海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > この日だから沖縄から伝えたいこと・場所

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 MO

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月11日

この日だから沖縄から伝えたいこと・場所


メール プリント もっと見る

この日だから沖縄から伝えたいこと・場所

今日だからこそ沖縄の知って欲しい場所があります。

佐喜眞美術館 です。この美術館は、普天間基地と民家の間に建てられた私設美術館です。沖縄でもあまり知られてはいない美術館なのですが、1994年にできた比較的新しい美術館です。


スクリーンショット(2012-03-10 19.47.09).png

スクリーンショット(2012-03-10 19.47.22).png

スクリーンショット(2012-03-10 19.48.11).png


この美術館が設立されたきっかけは、館長の佐喜眞氏が、
"沖縄戦以降の沖縄の変化はあまりにも急激で、現在も日本・アメリカとの関係のなかで翻弄されている状況がある。その状況のなかで、心を落ち着けて静かに「もの想う場」をつくりたい"
ということで設立されました。

この美術館を建てるにあたり、普天間基地内にあった先祖の土地を返還してもらうために、相当の努力があったようです。アメリカ側から何度も断られてもあきらめなかったそうです。

美術館のテーマは、「生と死」「苦悩と救済」「人間と戦争」で、
建物は、沖縄にこだわり、庭の佐喜眞氏の先祖の270年前の亀甲墓と統一感をもたせ、また屋上の階段は6月23 日(慰霊の日)の太陽の日没線にあわせてつくられています。
※ 慰霊の日とは、沖縄戦終戦の日で沖縄戦で亡くなられた人の冥福を祈る日でもあり、学校や会社は休みとなり、12時には黙とうする時間があります。

スクリーンショット(2012-03-10 19.47.45).png

スクリーンショット(2012-03-10 19.47.34).png

慰霊の日の6月23日に合わせて、階段も6段と23段に分かれています。階段を登ると、普天間基地が一望できます。

スクリーンショット(2012-03-10 19.49.19).png

スクリーンショット(2012-03-11 20.00.31).png

庭の花も沖縄の花が咲き誇っており、丁寧に手入れがされ、美術館の裏は、このような感じになっています。


スクリーンショット(2012-03-11 22.25.16).png

スクリーンショット(2012-03-11 22.26.26).png

こんなにメッセージ性のある建物だなんて。。。現状に対して中立な立場で物事をとらえ、ベストな選択のために行動すること。私に何ができるのか?今回の震災や原発に対しても、何がベストな選択なのか?混沌とした世の中だからこそ、冷静に立ち止まって考えることがより大切なのかもしれません。


※この美術館は、1995年に国連出版の『世界の平和博物館』にも収録されています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2012年3月11日
« 前の記事「おすすめのショッピングスポット」へ
»次の記事「ブルーシールアイスクリーム」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 沖縄特派員

      沖縄特派員
      MO
      沖縄県出身。沖縄が島国であるという理由から、外の世界が見たいという気持ちが強く、これまで海外・国内さまざまな場所に出かけてきました。仕事でも、県外に3年間在住。最近では、沖縄の良さや知られざる場所に目を向けるようになりました。テレビなどでは、沖縄は観光地として様々な情報が取り上げられていますが、私はブログを通して、離島や海、生活に根ざした情報を皆さんに提供し、地元の目線で沖縄を知ってもらえたらと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集