海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 今年初! 夏野菜といえばナーベーラー

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 小山 真紀

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年5月20日

今年初! 夏野菜といえばナーベーラー


メール プリント もっと見る

今年初! 夏野菜といえばナーベーラー

%83i%81%5B%83x%81%5B%83%89%81%5B_b1.jpg
写真:長さ30センチ近くもあるナーベーラー

いよいよ蒸し暑くなってきた沖縄ですが、近所の八百屋さんやスーパーをのぞくと、待ちに待った夏野菜が並び始めています。最近では夏野菜の代表格、ゴーヤーもハウスものが一年中店先に並ぶようになりましたが、やっぱり露地ものの夏野菜は存在感からして違います。色もよく、大きく育ち、もちろん味もいい!
台風の影響ですごく蒸し暑かった昨日の夕飯のメニューは、今年初めてのナーベーラーに決定しました!

%83i%81%5B%83x%81%5B%83%89%81%5B_b2.jpg %83i%81%5B%83x%81%5B%83%89%81%5Bb_3.jpg
写真左:大きめに切ったナーベーラーと島豆腐
写真右:ナーベーラーンブシ、完成

ナーベーラーとは、ヘチマのこと。驚くほど水分が多く、さらに繊維質も豊富で、調理するときにはほとんど水を使わず、ナーベーラー自身から出る水分を利用します。
今日のメニューはナーベーラーンブシ。ナーベーラーの炒め煮のような感じです。
まずはナーベーラーの皮を剥きます。ナーベーラーは火を通すと崩れやすくなるので、うっすら緑色が残るくらいに剥くのがポイント。短冊に切った豚の三枚肉を炒め、そこに大きめの乱切りにしたナーベーラーを加え、さっと炒めます。さらに大きめに切った豆腐も投入。鍋に蓋をし、しばらく蒸し煮にし、ナーベーラーがしんなりしてきたら味噌と砂糖を入れて、味を整えます。蓋をしたらあっという間にナーベーラーの水分が出て、ちょうどいいひたひた具合になるんです。これ、驚くほどご飯がすすみますよ。
ゴーヤーほど知名度もなく、本土にはあまり出回ってないかもしれませんが、夏のナーベーラー、おすすめです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2008年5月20日
« 前の記事「島ぞうりを彫ってます!」へ
»次の記事「道の駅は、食のエンターテインメント!」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    国道58号線の起点って…
    GWの一大イベント、那覇ハーリーに行ってきました!

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集