海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 沖縄の結婚式

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 MO

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年10月16日

沖縄の結婚式


メール プリント もっと見る

沖縄の結婚式

沖縄の結婚式は、本当に参加人数が多くて、少なくても200人規模で行われます。中には、400人から500人規模で行うカップルもいます。なぜそんなに多くなってしまうかというと、職場の人(その部署全員、前の部署で一緒だった人など)、隣近所や親の友人なども来るからです。
そうなってくると、もう式はそっちのけで、久しぶりの友人との再会にテーブルを移動しておしゃべりに花を咲かせてしまうっていうことも多々あります。席もぐちゃぐちゃになって、キャンドルサービスの時に、ふと気付くとテーブルに誰もいなかったりして、慌てて自分の席に戻るっていうこともあります。

結婚式の流れとしては、親族が「かぎやで風」という沖縄の伝統的な踊りを踊ることから始まります。(何だか、不思議で親戚の誰かは必ず、かぎやで風を踊ることができるんです)

スクリーンショット(2011-10-16 7.54.57).png

その後、友人や職場の人による余興を行うのですが、この余興に力を入れるのが沖縄の結婚式だと思います。

スクリーンショット(2011-10-16 7.55.21).png

1ヶ月以上前から、何をするかを話し合い、仕事を終えてからの練習、衣装合わせなど、本格的なんです。次第に余興のプロ集団みたいになって、余興だけのために声がかかって、式に参加するっていうこともあります。
最後はもちろん式の参加者全員で舞台にあがり「かちゃーしー」を踊るというのが沖縄の結婚式の一般的な流れです。
その後も、居酒屋やバーを貸し切って、親しい友人と2次会、3次会、4次会まであったりして、結婚式のある夜は本当に長いんです。
ちなみに、沖縄の結婚式のお祝儀はどんなに親しい友人でも1万円でいいんです。式の途中に新郎・新婦へ贈り物をするという時間が必ずあるので、その時にお祝儀の他に親しい友人同士でお金を合わせて贈り物をするんです。中には大きな壷に入った泡盛の古酒(クース)を贈っている人がいました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年10月16日
« 前の記事「みそクッキー」へ
»次の記事「那覇空港(お土産編)」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    GOLF GOLF GOLF
    豚ホルモン我那覇焼肉店
    すーまぬめぇ

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      MO
      沖縄県出身。沖縄が島国であるという理由から、外の世界が見たいという気持ちが強く、これまで海外・国内さまざまな場所に出かけてきました。仕事でも、県外に3年間在住。最近では、沖縄の良さや知られざる場所に目を向けるようになりました。テレビなどでは、沖縄は観光地として様々な情報が取り上げられていますが、私はブログを通して、離島や海、生活に根ざした情報を皆さんに提供し、地元の目線で沖縄を知ってもらえたらと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集