うじて、石積みの位置でわかる程度です。
一番右の黒っぽい石の頭が見えますか? あのあたりが長寿の湯になります。

P8156148.JPG
中央のダムに背を向けている石の辺りが子宝の湯です。

P8156147.JPG
そして、文字は確認できませんがこの辺りが美人の湯になります。

P8156149.JPG
ダムの上部です。
上流から入ってきた洪水はダム湖に貯めてダム下流の被害を軽減します。
P8156151.JPG
ダムの有効貯水量を超えて入ってきた水量だけを放流しているというもののすさまじい迫力です。

P8156161.JPG
 


P8156164.JPG
辛うじて、入口近くの足湯だけは水没を免れていました。

P8156165.JPG
ハンザキ足湯といいます。
お湯は以前、入ったときは熱くてすぐ出てしまいましたが、この日は比較的長く浸けていられました。放流のせいで温度が変わっているのでしょうか?

P8156167.JPG
これは全国の露天風呂の番付表です。
砂湯は「西の横綱」に評されています。湯量が多く、良質なアルカリ性の高い泉質というだけでなく、この旭川の景観とともに横綱と称しているのでしょうか。

P8156169.JPG
堤に上がると東屋がありました。
これはもともと、砂湯に設置されている東屋と更衣室です。
ダムの放流にともない上にクレーンで避難されたものです。こんな光景も普段は見ることができませんよ。
P8156170.JPG
ダムの麓までやってきました。

P8156178.JPG
普段は人気のマス釣り場も濁流の中です。

P8156177.JPG
いちばん近くに寄ると大迫力の水しぶきが私の方にまで飛んできます。
写真だけではその迫力が伝わらないのが残念です。

今回、湯原温泉に来た目的のひとつはこの砂湯でしたが、思わぬ豪雨で普段の風情ある露天風呂の風景をお見せすることができませんでした。でも、この日から10日後に露天風呂は復旧し入浴が楽しめるようになりましたが3日後、緊急事態宣言が発令されたので8月30日(月)から9月12日(日)までの期間入浴が禁止となりました。

露天風呂砂湯を入浴禁止とさせていただきます......。

本来の砂湯の様子はこちらで → 

・住所: 〒717-0402 岡山県真庭市湯原温泉9-3
・電話番号: 0867-62-2526(湯原温泉観光協会)
・URL: 真庭観光WEB
・営業時間: 24時間
・定休日: なし
・料金: 無料
・駐車場: 普通車50台(市営駐車場を利用)
・交通アクセス:(車)米子自動車道湯原ICから約5分/(公共)JR中国勝山駅から湯原温泉・蒜山高原行きバス約35分、「湯原温泉」下車、徒歩約15分

・備考: ◆お湯に濡れても透けない!湯浴み着レンタルについて
【日帰り入浴の方】レンタル料金  2000円  (返却時 1000円返金)
・湯原観光情報センター TEL.0867-62-2526 (18:00まで)
・湯本温泉館      TEL.0867-62-2039 (22:00まで)
【ご宿泊の方】旅館で500円にて貸し出し







記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年9月 8日
« 前の記事「湯原温泉街をぶらぶらⅡ ~真庭市(旧湯原町)~」へ
»次の記事「湯原ダム ~真庭市(旧湯原町)~」 へ
岡山特派員 新着記事
レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~
日本最古の海水浴場「沙美海岸」 ~倉敷市玉島~ 
神秘的な雰囲気が漂う「古屋不動滝」 ~真庭市(旧湯原町)~
湯原ダム ~真庭市(旧湯原町)~
湯原ダムの放流で砂湯が水没! ~真庭市(旧湯原町)~
湯原温泉街をぶらぶらⅡ ~真庭市(旧湯原町)~
湯原温泉街をぶらぶらⅠ ~真庭市(旧湯原町)~
「湯原湯っ足り広場」で足湯を ~真庭市(旧湯原町)~
1年前の同じ月に投稿された記事
県下一の大銀杏のある菩提寺へハイキング ~勝田郡奈義町~
那岐山のランドマーク「那岐山麓 山の駅」 ~勝田郡奈義町~
お得な運賃で乗車可能「そうじゃ周遊タクシー」は半額割引を実施中!
リゾート気分でホテル リマーニの「ザ・テラス」でランチを堪能! ~瀬戸内市牛窓~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集