海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 今日はお彼岸

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 小山 真紀

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年3月17日

今日はお彼岸


メール プリント もっと見る

今日はお彼岸

%94%DE%8A%DD_1.jpg %94%DE%8A%DD_2.jpg
うちなーぐちでウートートー(写真左)
お米とお酒(泡盛)をセットしたお重(写真右)

今日の昼過ぎ、大家さんが何やら建物の庭先でウートートー(お祈り)していたので、
こっそり覗いていました。敷地の角でウートートーしていたかと思えば今度は敷地の真ん中に移動してウートートー。どうしても気になって、大家さんの奥さんとお嫁さんに倣って私もウートートー。今日は旧暦2月10日、彼岸の入りだったのです。
これは屋敷のある敷地の四隅、そして真ん中、それから屋敷内の台所とトイレを回って、すべての場所で、これまでのお礼とこれからもどうぞお守りくださいとお祈りをする、年に二回の大切な行事だとか。彼岸の入りからいい日(今日はちょうど大安でした)を選び、各家庭で御願(ウガン=お祈り)をするのだそう。
ウートートーする大家さんの奥さんのなめらかなうちなーぐちはとても耳に心地よく、意味はわからなくても、神様にお祈りと感謝を捧げているのだなーということは分かります。

%94%DE%8A%DD_3.jpg %94%DE%8A%DD_4.jpg
沖縄ならではの板線香(写真左)
行事にはよく使われる「かるかん」(写真右)

御願するのに、特別に決まったセリフはないようですが、流れるようにお祈りの言葉が出てきます。一緒にウートートーしていたお嫁さんは40代前半くらいでしょうか。「私の代になったら標準語でしかできないさー」と笑ってました。お祈りの時には沖縄独特の板状の線香(ひらうこう)を焚きますが、ここは小さな商店が軒を連ねる平和通りのすぐ裏手のすーじ小(細い道)。危ないので火はつけないのだそう。紙の上に線香を置き、用意した重箱から米と泡盛をふりかけて終了です。
私も真面目にお祈りしたので、なんと神様にうさげた(ささげた)「かるかん」をおすそわけしてもらいました。
う〜ん、、、畏れ多くて、食べづらいんですけど、、、。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2008年3月17日
« 前の記事「大度海岸でイノー(干潟)探検!」へ
»次の記事「激走! なんぶトリムマラソン」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      小山 真紀
      生まれも育ちも神奈川県川崎市。縁もゆかりもない沖縄へ移り住んで13年、そろそろ那覇を離れ、田舎に移り住もうかなーと思案中。現在は、やんばる(本島北部)出身の友人と、やんばるに小さなカフェ&ゲストルームを作ろう! という計画で盛り上がったり下がったりの、忙しくも楽しい日々を過ごしてます。島サバ・タトゥー(ビーチサンダルに絵柄を彫ったもの)の彫師としても活動中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集