海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 国道58号線の起点って…

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 小山 真紀

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年5月31日

国道58号線の起点って…


メール プリント もっと見る

国道58号線の起点って…

ddd_route58.jpg GWに国頭村奥で開催されていた「奥こいのぼり祭り」に出掛けたので、ついでに前々から気になっていた国道58号線の起点を見てみようと思いました。
国道58号線といえば、沖縄の交通の大動脈と呼ばれる道路。私たちは「ゴッパチ」とか「ゴーパチ」とか呼びますけど。
那覇から58号線をずーっと北上してゆくと、国頭村奥の奥橋手前にありました!58号線起点の標識と、その隣には58号線について説明のある石碑も。

route58_2.JPG route58_3.JPG 石碑に書かれた説明を読むと、1972年5月15日の本土復帰の日に一般国道に指定されたらしいです。
起点はここ、奥だと思っていたら大間違い。なんと鹿児島県鹿児島市を起点として、海上を通って種子島を通過、屋久島は通らずにまた海上をずーっと進んで奄美大島を通ります。徳之島も沖永良部島も与論島も通らずに、また海上へ抜けて、国頭村奥へ。ここから西海岸を通って那覇市の明治橋まで続いてるんですね(石碑には地図付きで説明があるから分りやすいです)。
ちなみにこの58号線は、そもそも米軍統治時代に軍用道路「Highway No.1」として整備されたという歴史があり、沖縄では「1号線」とも呼ばれていたんです。
普段何気なく利用している道にも、知られざる歴史があるんだなぁ…。
県内で活躍するバンド、ボトルネックバンドの曲「1号線」は、この道を走る恋人同士を歌った名曲! 切ないブルースが、胸にしみるんです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2007年5月31日
« 前の記事「GWの一大イベント、那覇ハーリーに行ってきました!」へ
»次の記事「沖縄最古の映画館、首里劇場に潜入!」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      小山 真紀
      生まれも育ちも神奈川県川崎市。縁もゆかりもない沖縄へ移り住んで13年、そろそろ那覇を離れ、田舎に移り住もうかなーと思案中。現在は、やんばる(本島北部)出身の友人と、やんばるに小さなカフェ&ゲストルームを作ろう! という計画で盛り上がったり下がったりの、忙しくも楽しい日々を過ごしてます。島サバ・タトゥー(ビーチサンダルに絵柄を彫ったもの)の彫師としても活動中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集