海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年10月14日

レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~


レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~

PB036355.JPG
沙美海岸から玉島の市街地にやってきました。
玉島はかつては瀬戸内海に点在する小さな島々でしたが江戸時代になると備中松山藩によって大規模な新田開発が行われ、江戸時代には北前船と高瀬舟の水運により、玉島は港町として栄えました。この道は玉島港へ続く道で金毘羅街道と呼ばれています。
玉島には、お稽古事で毎週来ていたのに街歩きは初めてです。改めて、水辺景観と古い建築物が一体となった景観に心惹かれました。

1F5A6110.JPG
玉島はこの羽黒神社を中心に放射状に道路が伸びています。神社へも三方向から登って行けます。
本殿はこの長い石段の上の丘の上に建ち、昔は島だったのでは?
と、調べてみたら「阿弥陀島」という島だったことがわかりました。
このレトロな街並みも岡山県の町並保存地区に指定されていることもわかりました。

PB036365.JPG
昔の港町を忍ばせる町並や昭和の高度成長期の雰囲気を残した町並が残っていて映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のロケ地にもなったという街です。左端の水門は新しいものですが、ロケをした2005年当時は、写真を撮った位置の橋に古い水門が残っていていい雰囲気を醸し出していました。
この辺りは船宿だった古い三階建て木造建築物が残っていましたがそれも撤去されています。

PB036348.JPG
町を歩いていると小降りながら、よく似た水門を見つけました。太平洋戦争の最中に造られた水門です。水門としての役割は終わっていましたが趣がありますね。

PB036369.JPG
川下へ歩くと「通町アーケード」にぶつかりました。玉島では、いちばん古いアーケード街だそうです。以前は左側にあった古い看板建築のお店が撤去されていました。
昭和レトロな雰囲気がこの町の魅力ですが少しずつ変わってきています。重要文化財的な建築物でもなかったので修繕することも難しいのでしょう。

商店街の中は、大半のお店のシャッターは降りています。この商店街もシャッター通りと呼んでいいくらいですがそんな中、営業中のお店がありました。

PB036352.JPG

「胃活」と書いてあります。胃薬の看板みたいですが、この看板の下のお店は今では荒物屋さんです。

寿司桶を高く積み上げて売っていたので見せていただきました。
修理がきくのか訊ねると、以前は四国の讃岐の職人さんに出していましたが、その方が亡くなり、今は修理は受け付けていないとのことでした。
「修理して使うのが当たり前だったんだけどなぁ。」と、残念そうに話す女将さん。
この荒物屋の店先もフォトジェニックでした。

7.JPG
看板建築と呼ばれる建物も多く残っていました。
看板建築とは、昭和初期、鉄筋コンクリート造で建てる資金の無い商店が、木造2階、又は3階の建物の正面だけタイルやモルタルで洋風の外観を装った店舗併用住宅です。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2021年10月14日
« 前の記事「日本最古の海水浴場「沙美海岸」 ~倉敷市玉島~ 」へ
»次の記事「羽黒神社の御朱印を! ~倉敷市玉島~」 へ
岡山特派員 新着記事
溜川を臨む「割烹バル 京ひろ」 ~倉敷市玉島~
ノスタルジックな溜川の風景 ~倉敷市玉島~
ドラム缶でできた浮橋 ~倉敷市玉島~
国民宿舎良寛荘で「しのうどん」を ~倉敷市玉島~
若き良寛和尚が修行した「円通寺」 ~倉敷市玉島~
羽黒神社の御朱印を! ~倉敷市玉島~
レトロな街並みの残る玉島市街地 ~倉敷市玉島~
日本最古の海水浴場「沙美海岸」 ~倉敷市玉島~ 
1年前の同じ月に投稿された記事
那岐山麓に抱かれた「奈義町現代美術館」 ~勝田郡奈義町~
化石発掘体験ができる!「なぎビカリアミュージアム」 ~勝田郡奈義町~
馬桑川の源流「屋敷の滝」 ~勝田郡奈義町~
巨人伝説の残る「蛇淵の滝」 ~勝田郡奈義町~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集