海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 沖縄最古の映画館、首里劇場に潜入!

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 小山 真紀

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年6月11日

沖縄最古の映画館、首里劇場に潜入!


メール プリント もっと見る

沖縄最古の映画館、首里劇場に潜入!

ddd_syurigekijo.jpg 6〜7年の間、首里に暮らしたことのある私にとって、最も気になる場所であったのが「首里劇場」。ちょうど私の住んでいたアパートの裏手にあったので、愛犬の散歩コースとなっていた。
この劇場、ちょっとすごい。
住宅街にいきなりある瓦屋根の劇場で、見るからに古い! 台風が来たら崩れるのでは? と心配になるほどで。
私が首里で暮らし始めた頃にはすでにピンク映画の上映専門になっていて、なかなか劇場内に入る機会はなかったけれど、いつか入ってみたい! という好奇心ばかりが膨らんでいた。
で、先日、ついに長年の夢が叶ったんです! 首里劇場に入って、映画を見たんです。もちろんピンク映画ではなく。
県内で活動している映画サークルの方々が、ここで一日だけ映画の上映をするという情報を、映画上映のボランティアスタッフをしている友人からゲット。もちろん映画の内容なんか考えず、「行く〜っ!」と即答しました。

syurigekijo_1.JPG その映画のパンフレットで知ったのですが、首里劇場は沖縄最古の映画館だったんですね。なんと開館は昭和25年。私、ぜんぜん生まれてません。
元々は芝居小屋として建てられたようで、当時はかなり賑わっていたとか。
当日、わくわくして館内へ入ると、二階部分には桟敷席がありました。ここで沖縄芝居を見れたらいいはずなぁ〜。床はコンクリートを流したままで、椅子はギシギシしてるけど、みんなきょろきょろして館内を観察、デジカメで撮影する人もたくさんいました。
個人的には住宅街にピンク映画館があってもいいじゃないかと思ったりしますが(ダメかな?)、昭和の匂いがプンプンする歴史ある建物だけに、たまにはこうして一般映画(っていうの?)やお芝居をやって、大勢の人が楽しめるようにしてほしいなー。

★首里劇場(しゅりげきじょう)
那覇市首里大名町1-5
098-887-5173

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2007年6月11日
« 前の記事「国道58号線の起点って…」へ
»次の記事「大潮の日は、もずくが私を呼んでいる〜」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      小山 真紀
      生まれも育ちも神奈川県川崎市。縁もゆかりもない沖縄へ移り住んで13年、そろそろ那覇を離れ、田舎に移り住もうかなーと思案中。現在は、やんばる(本島北部)出身の友人と、やんばるに小さなカフェ&ゲストルームを作ろう! という計画で盛り上がったり下がったりの、忙しくも楽しい日々を過ごしてます。島サバ・タトゥー(ビーチサンダルに絵柄を彫ったもの)の彫師としても活動中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集