海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 岡山特派員ブログ > 国民宿舎良寛荘で「しのうどん」を ~倉敷市玉島~

日本国内/岡山特派員ブログ mami

日本国内・岡山特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月 6日

国民宿舎良寛荘で「しのうどん」を ~倉敷市玉島~


国民宿舎良寛荘で「しのうどん」を ~倉敷市玉島~

1.JPG
こんにちは~。岡山特派員のmamiです。先月に引き続き倉敷市玉島地区を紹介しますね。
前回、円通寺を紹介しましたが、敷地の隣には国民宿舎「良寛荘」があります。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、9月30日まで営業を縮小されていましたが、10月からは新規の宿泊予約をはじめレストラン・喫茶・日帰り入浴ができるようになりさっそく行ってきました。
ご覧のように見晴らしのいい高台にあり、水島灘が一望できます。

2.jpg
ここでは、円通寺の修行僧が祝い事のときに食したといわれる「しのうどん」が食べられます。
良寛さまも食べていたと伝わっていますよ!。
しのうどんは本来、丼に入ったものですが、ここでは寄せ鍋風にセッティングされて出てきました。しのうどんのほかにも胡麻豆腐や天ぷらの盛り合わせもついています。

3.jpg
特長的なのはきしめんのような平たい麺です。幅2cm、長さ1mの麺1本でお椀1杯分になることから「一筋一碗」とも呼ばれているそうです。
うどんはコシもあり歯ごたえはきしめん以上です。出汁はイリコと昆布で上品なお味です。ただ、鍋に火がついているので、煮詰まってしまわないよう注意して食べてくださいね。

しのうどんは昭和の初期まで花見や茶会で出されるほどの定番料理でしたが、昭和40年代頃から廃れてしまいまいます。その後、玉島の名物として地元「玉島おかみさん会」によってプロデュースされたといいます。

PA121900.JPG
ロビーには、茶の湯のお道具がセッティングされていました。
玉島は、今は小さな港町ですが先月も紹介した通り江戸時代は北前船の寄港地で、あちらこちらに歴史を感じさせる商家が残っています。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/okayama/2021/10/post_184.html
商家の多くは洗練された茶室を設けたところが多く、最盛期には町全体で400もの茶室があったと伝わっています。それゆえ今でも茶の湯文化が盛んな地域で、良寛荘には茶室も備えてあります。


・住所: 倉敷市玉島柏島478
・電話番号: 086-522-5291







記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2021年11月 6日
« 前の記事「若き良寛和尚が修行した「円通寺」 ~倉敷市玉島~」へ
»次の記事「ドラム缶でできた浮橋 ~倉敷市玉島~ 」 へ
岡山特派員 新着記事
くめなんとんどまつり ~久米南町~
初詣には止まった時を動かす「とっきりさま」 ~久米南町~
岡山県民割の「おかやま旅応援割」が隣県も対象となりました
お歳暮ギフトにいかが?「anemos yuuna(アネモスユウナ)」 ~北長瀬駅周辺~
北長瀬駅隣の複合商業施設「ブランチ岡山北長瀬」 ~北長瀬駅周辺~
西部総合公園 「見晴らしの丘」をお散歩 ~北長瀬駅周辺~
溜川を臨む「割烹バル 京ひろ」 ~倉敷市玉島~
ノスタルジックな溜川の風景 ~倉敷市玉島~
1年前の同じ月に投稿された記事
御陵から吉備津さまへ ~備中一宮~
吉備津彦神社から吉備の中山を歩く「その2」 〜備前一宮~
吉備津彦神社から吉備の中山を歩く「その1」 〜備前一宮~
古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語「備前国一之宮 吉備津神社」 〜備前一宮~

中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■岡山県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 岡山特派員

    岡山特派員
    mami
    岡山生まれの岡山育ち。岡山市内在住の「おかやまっ子」です。鉄道好きの夫に連れられ県内外各地を歩くうち、カメラを手にするようになり、文章を書くことが好きなことも高じて2013年からは個人ブログ「つれづれ日記」をはじめました。地元民目線での岡山の四季折々の自然や人々の生活、そして美味しい情報をレポしていきたいと思っています。 DISQUS ID @disqus_LJ2QGvckC1

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集