海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 激走! なんぶトリムマラソン

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 小山 真紀

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年3月24日

激走! なんぶトリムマラソン


メール プリント もっと見る

激走! なんぶトリムマラソン

08%82%C8%82%F1%82%D4%83g%83%8A%83%80_01.JPG 08%82%C8%82%F1%82%D4%83g%83%8A%83%80_02.JPG
10キロコーススタート!(写真左)
初めてのゼッケン交付。私のナンバーは11135(写真右)
 
昨日3月23日、糸満市西崎総合運動公園を発着点に「第20回なんぶトリムマラソン大会」が開催されました。この大会は早さを競うのではなく、それぞれの申告タイムといかに近いタイムでゴールするかという点で競うもの。コースは20キロ、10キロ、5キロに加え、車いすコース、ファミリーコースの5つ。ちびっ子たちも大勢集まっていました。
マラソンイベントの多い沖縄ですが、私はいつも参加する友人の応援団でした。でも、今回は思いきって参加してみたんです! 運動が大の苦手な私。学生時代のマラソン大会などはほとんどサボりまくっていました。が、ここでどういうわけだか一念発起!「10キロコースを走るのだー!」と宣言し、2月初めから地道に練習を重ねてきたのでした。
さてさて、生まれて初めてのマラソン体験。歴史的な(?)一日となりました!

08%82%C8%82%F1%82%D4%83g%83%8A%83%80_03.JPG 08%82%C8%82%F1%82%D4%83g%83%8A%83%80_04.JPG
競技場入口ではちびっこエイサーの応援が(写真左)
ついに競技場まで辿り着いた私。ヘロヘロです(写真右)

今回私が参加した10キロコースは制限時間が1時間30分。近所の公園のジョギングコース1.5キロをゆっくり走って10分のペースを基本に、とにかく歩かず、あきらめず、ゆっくりでも最後まで走り続けることを目標にがんばりました。
なにより、毎年那覇マラソンに参加している友人の存在が大きく、練習中からいろいろとアドバイスをもらいました。当日は5キロ過ぎの折り返し地点まで並走してもらったので、ゆっくりペースを乱さず、70代くらいのご夫婦に軽々と抜かされたりしつつもマイペースで無事ゴールすることができました。

08%82%C8%82%F1%82%D4%83g%83%8A%83%80_05.JPG 08%82%C8%82%F1%82%D4%83g%83%8A%83%80_06.JPG
競技場のトラックを一周してフィニッシュ(写真左)
ゴールしてすぐに発行される完走証(写真右)

私の申告タイムは1時間9分57秒。実際のタイムは1時間14分14秒でした。思ったほどの誤差もなく、初めての10キロマラソンとしては上出来かな、と思ってます。完走できた喜びはほんとうに大きく、疲れや筋肉痛などもほとんどありませんでした。もしかしたら明日か明後日くらいに出てくるのかしら、、、。
今朝の新聞を見ると、今大会への参加者は8971人、完走者は7992人だったそう。私もその中の一人なのねーと、ひそかに自分をほめてあげたい、そんな月曜日の朝なのでした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2008年3月24日
« 前の記事「今日はお彼岸」へ
»次の記事「イッペーの花が満開です!」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      小山 真紀
      生まれも育ちも神奈川県川崎市。縁もゆかりもない沖縄へ移り住んで13年、そろそろ那覇を離れ、田舎に移り住もうかなーと思案中。現在は、やんばる(本島北部)出身の友人と、やんばるに小さなカフェ&ゲストルームを作ろう! という計画で盛り上がったり下がったりの、忙しくも楽しい日々を過ごしてます。島サバ・タトゥー(ビーチサンダルに絵柄を彫ったもの)の彫師としても活動中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集