海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 伊江島に初上陸!

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 小山 真紀

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年7月25日

伊江島に初上陸!


メール プリント もっと見る

伊江島に初上陸!

iejima_1.jpg 本島北部の本部港より、フェリーぐすくに乗り込み、初めての伊江島プチ旅行に出掛けてきました。朝9:30出港のフェリーに乗り、夕方16:30伊江島発のフェリーに乗って帰る日帰り旅。片道わずか30分の船旅だけど、の〜んびり潮風を感じながらの旅って、いい! 瀬底島を左手に進み、海上にひらりと浮かぶ小さな水納島を眺めつつ、タッチューがそびえる伊江島を目指しました。

iejima_6.JPG iejima_4.jpg タッチューとは城山(グスクヤマ)の愛称。直訳すると「立っている」といった感じかな。本島北部方面からもはっきり見える、伊江島のランドマーク。登山口まで来てみると、比較的高低差のないなだらかな島のやや東寄りに、本当に唐突に切り立った岩山がそびえてるんです。こりゃー登るのはムリでしょ、とあきらめて売店で買ったパインジュースを飲んでいると、売店のお姉さんがしきりに登山を勧めるんです。
「もー360度、島をぜーんぶ見渡せるんだから」なんて言っちゃって。まぁ、せっかくここまで来たわけだし。登ってきました! 登山口からは急な階段をゆっくり登って15分くらい。山の頂上からはほんとにぐるり360度、伊江島のすべてが見渡せます! タッチュー登山、おすすめです!

iejima_5.jpg 自転車で島を周っていると、かわいい雑貨屋さんを発見! アーニーパイルの碑のすぐ隣にある「ninufa(にぬふぁ)」さんです。伊江島の貝殻や砂を使った手作りアクセサリーがかわいい! 他にも店主の上間さんがセレクトした沖縄の陶器、ガラス、雑貨がいろいろ。伊江島に行ったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

自転車で2、3時間見てまわるつもりが、なんと気がつけば約6時間も走り回っていました。
その日の夜、日焼けに泣いたのは言うまでもありません。

●伊江島へのアクセス
 本部港からフェリーぐすくで所要30分、片道580円、1日4往復(夏期は5往復)。
(問)伊江村観光協会 0980-49-3519

●ninufa
 伊江村川平638(アーニーパイル碑すぐ隣) 0980-49-2305
 http://www.ninufa.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2007年7月25日
« 前の記事「大好きな場所、桜坂界隈」へ
»次の記事「ゴーヤーの季節がやってきた!」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      小山 真紀
      生まれも育ちも神奈川県川崎市。縁もゆかりもない沖縄へ移り住んで13年、そろそろ那覇を離れ、田舎に移り住もうかなーと思案中。現在は、やんばる(本島北部)出身の友人と、やんばるに小さなカフェ&ゲストルームを作ろう! という計画で盛り上がったり下がったりの、忙しくも楽しい日々を過ごしてます。島サバ・タトゥー(ビーチサンダルに絵柄を彫ったもの)の彫師としても活動中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集