海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > ムーチービーサ

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 小山 真紀

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年1月17日

ムーチービーサ


メール プリント もっと見る

ムーチービーサ

%83%80%81%5B%83%60%81%5B_1.jpg
ちょっと前まで暑くてTシャツでもいい感じだったのに、なんだかここ数日、すごく寒い。あー寒い寒い、と思いつつ、カーラジオを何気なく聞いていると、そうでした。ムーチービーサですよ。沖縄では旧暦12月8日は鬼餅(ムーチー)の日。ムーチーとは、餅粉をこねて白糖や黒糖でほんのり甘く味付けしたものを月桃の葉でくるみ、蒸したもの。カーサ(葉っぱの意味)ムーチーとも呼びます。

%83%80%81%5B%83%60%81%5B_2.jpg
沖縄に伝わる民話にちなんだ行事で、この日は厄よけと健康を祈願して、月桃の香りに包まれたこの素朴な味を楽しみます。小さなこどものいる家ではこどもの年の数だけ軒先に吊るしたりすることも。この季節になると、どこからともなく「ムーチー食べる?」と差し入れがあったりして「そうか、もうムーチーの日かー」と気づくのです。
が、今年はどこからももらえなかったので、仕方なく市場へ出向いてムーチーを購入。観光客向けでもあるのか、ちょっと小さめのムーチーが5個で450円でした。家族二人の我が家にはちょうどいい感じ。月桃の葉をぴりぴりとむしりつつ、できるだけ手をむちゃむちゃにさせないように、歯でこそげおとすように食べます。このムーチーを食べる時ほど、「むちゃむちゃーする」という沖縄独特の表現の仕方に感心することはありません。ベトベトする、とかじゃ、なんかしっくりこないんですね。やっぱり「うへ〜手がむちゃむちゃするぅ〜」とか言いながらほおばるのがいいんです。
そして、このムーチーの日を迎えると、沖縄はほんとに寒くなります。それを「ムーチービーサ(鬼餅寒)」といいます。今年はあったかいよね、なんて昨日まで言っていたと思ったら、ムーチーの日を待っていたかのようにしっかり寒くなる。昔の人は本当にすごいです。そしてそんな昔ながらの教えを伝え、旧暦が生活の中に馴染んでいる沖縄も、すてきだなーと思うのです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2008年1月17日
« 前の記事「浮島通りに琉球ぴらす新ショップオープン」へ
»次の記事「県立博物館・美術館で、人類の進化の旅を体験!」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      小山 真紀
      生まれも育ちも神奈川県川崎市。縁もゆかりもない沖縄へ移り住んで13年、そろそろ那覇を離れ、田舎に移り住もうかなーと思案中。現在は、やんばる(本島北部)出身の友人と、やんばるに小さなカフェ&ゲストルームを作ろう! という計画で盛り上がったり下がったりの、忙しくも楽しい日々を過ごしてます。島サバ・タトゥー(ビーチサンダルに絵柄を彫ったもの)の彫師としても活動中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集