海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 英語の勉強に最適

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 MO

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月 7日

英語の勉強に最適


メール プリント もっと見る

英語の勉強に最適

沖縄には、気軽に英語の勉強が出来る環境が整っています。
FMラジオでは、四六時中、米軍放送が流れているので、いつでも、生の英会話を聞くことができます。
軍放送なので、「PTSDサポートセンターのCMや軍入隊のCM、台風時には、飲酒はしないように(有事の時に備えて、いつでも出動できるようにだそうです)」などといった民間放送とは少し異なった放送もありますが。
ニュースやエンターテイメントに関しては、アメリカ本土のものとそう変わらない情報を得ることができます。
時折、懐かしい音楽も流れていたりして、気軽にリスニングの勉強をするには、最高なんです。

また、Cafeなんかに行くと、英語版の「Time」や「NATIONAL GEOGRAPHIC」などの雑誌や無料の英字新聞が置かれていたりします。リーディングにいいですね。
英字新聞をアップしてみました。

スクリーンショット(2011-11-07 8.23.38).png

この新聞には、沖縄で最近話題になっていることや、フリーマーケット情報、広告などが掲載されています。

スクリーンショット(2011-11-07 8.24.41).png

スクリーンショット(2011-11-07 8.25.59).png

日本語と英語が使用されています。
基地内への直通電話の掛け方も記載されていました。なんか、面白いです。

スクリーンショット(2011-11-07 8.25.31).png

テレビが地上デジタル化される前には、TVでも英語放送を見ることができましたが、残念ながら、今は見ることができません。(だらだらしながら、英語の勉強をする時にはよかったのに残念です)


他にも、基地内にある大学に通うという方法もありますし(入学には、試験があります。社会科学系です)、保健医療系なんかでも、たまに基地内の病院と連携して、勉強会なども開催されているようです。

英語の勉強をするには、最高の環境ではないかと思います。(英語を習得して、何をしたいかが一番大事だとは思いますが。。)


余談ですが、沖縄の80〜90歳代の方達は、戦後の沖縄を生き抜いてきただけあって、凄くインターナショナルです。
独学で英語を習得して、日常会話なんかを話す方も割といらっしゃいます。
戦後、米軍相手に商売をしたり、沖縄では生活できないからということで、ハワイやブラジルなんかに移民行ったという方も結構いらっしゃるからです。

その力強い生き様なんかは、とてもかっこいいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年11月 7日
« 前の記事「ジャンボステーキのお店」へ
»次の記事「沖縄中高年に人気の趣味」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。
    1年前の同じ月に投稿された記事
    前田食堂
    辺戸岬&茅打バンタ

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      MO
      沖縄県出身。沖縄が島国であるという理由から、外の世界が見たいという気持ちが強く、これまで海外・国内さまざまな場所に出かけてきました。仕事でも、県外に3年間在住。最近では、沖縄の良さや知られざる場所に目を向けるようになりました。テレビなどでは、沖縄は観光地として様々な情報が取り上げられていますが、私はブログを通して、離島や海、生活に根ざした情報を皆さんに提供し、地元の目線で沖縄を知ってもらえたらと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集