海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 沖縄特派員ブログ > 沖縄の外食が変わってきています。

日本国内/沖縄特派員ブログ 旧特派員 MO

日本国内・沖縄特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月15日

沖縄の外食が変わってきています。


メール プリント もっと見る

沖縄の外食が変わってきています。

最近、よく思うのが沖縄の外食の様子が少しずつ変わってきているなぁということです。どんどん全国展開のお店ができてきており、沖縄県民には、馴染みの薄い、うどんやしゃぶしゃぶ、お好み焼きなどのお店が増えてきています。
外食をするのにもいろんな選択肢が広がってきている印象があります。

先日、今人気のしゃぶしゃぶのお店"温野菜  新都心店"に行ってきました。新鮮な野菜と美味しいお肉が食べれるということと、新都心という沖縄では今熱い場所ということもあり、このお店は、連日大賑わいです。予約なしでは、なかなか食べることができません。


スクリーンショット(2012-03-15 10.20.26).png

スクリーンショット(2012-03-15 10.21.09).png

スクリーンショット(2012-03-15 10.22.23).png


"温野菜 "の人気の理由がよく分かりました。新鮮でお肉も軟らかくって。


それで感じた事。。

沖縄の食は、アメリカナイズされていたりして、わりかし大味で油っこい傾向があるせいなのか、沖縄県民が県外に出た時に他県の外食のレベルが高いことに驚かされたということを度々耳にします。しかし、最近は、沖縄でも全国展開されているお店や繊細な味付けにこだわったお店も多数出てきており、沖縄の飲食店もなかなかレベルが高まってきているように感じる今日この頃なのです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2012年3月15日
« 前の記事「焼肉バイキング」へ
»次の記事「仕事帰りの楽しみ」 へ
おすすめ記事
    沖縄特派員 新着記事
    国際通りの新スポット「想いっきり 海ぶどう 国際通り店」
    雨の沖縄で、しかも子連れ旅行。雨の沖縄でも楽しめるスポットBEST3
    「沖縄県民のソウルフードといえば沖縄そば。でも蕎麦粉を一切使ってないって本当?
    うるま市にある「hinata cafe(ヒナタ カフェ)」で癒されませんか?
    沖縄の青い海・白い砂浜はどうやって出来ている?そこには意外な真実があったんです
    沖縄の離島でマラソン大会!
    オリオンビールからクラフトシリーズ第4弾
    こんなところに古本屋!? 国際通り近くの古本屋。

    沖縄旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■沖縄県の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集